神戸市・尼崎市・姫路市の不用品回収・片付け・遺品整理・ごみ処分・粗大ごみや引越しなら、相場屋へ。価格も安く、お見積もりも無料です。

サブイメージ

不用品や粗大ゴミの片付けなら兵庫県全域を対応しております相場屋にお任せ下さい。ゴミ屋敷の処分も致します!

不用品の片付け、粗大ゴミの処分まで格安、明朗会計の相場屋にお問合せ下さいませ。兵庫県で地域NO1を目指しております!

兵庫県の片付け・粗大ゴミ処分・ゴミ屋敷・不用品・リサイクル・清掃・引越し業者

兵庫県の不用品・片付け・ゴミ処分について ●兵庫県ってどんなところ 兵庫県は、本州のまんなかに位置しますが、近畿地方で最大の面積の県なんです。意外と知られていませんよね。地形的には南北に長くて、日本海と瀬戸内海の2つの海に面しており、有名な山々もかかえています。ここでは、兵庫県がどんな県なのか、また、兵庫県の抱えている問題点などもご紹介していきましょう。 ◎兵庫県の特徴 兵庫県の人口は550万人で、会社や企業も他業種にわたり、農業や漁業の産業も盛んです。新幹線の駅が4つ、神戸空港があり、鉄道では私鉄も参入し、陸海空とアクセスがとても便利です。そんな兵庫県だからこそ、神戸の街並みや世界遺産の姫路城など、人気の観光地もあり、国内ばかりか、外国人観光客にも人気ですよね。ドラマや映画の舞台になることも多く、おいしい食べ物もたくさん紹介されてきました。他にも、近畿の中でもいちばん工場の立地数が多いことも特徴です。そのなかでも「阪神工業地帯」や「播磨臨海後方地帯」は重化学工業の会社の工場が集まっており、地場産業も各地で栄えてきた歴史があります。 ◎兵庫県の問題点 兵庫県には「29の市」と「12の町」があります。兵庫県の南東地域には神戸市を中心として、ベッドタウンが栄えてたくさんの人が住んできました。人口が一番多いのが神戸市で153万人、ついで姫路市で54万人、3番目は西宮市で48万人とのことです。ただ、そういったベッドタウンでさえ、住民が高齢化してきたことにより、さまざまな問題が表面化しています。また、同じ兵庫県内でも過疎地や豪雪地帯もあるんです。そういったことから「日本の縮図」と呼ばれることもあるそうですよ。過疎地域では少子高齢化が進み、交通手段も昔と違ってきている点から生活上の不便さが出てきています。たとえば、空き店舗、空き家が増えているのも兵庫県の過疎部における大きな問題です。 ●兵庫県のゴミ・不用品問題 兵庫県に住んでいる方の中には、ゴミや不用品をどうやって片付けたらいいか、お悩みの方も多いかと思います。兵庫県はゴミ問題で全国ワースト5位になったこともあるんです。一般の廃棄物の住民一人あたりの排出量がそれほど悪いなんて驚きですよね。そこでとられているのが「レジ袋の全県有料化」、「一般廃棄物の有料化」といった施策です。他府県から兵庫県に引越してきた方が言うには、レジ袋が1枚10円とられることに驚いてリサイクルの大切さを実感したということです。マイバッグが普及して、レジを待つみんなが持参していることも当たり前の風景なんです。レジ袋はたまってくるとゴミ袋の代わりになりますが、ためすぎて片付けることができず、ゴミにしてしまうこともあります。リサイクルできるものは「有料化」という手段で強制的にリサイクルしてもらうということは悪くないと思います。もったいない、という気持ちがいつの間にかいろいろなものをため込んで、逆に片付けできないゴミ部屋、粗大ゴミだらけのゴミ屋敷になっていくこともあるかもしれませんね。兵庫県でも他の都道府県同様、ゴミの分別、指定のゴミ袋などが徹底されてきています。指定のゴミ袋でないと、回収してくれません。兵庫県の学校に通う子供も小さいころからゴミを分別して処分することを教えられています。リサイクルのために分別は必要ですが、これからの兵庫県には不用品は家に持ち帰らない、分別のことを考えて商品を選ぶ、という精神が重要かもしれませんね。 兵庫県は、都市部と過疎部、工業地帯と農村地帯が共存していることで「日本の縮図」とよばれていることがわかりました。また、過疎部では高齢化がすすんでいるのでご自身で処理しきれない生活上の不便さも発生します。その中でも不用品の片付け、粗大ゴミの処理については、今後の兵庫県のためにも、正しい選択をしたいものですね。引越しで出た粗大ゴミ、掃除も含めて片付けをお願いしたい、遺品整理できず放置している、ゴミ屋敷に困っている、等と個人ではどうしようもない場合は、ぜひ専門の業者に依頼されることをおすすめします。 ●兵庫県のリサイクルについて 兵庫県では「テレビ、エアコン」「電気冷凍庫」「電気冷蔵庫」「電気洗濯機、衣類乾燥機」の4品目の家電製品はリサイクルが義務となっています。これは「家電リサイクル法」によるものです。もちろん、リサイクルによって役に立つ資源に活かすという目的があります。ただし、リサイクルだけが目的ではないようです。家電製品は廃棄処分の過程で「フロンガス・鉛」などのような有害なものを含んでいる部品も出てくるそうです。そこが、不法投棄などされては問題です。だから回収、処分の方法において重要視されているわけです。法に従ってきちんと回収され、正しく処理されていく、というのがリサイクルの正しい姿です。だから、リサイクルに規範があることが、将来の環境のためには必ず必要ということです。この4品目のリサイクルには処理する人が「リサイクル料金」と「収集運搬料金」を支払うそうです。個人個人自分で片付けて、リサイクル法に従い処分、処理できる方はいいのですが、それが不可能なこともありますよね。兵庫県にお住いの方で、不用品の片付けに関して、気になる家(俗にいうゴミ屋敷など)、ゴミ部屋がある、という人はおられませんか?親が住んでいるけど、高齢のためゴミの処分やリサイクルがわからずに困っているようだ、ということもよくある話です。遺品整理をしたいけど、片付けがおっくうで処理できていないということも。また、長く使っていない空き家などでゴミなどを処分したいけど、リサイクルの決まりが面倒で処理しきれていないこともあるようです。住んでいない自治体のリサイクルの決まりについてはわかりづらいですよね。また、引越しなどで出た不用品、要らないとはいえ、まだ使えるものを一気に捨ててしまうのは気が引けるから、ものによっては買取してリサイクルしてほしい、ということもあります。そんな場合は、ぜひ兵庫県のリサイクル事情をよく知る業者に頼んだ方が安心ですよね。リサイクルの専門業者「相場屋」なら経験豊かな作業員が対応させていただきます。ただ単にゴミとして処分するのではなく、リサイクルできるものは専門的な知識を持ったスタッフが責任を持って片付け、掃除、回収を扱うことになっております。 ●兵庫県に住んでいる方の掃除、大掃除に伴う片付け作業 兵庫県に住んでいる方は、掃除をどれくらいの頻度でしているのでしょうか?もちろん、家の中の場所場所でも違いがありますよね。もしかして年に一度の大掃除の時にしか片付けしない、という箇所もあるかもしれません。掃除に関しては、プロに聞いたところ、水回りは毎日、そのほかでも、最低でも週に一回は大掃除することがオススメ、という話です。でも、なかなか思うように掃除できないものですよね。例えばリビングの清掃をしようと思ったら、まず片づけをしなければなりません。落ちてるものを片付ける、引出しなどにしまう、など、掃除機をかける前の段階で時間が過ぎていきます。また、日常的に使わない、大掃除でしか掃除機をかけない部屋があったとします。使わないからといって、片付け・掃除もせずにいると、ホコリがどんどんたまりますよね。引越してきてから段ボールのままにしているもの、廃品回収の機会をのがして置きっぱなしになっているもの、などありませんか?大掃除の日も、清掃だけで片付け、ものの処分まで手が回らないことがあります。しかも、その掃除をしない部屋に、どんどん不用品や捨てきれないものを置いていってしまう悪循環が起こるかもしれません。また、大掃除は年末に、という方がほとんどかもしれませんが、それさえできないということもあります。大掃除の時期になってくると「不用品がたまってきたけどリサイクルできるの?」「廃品回収してもらいたいけどどこに頼んだらいい?」「不用品は全部処分してほしい」「不用品が大きすぎて撤去できない」という要望をお持ちの方が増えてきます。自分で処分する時間がない、掃除や片付けに手間はかけたくないというような場合は、専門業者に依頼してみてはいかがでしょうか?兵庫県の掃除専門業者「相場屋」なら、単純に掃除をするだけではなく、同時に不用品を回収します。また、リサイクルに対して意識の高い方は特に、まとめて処分されるのは環境に悪いのでは?という心配があるかもしれません。リサイクルの専門業者でもある「相場屋」、兵庫県で評判になっている理由のひとつとして「リサイクルできるものに関しては、しっかりとリサイクルする」という高評価があります。安心して回収をおまかせください。 ●兵庫県に住んでいる方の「引越し」に伴う片付け作業 皆さんは引越しの経験はありますか?計画が先に立っており、余裕がある引越しならいいですよね。でも、転勤や家庭の事情で、急な引越しをすることになる場合も多くあります。兵庫県にはたくさんの企業や工場があるので、たとえ県内でも転勤は多く発生します。「引越し」と片付け・大掃除・回収という作業は切っても切り離しできません。引越しが決まると、まず現在の家を片付けること、引越しの業者を探すことなど、たくさんの課題が出てきます。引越しの荷物を運ぶためには、その前に不用品を分別、片付けをする必要がありますよね。もちろん、引越しとなると普段はあまりしない箇所の掃除も必要になります。賃貸にお住まいの方で、実際に引越しをしたことがある方はわかるかもしれませんが、次のようなことがあります。引越しのために荷物を全部出した後にも、ゴミを掃除して綺麗な状態で引き渡しをしたほうが、敷金がかえってくる割合が高いということです。でも、引越しのあれこれはわかっていても、現実は「時間とのたたかい」になります。そういった引越しの現実は、たいていは家庭では主婦に負担がくることになりますよね。たとえ専業主婦であっても、掃除、片付け、不用品の処分、リサイクルについて、など、それらを短い期間でこなすのはとても大変です。引越しが決まると、くらしの手続き、子供の学校の手続き、挨拶まわりなど細かい用事に日々追われ、気持ちの余裕もなくなるからです。そして、引越しがカウントダウンされる中、毎日の家事もしなければならないと考えると、かなりのストレスがかかるからです。そこで、引越し業者だけでなく、片付けの専門業者に依頼することを提案します。片付け、清掃、回収の業者が、引越しにまつわる手間をかなり軽減してくれるのです。粗大ゴミ、リサイクル、回収、買取の相談も安心してできるんです。兵庫県では確かな実績の「相場屋」がぜひおすすめです。「相場屋」におまかせいただくと、引越しの時に発生する、片付け、ゴミの処理、不用品の回収、掃除などを専門家として引き受けさせていただきます。満足のいく引越しには、ぜひプロの片付け会社の力を借り、新生活のくらしに力を入れられてはいかがでしょうか?専門業者によって、引越しがストレスでなく、すっきりした新生活への転機となるはずです。 ●兵庫県に住んでいる方の不用品の処理について 「断捨離」という考え方が流行し、たくさんの不用品を片付けてすっきりさせた、という話を聞くようになりました。ものが減りすっきりすると、その後のものの流れや片付け、掃除、手入れもスムースになるそうです。「断捨離」は単に物を片付け、処分するということではないそうですよ。必要のないものを断ち、捨てて、「執着することから離れる」というヨガの考え方から来た思想だそうです。兵庫県ではベッドタウンができた時に土地を購入し、住み始めた世代の多くの方々がリタイヤした、という現象が起こっています。仕事を退職した、子供が独立して家を出た、というのは家にとって大きな節目となります。おうちに残った子供のもの、そのままでは粗大ゴミ化しますよね。いつか使うだろう、リサイクルできるのでは?と保管している不用品も気になってきます。老後の生活にシフトしていくなかで「断捨離」にひかれる気持ちは自然だと思います。ただ、そういう考え方には共感するけど、なかなか実行できない、ということもあるようです。不用品を捨てる前に、不用品が置いてある部屋を片付けないといけない、その掃除の段階で面倒になり断念した方も多いとのこと。いざ捨てようとしても、不用品かどうか、分別するのに迷って時間がかかることもあります。まだ使える、まだ着ることができるなどという思いが先に立って進まないということもありますよね。また、大型ゴミの場合、リサイクルしないといけないので、その方法が手間だ、わからない、というのも片付けがすすまない理由にあります。同じ兵庫県でも自治体ごとにリサイクルの決まりが違います。かといって、通りがかりの廃品回収の業者も頼むのも不安ですよね。こういう場合、兵庫県で信頼のおける片付けの専門会社に相談してはどうでしょうか?片付けの専門業者「相場屋」では兵庫県において「小さなもの」から「大きなもの」まで不用品の回収をしています。ゴミ屋敷の掃除、片付け、粗大ごみの撤去の実績もあるので、安心ください。また、嬉しいのは不用品の中でも可能であれば買取もしてくれる、という点です。長年リサイクル業に携わっていたという実績から、すべてゴミと判断せず、価値のあるものは回収後、商品として扱わせていただきます。回収料金から買取の金額を差し引いたものが、支払う料金となるのです。片付けの専門会社「相場屋」が通常の業者と違うのはそこなんですね。 ●兵庫県に住んでいる方の遺品整理について 身の回りに「遺品整理」で悩んでいる方はいませんか?兵庫県に親が住んでいたけど、亡くなったので実家の掃除、片付けをしなければならなくなった、また家ごと処分しないといけない、ということはありませんか?兵庫県では平成26年には5万4千人の方が亡くなっているそうです。これはその年の出生数を9700人上回っているとのこと。遺品整理の問題は、兵庫県でも出てきて当然、というデータです。亡くなった直前まで住んでいたとは限らず、長年の入院や施設での生活の最後に亡くなるというパターンも最近は増えてきています。しばらく行かない間に兵庫県の実家がゴミ屋敷同然になっていたという事例も。遺品整理といってもさまざまな状況があり、残された家族が直面すると、その量と煩雑さに呆然とすることになるのです。でも、掃除、片付け、回収を自分でするかどうかは早めに決断しましょう。故人が大事にしていたものを不用品として処分していいものか、決断できないことがあります。そうして、思ったより処分に長く時間がかかり、思うように通えないこともあります。そして長期間放っておくとゴミ屋敷になるかもしれないのです。実家が兵庫県でも遺品整理をする人が兵庫県以外にお住まいだと短期間ではすみません。そこで、最近では片付けの専門会社があるわけです。適正な料金の業者に頼んで、片付け、撤去を一気に終わらせてしまうという選択肢があります。片付けの専門会社に依頼すれば、掃除や片付け、回収など遺品整理に必要だった時間は大幅に減ります。粗大ゴミや兵庫県におけるリサイクルの手続きにしたがった処理にかかる手間も減ります。家族でない第三者である専門業者が片付け、処分することで、かえって遺族の方にとっては罪悪感なく、遺品整理が終わるのではないでしょうか?遺品整理は専門業者に依頼し、片付けから掃除までおまかせにして、亡くなった方をゆっくり偲ぶ時間をとることができると考えれば、金額にはかえられません。遺品整理がスムースに行われることにより、残された人にとってもよい時間になるかと思うのです。そこで、遺品整理をまかされたら、兵庫県では専門業者の「相場屋」をおすすめします。「相場屋」は遺品を片付けて回収するだけの業者ではありません。「相場屋」には「遺品整理士」が在籍しています。また、「遺品整理士協会」が認定した優良事業所でもあります。遺品整理士は廃棄物やリサイクルの法規制を学んでおり、遺品整理の正しい知識を持っています。遺品を処理する、というとらえ方でなく、故人の思いのこもったものを「供養」という観点から取り扱い方法を身に着けています。仏壇の供養やお炊き上げの相談にも応じております。遺品整理を担ったご遺族の立場に立って作業を進めます。兵庫県では、そんな遺品整理士のいる「相場屋」なら安心してまかせることができると評判です。 ●兵庫県に住んでいる方の「生前整理」「老前整理」について 最近話題になった本で「生前整理」「老前整理」について書かれたものがあります。「エンディングノート」が売れているのも同じ考え方によるものですよね。ある程度の年齢になられて、「老後の生活を、掃除や片付けに追われず気持ちよく過ごしていきたい」「自分の親が亡くなった時に遺品整理をまかされて、粗大ゴミの処分、掃除と片付けなどがたいへんだった!」「子供には自分の死後の片付けの負担をかけたくない、遺品整理は最小にさせたい」「自分が元気なうちに不用品と粗大ゴミを片付け、処分したい」という思いは少なからず出てきます。兵庫県で長年住んで、一軒家を立てて生活してきたけど、今後はなるべくコンパクトに片付けて暮らしたい、という話はよく聞きます。まだまだ元気でしっかりされており、ご自身で掃除、片付け、リサイクルまでできる!という方はいいですよね。でも、「気持ちはあるけど、体調に波があって自分では片付けできない」「不用品の整理・分別はできるけどその先の片付け処理ができない」「ゴミとして処分するのに迷ってしまう」などという方も少なくありません。そこで兵庫県では、専門業者に依頼される方も増えてきているんですよ!でも、専門業者というと、次のような心配があるかもしれません。最近、 兵庫県だけでなく全国で、リサイクル業者・片付け会社の「高額請求」や「不法投棄」が問題になっていること。よくわからない会社に頼むのは怖い、と高齢者の方が思うのも当然です。でも、片付けの専門会社、兵庫県の「相場屋」なら、安心して整理、片付けの手伝いをさせていただけます。遺品整理士も在籍しているので、正しい知識をもって、不用品の回収を安心してまかせることができます。量が少なくても、多くても回収し、ゴミを処分しますし、もちろん大きいもの、重いものも回収し、一度で片付けることができます。リサイクルも全ておまかせください。もちろん、自分でじっくり確認しながら整理をしていきたい場合もありますよね。「相場屋」なら、数回に分けての回収にも対応します。依頼される方の立場に立った片付け業者といえます。不安をお持ちの方も、まずは相談、お見積りをしていただいてから考えてもよいかと思います。 ●兵庫県のゴミ屋敷の問題について テレビのニュースやワイドショーなどでも取り上げられている「ゴミ屋敷」。ゴミが家の中だけでなく、外にもあふれかえっており、さらにどこからかゴミを収集してくる家人。ゴミだらけの家の中、外観に驚きます。兵庫県の人口密度は国内8位ということです。さまざまな人が住む人口密集地だからこそ「片付けのできない人」「ゴミをためる人」「不用品とゴミの区別ができない人」の住む家が身近な問題になってきます。問題は、ゴミにあふれ、片付けされていないという見た目の悪さだけでなく、衛生状態が悪い、悪臭がする、発火したり放火されたりする安全性の点でもあります。近所の方々の生活が脅かされることです。兵庫県でも、長年にわたり大量のゴミを積み上げ、さらに他人の敷地に7トンもあふれ「不動産侵奪容疑」で逮捕された女性がいてニュースになりました。もちろん、近所にゴミ屋敷があっても大変ですが、もし、自分の身内にそのような問題をかかえている人がいたらどうでしょうか。また、ゴミ屋敷とまでいかなくても、自分の住む家・部屋にゴミや不用品があふれかえっている状態に悩んでいる方もおられるかもしれません。そんなときは兵庫県でゴミ屋敷の処理の経験がある「相場屋」にご相談ください。体調や精神的な問題を抱えたことからのゴミ屋敷になることもありますが、ゴミ屋敷でなくなることで、身体や生活が改善することもあるのです。専門業者「相場屋」なら、おうちだけでなく、敷地まるごとでも対応できます。他社のお見積りの後でも、相談におこたえしますし、他で断られてしまった場合でもご相談にのります。片付けに関しては、経験・実績が豊富な作業員が安全に作業いたします。 ●まとめ 兵庫県に住んでいる方の片付け、整理、ゴミ、リサイクルに関する問題をお話してきました。気候もよく住みやすいと言われている兵庫県ですが、ゴミや不用品の悩みをかかえている人も多くおられます。どんな問題でも言えることですが、長い時間その悩みをかかえてストレスになるより、専門家に相談して解決する選択肢をもちたいものです。特に掃除と片付けが一気に終わり、不用品が回収されたおうちをふたたび手に入れることができるなら、お金には代えがたい価値になるのではないでしょうか?片付けの専門業者、兵庫県の「相場屋」ならばきっと満足のいく処理をさせていただきます。

Latest Infomation» MORE

相互リンク

当社、不用品回収・お片づけ・遺品整理にて、関連する企業リンクページとなります。 神戸、明石、姫路等

【ご依頼数NO1】ご自宅・お部屋のお片付け

神戸、明石、姫路、地域でよくご依頼いただくのは、お部屋の不用品回収や、お片付けです。 特に不用品が

不用品回収・遺品整理をご利用のお客様へ

株式会社相場屋 代表の杉井です。今年で32歳になります。6年前にこの不用品回収、遺品整理の事業を始め

スタッフブログ» MORE

西宮市での、一軒家のゴミ屋敷・ゴミ処分

こんにちは。兵庫県・西宮市エリア不用品担当の・リサイクル相場屋のスタッフです。 【兵庫県西宮市

神戸市での、遺品整理・不用品回収

こんにちは。兵庫県・神戸エリア不用品担当の・リサイクル相場屋のスタッフです。 【兵庫県神戸市垂

姫路市での、マンションの不用品・ゴミ回収

こんにちは。兵庫県・姫路エリア不用品担当の・リサイクル相場屋のスタッフです。 【兵庫県姫路市、

対応地域