ぬいぐるみの処分方法について!愛着のあるぬいぐるみを手放すには?

//ぬいぐるみの処分方法について!愛着のあるぬいぐるみを手放すには?

ぬいぐるみの処分方法について!愛着のあるぬいぐるみを手放すには?

多くのお宅、特に家族で暮らされているお宅において、ぬいぐるみが一つも家にないというご家庭は少ないのではないでしょうか?アニメなどで人気のあるキャラクターはもちろん、ぬいぐるみがメインとなっているキャラクターも現代では存在しているでしょう。そのぬいぐるみの入手経路は購入はもちろん、ゲームセンターの景品、あるいはお土産などこちらも多岐に渡ると思います。ですが、あまりに自宅にあるとぬいぐるみが少し邪魔に感じてしまうこともあるでしょう。

さて、そんな邪魔になってしまったぬいぐるみですが、どのように処分するのがいいのでしょうか?普通に捨てることができるのでしょうか?それとも、意外と何らかの手続きを行う必要があるのでしょうか?こちらではぬいぐるみの処分方法についてご紹介したいと思います。

ぬいぐるみは何ゴミ?

ぬいぐるみは何ゴミ?
まず、ぬいぐるみはどのように分別してゴミとして処分すればいいのかについてご紹介しましょう。当然といえば当然ですが、ぬいぐるみは燃えるゴミとして処分することができます。金属などが大部分を占める特殊なぬいぐるみであれば分別方法は異なるかもしれませんが、基本的にほとんどのぬいぐるみが燃えるゴミとして処分することができるでしょう。しかし、自治体によっては大きすぎるぬいぐるみ、指定袋に入らないほどのぬいぐるみであれば大型ゴミや粗大ゴミとして分類されるケースがあります。その場合であれば一度自治体に確認してみるようにしてください。

ぬいぐるみには捨てる以外の方法はないの?

ぬいぐるみには捨てる以外の方法はないの?
しかし、ぬいぐるみとは愛着を感じやすいものです。特に人の形を模しているぬいぐるみなどであれば、人によっては「魂が宿っているのでは」と感じる方も決して少なくありません。それほど愛着があるものを燃えるゴミとして処分するのはなんとも気が進まないものでしょう。
では、ぬいぐるみを捨ててしまう以外にできる手放し方についてもご紹介しましょう。

中古で売る

まずはフリマアプリやリサイクルショップなどで販売するという方法。ぬいぐるみは流通が多く、希少価値のあるものは比較的少ない傾向にあるため買取される金額は低いかもしれませんが、捨ててしまうより気持ちが楽だ、という方も決して少なくないでしょう。また、状態が綺麗なもので人気のあるキャラクターのぬいぐるみであれば通常の販売価格よりも安くはなりますが、それなりの金額で買い取ってもらうことができるでしょう。代金を支払って購入したいという方であれば、愛着のあったぬいぐるみであっても大切にしてもらうことができそうですよね。

施設などに寄付する

また、子供たちが集まる施設(幼稚園など)に寄付するというのもぬいぐるみの手放し方としてはいいでしょう。次の世代の方達にまた新たに出会えるのはぬいぐるみとしても嬉しいのではないでしょうか。

海外でリユースする

また、海外にぬいぐるみを届けるというのもいい方法の一つです。東南アジアをはじめとする海外では日本の中古のぬいぐるみが非常に人気となっています。海外では日本のキャラクターの人気が非常に高く、またそれらを手に入れるのはそう簡単ではありません。もちろん現在はやっているアニメなどのキャラクターであればさらに人気がありますが、かつて流行っていたキャラクターなどでも海外では必要とされており、当社でも海外にぬいぐるみの輸出を行なっております。日本ではあまり人気のないぬいぐるみがあるのであれば、海外でのリユースを検討してみてもいいのではないでしょうか。

ぬいぐるみを処分する「お焚き上げ」

ぬいぐるみを処分する「お焚き上げ」
とはいえ、もう一度誰かに引き渡すのも愛着があるので嫌だ、という方も中にはいらっしゃるでしょう。そんな方であれば通常の処分などは考えられないはずです。

そんな方の場合、お焚き上げを行なってもらうという選択肢をオススメします。お焚き上げとは、神棚やだるま、また人形など魂が宿るものを神聖なる火を使って焼くことで魂を送る供養のこと。愛着のあるぬいぐるみを大切に処分するのであれば、この方法を行うことで正しく送ってあげることができます。費用についても1-3000円以内で行うことができるので、もし大切に処分してあげたいのであればお焚き上げを検討してもいいかもしれません。

まとめ

ぬいぐるみは日常的に手に入れることも多く、また多くの愛を注ぎやすいものでしょう。だからこそ、「使ったら捨てる」といったように簡単に処分できるものでないと思います。しかし、上記のような手放し方をすれば、ぬいぐるみにも新たな活躍の場を与えることができますし、次に手にする人の大切な存在になるかもしれません。上記のような処分方法のどれかからあなたにあった手放し方を検討してみてはいかがでしょうか?

お電話用お問い合わせバナー

2021-08-28T12:25:06+00:00