明石市ゴミ屋敷

明石市ゴミ屋敷

こんにちは。相場屋の川上です。

本日は明石市ゴミ屋敷に行ってまいりました。皆様はゴミ屋敷の事を他人事だと思っていませんか??
認知症になり自分ではわからないうちに、親族が気付いた時にはもうすでに「ゴミ屋敷」になっていた、ということも十分に考えられます。
今は要らなくても、もしかしたらいつか使うかも、となかなか物が捨てられない方、ゴミ屋敷予備軍かもしれません。

本日のお客様も、そういった物が捨てれない60代のお客様でした。
足場もないくらいに物が積みあがっていて、ゴミ屋敷と言うよりは物屋敷でした。
新品の缶詰や、カップ麺、レトルト食品や新品の鞄など、ほとんど使ってすらいない物が山ほどありました。

僕たち相場屋は、まだ使えるけどお客様が不要になった物をリユース品として海外に輸出しています。
それによって普段処分代としてかかるコストを、ギリギリまで抑えることができ、お客様にも、できるだけリーズナブルに見積りを出させて頂いております。
今日の現場も、リユース品が多数あり僕たちにとっても、お客様にも良い現場だったと思います。

僕たち相場屋は、ゴミ屋敷だけでなく、遺品整理、残置物撤去、不用品回収、家具家電一点からのお引き取りも行っています。
どんな些細なことでも結構なので相場屋にご相談ください。

2021-03-02T16:04:30+00:00