着物の処分は可燃ごみ?正しい捨て方を徹底解説

//着物の処分は可燃ごみ?正しい捨て方を徹底解説

着物の処分は可燃ごみ?正しい捨て方を徹底解説

お年寄りのお家や亡くなられたお家などの片付けをしていて、タンスの中から必ず出てくるのは着物です。

着物は普通の服と違う素材で出来ているので、普段の生活ゴミに出すか出さないか悩む方が多くいると思います。

そんな方の悩みを解決するために本日は、着物の処分方法についてご紹介していこうと思います。

 

着物の処分方法

1 家庭ごみに出す。

何かを捨てる時に真っ先に思いつく処分方法は家庭ごみに出すことだと思います。

お家から出たゴミは自治体が無料で廃棄してくれるので、皆さんは毎週各自治体に定められた廃棄方法でゴミ置き場に出していると思います。

着物を家庭ごみで出すときは、各自治体の処分方法に従って処分してください。場所によって処分の仕方や、処分できない地域があります。他にも処分するのに色々なルールがある場合があり例えば、一気に多くの着物を処分する場合と近隣の迷惑にならないように数回に分けて処分したり、

 

メリット

家庭ごみに出す最大のメリットは手間と費用が掛からないことです。処分するには自治体のゴミに出して廃棄できるのでお金がかかりません。
また家庭ごみと一緒に出せるので、いつでも手の空いた時に処分できるところがいいですね。

 

デメリット

着物をゴミとして出している人って意外に見かけないですよね。着物は買うときに高いので、処分するときはもったいないという考えの方が多数いらっしゃいます。
ゴミとして出す方法のデメリットは高く買ったのに1円にもならず処分するとういう点です。後ほど紹介しますが、1円にもならないよりいくらかお金に代わる方がいいと思います。なので家庭ごみに出すのは次に説明する方法をみてから考えて下さい。

 

 

 

2 リサイクル業者・ネットオークションに出す

高く買った着物は捨てるのにもったいないとお考えの方は1度近くの買い取りのしてもらえるリサイクルショップに持って行くのも一つの手でしょう。最近は古着の買い取りなどが増えているため、大型チェーン店などでは古着以外にも着物の買い取りなども行っています。

ですが値段の付きやすい物は、ブランドの着物などです。(着物人間国宝)

https://cafe-kimono.com/

電話で出張買取を依頼すれば、家まで買い取りに来てくれる業者も多数あるので、時間に余裕のない人や、仕事などで多忙な人は出張買取をおすすめします。

また、Yahooオークションやメルカリといったネットオークションに出品し、誰かに再び使って頂くのもいいでしょう。

 

メリット

リサイクルショップに買い取りしてもらう大きいメリットはやはり不要になった物をお金に変えれるという点が大きいでしょう。リサイクルショップでは価値にならない物でも無料で引き取ってもらえる可能性があります。食器や家具などを処分の手間にかかるものがあれば、着物と一緒に持ち込みすれば少額でも収入になる可能性があります。

ネットオークションでは、着物の価値が分かる人に出会えれば価値が高騰し、高額で買い取ってもらえる可能性があります。

また最近では日本の文化や和服などに興味を持っている外国の方に購入してもらえる可能性もあり、着物と一緒に和服用のカバンや靴なども一緒にまとめて売ると注目され購入してもらえる可能性が高まります。

ネットオークションを使っている人のは、それほど手間も時間もかからないと思いますのでおすすめです。

 

デメリット

色々な物が売れるという点において便利なリサイクルショップですが、古い着物や有名な着物を売る人にとってはデメリットかもしれません。多くのリサイクルショップ店では着物の査定のプロがいないため、高額査定が出来ない可能性があります。
リサイクルショップでは着物を「古い衣料」として査定に出すとこが多いので、だれがどこで作ったというのはあまり関係ないのです。なので本当に価値があるかないか見分けてから持って行くことをおすすめします。

ネットオークションでのデメリットは何といっても手間がかかるところです。商品の写真を撮ったり、商品説明を書いたりといくつかの手間がかかります。またアプリやサイトを利用するために、登録なども必要となるため、すぐに売って処分したい人には時間がかかりすぎるでしょう。
ネットオークションではトラブルなども多数実現します。価値が分からない人や、ネットオークションが初めてな方を狙って詐欺などを企む人がいますので気を付けて使用してください。

3 処分業者に依頼する

何かをいち早く処分したい時に真っ先に出てくるのがわたくしたち相場屋のような処分業者でしょう。古い着物などを処分するなら遺品整理業者や不用品回収でしょう。これらの業者は着物以外にも家具や食器、家の中の物以外にも植木鉢やレンガなど様々な物を回収してくれます。
亡くなった方や生前一人暮らしなどしていた方のお家は片づけがうまくできないケースが多いので、そのようなお家を親族が片付けるのは困難です。そういった方の多くが処分業者への依頼しています。
費用はかかってしまいますが、日常生活で忙しい人や何日も片付けに時間をとれない人には処分業者に頼むのも一つの方法だと思います。

メリット

処分業者に依頼するメリットは「早い」と言う点でしょう。各自治体のゴミの処分方法が年々厳しくなっているため、処分したい人などは困っってしまう物もあります。そんな時でも処分業者に依頼すると的確に処分してくれるため、処分の方法に困る必要がないのです。
処分業者では買い取りなども行っている業者もあるので、着物の買い取りなどもしてくれます。処分したい着物を査定し、値段が付けば処分費用から差し引いてくれるので実質「0円で処分してくれた」っという実績もいくつかあります。
査定額が付く着物があればあるほど処分費用が安くなる可能性があるので、とにかく早く処分したい時には依頼してみてください。

デメリット

ゴミとして自治多に捨てれば無料ですが、処分業者に依頼すると費用が掛かることはしょうがない事ですが、人件費や処分費と業者によってはいろいろな費用が追加され高額になります。
古い着物だけを処分するのであれば、あまりオススメしません。もし処分したいのが他にも多くあるならば着物と一緒に処分するのも良い方法でしょう。
また処分業者でも悪質な業者がいて、思っていた金額よりもさらに高い金額額を請求されトラブルになりうる可能性もあります。
最近は良心的な業者も増えてきたので、いくつかの業者に見積をしてもらい納得いく業者を選びましょう。

まとめ

何かを処分すると、手間や時間がかかり古い着物となると普段着物に馴染みのない人はどうやって処分していいか分からないですよね。
着物の処分方法は不要品業者に依頼する、リサイクルショップに買い取りしてもらう、ネットオークションなどに出す、家庭ごみとして自治体に出すなど、どれもメリットとデメリットがありどれがいいかは人それぞれです。自分に合った処分方法選ぶようにして下さい。
着物買い取り業者に依頼すれば高価買取してくれ、処分してお金がもらえる一石二鳥です。
処分業者に依頼するときか相場屋に依頼してみてはどうでしょう?わたくしたち相場屋ではお客様の満足を得られるように見積もりから作業完了までしっかりとお客様のサポートいたします。
「何か処分したい」、「家を片付けてほしい」、「引っ越しに伴って処分したい」などをお考えの方は一度お電話をください。

2021-07-23T15:40:00+00:00