カーペットやラグの捨て方・費用はどのぐらい?

/, 相場屋の不用品コラム/カーペットやラグの捨て方・費用はどのぐらい?

カーペットやラグの捨て方・費用はどのぐらい?

皆さんお家にカーペットは敷かれていますか??

普段敷かれている時は全く気にもしませんが、いざ、要らなくなると処分方法に困るのが、このカーペットや絨毯ですよね。

実際に、「処分方法に困る物」のランキングで、常に上位に入ってきています。

様々あるカーペットの処分方法の中でも、おすすめ3つを紹介します。

カーペット・ラグ処分方法

  •   自分でも簡単にできる!?カーペット処分方法
  •   最短、最速!!お願い業者さん
  •   安心、安定、粗大ごみ

 

 

1 自分でも簡単にできる!?カーペット処分方法

 

カーペットは見た目軽そうですが、いざ丸めて持ってみると女性の方一人では運べないくらい重いのです。

そんな時は、カッターナイフやハサミでカットしてゴミ袋に入れて処分します。

しかし、注意点が2つあります。

 

・ カーペットの素材によっては可燃で行ける物もあれば不燃ゴミの物もあります。

地域のゴミの分別方法に従って捨ててください。

 

・ カーペットが硬くて切りにくい時カッターなどで床に傷がついてしまいます。

カッターを使う際は下に段ボールなどを敷いてから切って下さい。

 

 

2 最短、最速!!お願い業者さん

 

・  この方法はタイトル通り業者に頼んで取りに来てもらう方法です。

この方法のメリット、デメリットを話していきます。

 

・  メリット

とにかく早くて楽なこと!!これが最大のメリットで早い業者なら即日取りに来てくれます。

次に、他の要らないものも一緒に処分してもらえます。

・ デメリット

これは、お金がかかること!!これにつきます。物を捨てるという事は、少なからずお金がかかってきます。

どうしてもただで捨てたい方は「1」の方法をおすすめします。

 

 

 

3 安心、安定粗大ゴミ

 

この方法は、地域の粗大ゴミに出す方法です。

コンビニやスーパーなどで専用シールを購入してそれを張り付け指定期日の指定時間に出す方法です。

この方法は、少し手間とお金が掛かりますが、安心かつ低コストで引き取ってもらうことが出来ます。

ただ、出す時間や日にちを間違えるとトラブルの原因になりますのでご注意下さい。

 

 

まとめ

参考になるものはありましたか?
それぞれ住まわれている地域によっては無料で引き取ってもらえる所もありますので、調べてから、ご自分にあった方法で処分して下さい。

2021-05-07T15:31:11+00:00