小野市 不用品回収

//小野市 不用品回収

小野市 不用品回収

~お客様の声~

今年の春に息子の結婚が決まり、我が家にお嫁さんがやって来ます。
かつては私がお嫁さんとしてこの家に嫁いできたのですが、今年の春からはお嫁さんではなく私はお姑に…

これを機に、嫁入り道具として持ってきたタンスや化粧台を手離す事にしました。

今は昔の様に良いタンスに洋服をしまって大事に何年も同じ服を着るなんて事もなくなってしまいました。
流行の移り変わりが早くお安く買い揃えられるので、ワンシーズンで買い換える服が多くなり、タンスよりクローゼットが重宝される時代。

主人でさえこれを機に「もうウォークインクローゼットがいいな」という始末。

重厚感があり高価なタンスは嫁入りの私を誇らしい気持ちにしてくれたし、全体に丁寧にバラが手彫りされたアンティークの化粧台は一目惚れで選んだ物で、嫁入り当時から気に入って使っていたのに…

今ではその重厚感が部屋の雰囲気を重くし、ライト等が一切なく歳を重ねるごとに自分の顔が見えにくく化粧がしづらくなってしまった化粧台…
数年前に洗面所をリフォームしてからは、ライトで顔が見えやすいため洗面台で化粧をしているので化粧台は場所を取るだけで今は寝室の飾りとなっています。

それでもデザインが気に入っている私としてはインテリアとして飾っておくだけでも良いのですが、ウォークインクローゼットを希望する主人には邪魔でしかない様で…

処分する決心がつかない物は、廃棄ではなくリサイクルしてくれる相場屋さんに引き取ってもらうのが我が家でのいつもの方法。(いつもお世話になってます、ありがとうございます)

けれど今回は廃棄する決心どころか、リサイクルのその決心もなかなかつかず…
それでも可愛いわが子の結婚を先延ばしにするわけにもいかないので…
お願いするまでに時間はかかりましたが相場屋さんに引きとりに来てもらう事でなんとか気持ちとの折り合いをつけました。
なので出口さん、せめて私の代わりに大事にして下さる方に引き続き使ってもらえる様によろしくお願いします。

2020-01-16T11:42:03+00:00