エンジンオイルの処分・廃棄方法と費用について

//エンジンオイルの処分・廃棄方法と費用について

エンジンオイルの処分・廃棄方法と費用について

エンジンオイルの処分・廃棄方法と費用について

自分でエンジンオイルを交換する人は見かけたことがあるドロドロの液体、、ガソリンは消費しますが、オイルは交換するものなので新しい物と交換すると古い物は残ります。この廃オイル、一体どのように処理したらいいのでしょうか?

現在行われてるエンジンオイルの処分方法とその注意点について説明していきます。

エンジンオイルの処分方法

 

オイルを購入した店での引き取り

 

レジの会計のイラスト(男性店員)

エンジンオイルを購入した店舗のレシート(領収書)をとっておけば、購入した店舗で廃オイルを引き取ってもらえる場合があります。ただし、店舗によっては引き取りが有料だったりする場合もあるので、購入時に問い合わせておくことをおすすめします。

 

ガソリンスタンドでの引き取り

 

フリーイラスト, フリーイラスト, CC0 イラスト, ベクター, EPS, 建築物(建物), ガソリンスタンド, 交通施設, 燃料

エンジンオイルは廃重油としてリサイクルできるので、ガソリンスタンドで引き取ってもらえます。基本的に4Lまでは無料となるケースがほとんどのようですが、一概には言えないので、引き取ってもらう前に確認した方がいいでしょう。廃油を入れた缶ごと引き取ってくれるところもあれば、中身だけ引き取ってくれるところなど対応は様々ですが、廃油処理に関して最も確実に引き取ってもらえる施設です。最寄りのガソリンスタンドに必ず問い合わせし、回収可能か確認してから持ち込みましょう。また、オイル交換など実施してないセルフガソリンスタンドなどは、廃油を回収するタンクを備えていないので、廃オイルを持ち込むことができませんので事前に確認しましょう。

不用品回収業者に頼む

1番楽な処分方法としましては、業者さんに依頼する事だと思います。
業者さんに依頼する事によってお客様へのご負担が一番少なく最短で処分できると思います。更に、廃油だけでなく他にも家具や小物などの不用品があれば同時に回収していただけることが可能ですので、廃油以外にも処分したい物がある方は一度業者さんに連絡してみることをオススメします。
しかし、ここで気を付けて欲しいのは、その業者さんが「産業廃棄物収集運搬業許可」をしているのかが大事になってきます。
仮に許可を取っていない業者さんに依頼してしまった際はトラブル例として、追加料金を取られるや不法投棄されると言ったトラブルが起こることがあります。
不法投棄された場合責任は業者さんではなく荷物の所有者様の責任になる為お客様の責任になります。その為業者さなに連絡する前には一度ホームページがあるか、作業実績があるかなど聞いてみるのもいいと思います。

廃油処理箱でエンジンオイルを固める方法

 

ホームセンターやカー用品店などで販売されている廃油処理箱は、箱の中にビニール袋とスポンジのような吸着剤が入っており、オイルを直接受け止め固める仕様になっています。一つ数百円で販売されていますが、自治体によっては産業廃棄物扱いとなって回収できないところもあるので、使用する前に自治体のゴミ収集センターで確認する事が必要です。一度廃油処理箱にオイルを吸わせてしまうと廃油ではなくなってしまいますので、ガソリンスタンドなどでの引き取りが不可能になってしまいます。廃油処理箱は手軽に利用でき便利ですが、一歩間違えると処理に困る物になる恐れがあるので、自治体に確認してから利用してください。

回収されたエンジンオイルはどうなるの?再利用?

エンジンオイルはガソリンスタンドや購入した店舗で引き取りを行ってくれています。
そこで気になるのは回収されたエンジンオイルは処分されているのか?再利用されているのかだと思います。
廃油で回収されたエンジンオイルは、そのままの状態では水分や金属粉などが混ざっているため再利用することは不可能です。
そのため、廃油は資源化再生処理を施したうえでリサイクルされ、廃油再生品として生まれ変わります。
回収されてからリサイクルされるまでの流れを解説します。
まず、ガソリンスタンドや購入した店舗など廃油排出事業所にて廃油が収集され、再生可能なものとそうでないものに分けられます。
次に、収集運搬業者によってタンクローリーやバキュームダンパー車、トラックなどで廃油再生処理工場まで運ばれます。しかしすべての廃油がリサイクルええ切るわけではありません。リサイクルできない廃油は油水分離をしたうえで焼却処理されます。
廃油再生処理工場では、油水分離装置・遠心分離機・フィルタプレス・ブレンダー設備といった装置によって複数の工程が施されます。廃油はそれぞれの工程で再生重油・潤滑油・補助燃料などの複数の廃油再生品として生まれ変わり、厳しく品質管理されたうえで、工場など多くの場所で再活用されていきます。
それ以外にも変色の見られない物であれば機会を綺麗に掃除をする際に廃油を用いる人もいます。

オイル缶・ペール缶の処分・廃棄方法

ペール缶

オイル缶

エンジンオイルや廃油を入れているオイル缶・ペール缶の処分方法と廃棄方法をご説明します。

オイル缶はいくつか種類があります。鉄製やステンレス製・プラスチック製の物まであります。
オイル缶の捨て方としましては、自治体での回収が可能です。しかしここで注意してほしいのはオイル缶の中は絶対に空の状態と言う事です。少しでも残っている場合は回収が出来なくなるので気を付けましょう。
空にした後は新聞紙などでオイル缶内部を綺麗にふき取ってからの自治体での回収となります。その為自治体で回収をお考えの方は忘れずに新聞紙などでふき取っておきましょう。
ふき取り終わった新聞紙ですが、こちらの処分方法は少量であれば燃やすのもいいと思います。その他処分方法は自治体でも回収でいるので一度連絡してみるといいでしょう。

続いてペール缶の捨て方についてご説明します。
ペール缶はステンレス製か鉄製が殆どで処分方法としてはオイル缶のあまり差はありせん。新聞紙などで綺麗にふき取ってあげた後、スクラップ回収の時に捨てるのが一番簡単な処分方法です。
その他にも綺麗な状態で保存されているペール缶であれば「ヤフオク」や「ジモティー」などフリマアプリで販売することもできます。

【まとめ】

エンジンオイルの交換は、プロでなくても、車のメンテナンスに慣れている方であれば、比較的簡単に交換できる反面、エンジンオイルの処理方法については、決まりが無いのが現状です。オイルを店舗で購入する場合は、店員さんに処理方法を一緒に確認することをおすすめします。またネットでオイルを購入する場合は、自治体での廃油処理についても調べてから購入しましょう。連絡もなしにガソリンスタンドに持ち込んだり、廃油処理箱を不法投棄するのは持ってのほかです
最後まで責任をもって処理しましょう。

また他にも廃油系で灯油の処分方法も紹介させて頂いてますのでご確認ください。

灯油の処分方法と使用期限

2021-07-23T14:43:44+00:00