ベッドの処分方法と費用は?またウォーターベッドの処分方法を解説

//ベッドの処分方法と費用は?またウォーターベッドの処分方法を解説

ベッドの処分方法と費用は?またウォーターベッドの処分方法を解説

引っ越し、生活の変化、子供の成長、経年劣化などによってベッドを買い替えることもあるでしょう。
特に、赤ちゃんの時にしか使わないベビーベッドは、使う年数は短くてもすぐに要らなくなってしまいます。
皆さんは不要になったベッドはどのようにしていますか?

ベッドは非常に大きくスペースを使っている家具なので、たとえ壊れていなくても、不要になったらすぐに処分などをしたい家具です。
しかし、ベッドは一般ゴミには出すことが出来ないので、ルールに従って正しく処分しなければなりません。

今回は不要になったベッドの正しい処分方法についてご紹介します。

【ベッドの処分方法】

リサイクルショップ・買取サービスに買取依頼をする

要らなくなったベッドがまだ十分に使える状態の時には、リサイクルショップや買取サービスに買取を頼むこともできます。
特にベビーベッドのように使用期間が短い子供用品などは、買取してもらいやすい傾向にあります。

※ 申し込み方法

・買取業者は事前査定などを行っている場合が多いので、電話やインターネットで事前査定を申し込むとおおよその査定金額の相場がわかりやすく安心です。

・ベッドのような大型家具は店頭に持っていき買取を依頼することが難しいので、出張買取をしているかどうかを確認し、搬出・
運搬方法なども合わせて聞いておくと安心です。

業者によっては、引き取りをしてもらえない可能性もあるので、事前確認は必ず行っておきましょう。

※売却にかかる費用

・費用はかかりません

・買取は壊れていないものや、使用感が少ないもの、年式が若い物に限られる場合がありますが、有名なメーカーの製品やほとん
ど使っていないようなものなどは引き取ってもらうとお得に澄みます

※ メリットとデメリット

〇 メリット

・基本的に費用面で支出がないだけでなく収入となる可能性がある
ブランド家具の場合、比較高く買い取ってくれます

・出張での引き取りを行っている業者もある
引っ越しなど期日が迫っている時でも、迅速に対応してもらえる場合もある

・処分費用がかからない

✕ デメリット

・ベッドの状態が悪い時などは、買取してもらえない可能性がある

不用品回収業者に依頼する

新しくベッドを買う予定がない、自治体の収集では家の外まで大きなベッド出すことになるので大変というときには、不用品回収
業者に引き取り依頼をする方法もあります

大きくて重いベッドでも、部屋から搬出するところから引き取りまで、手間がかかることなくお願いすることが出来ます

※ 申し込み方法

・自分で不用品回収業者を探して電話などで引き取りの申し込みを行うことになります。

・ベッドのほかに回収を頼みたいものがある時にも、まとめて一緒に回収してもらえることができます。

・ただし、業者によっては処分料が大きく変わることもあるので、処分料金と引き取りの際の搬出方法などを事前にしっかり確認
しておく事をお勧めします

そして納得できる業者に決めることが大切です

※ 回収にかかる費用

・回収業者に頼む場合には、業者によって料金が異なります。

・シングルベッド、セミダブルベッドなどのサイズやパイプベッドかどうかなどの種類によっても料金が異なる場合があります。

※ メリットとデメリット

〇 メリット

・重いベッドを部屋から搬出してもらうところからお願いすることが可能

・不用品が何点かある場合は同時に引き取ってもらえる

✕ デメリット

・自治体に頼むより金額が高くなる可能性が高い

・回収業者によって料金が大きく異なる

粗大ゴミとして自治体に回収してもらう

1辺の長さが30cm以上あるなど、自治体で定めている大きさ以上の不用品は、粗大ゴミの処分方法に従って出さなければなりませ
ん。

・多くの自治体では、ベッドは粗大ゴミとして処理しています
粗大ゴミの処分方法は自治体によっては異なりますが、一般的なものを紹介します

※ 粗大ゴミとして収集依頼をする

  • 粗大ゴミの収集を依頼すると、自宅前や指定された場所に収集しに来てくれるので便利です。
  • 自治体に依頼する方法も、書類などは必要なくそれほど面倒ではないといえます。

※粗大ゴミとして出す方法

・基本的に、粗大ゴミ収集を依頼するには、まずお住まいの地区の市町村にある粗大ゴミ受付センターへ電話もしくはネットから申し込みします。

・電話では通常「住所、氏名、品目、捨てる物の大きさ」等を伝えます。

・申し込みの電話をかける前にベッドの大きさを測っておくか、サイズを確認しておくと安心できます。

・電話では、「収集日や受付番号、収集場所、必要なゴミ処理手数料」を教えてもらえるので忘れないようにメモをとっておきましょう。

・申し込み後は、必要な金額の「粗大ゴミ処理券」を購入します。
自治体が指定しているスーパーマーケットやコンビニや郵便局などで購入します。

・受付番号などの必要事項を記入して、ゴミに出すベッドに貼りつけ。収集日に家の前や近くのゴミ置き場などの指定された場所に出すことで収集してもらえます。

・通常は指定場所まで収集に来てもらうことはできるのですが、家の中から外に出すまでは自分で行うことになります。
お年寄りや身体に障害のある方のみ、部屋から外に出す作業をしてもらえるケースがあるので、申し込み時に確認しておきましょう。

※ メリットとデメリット

〇メリット

・自治体に依頼するので、安い価格で正しく処理してもらえる

・収集日に家の前に出せば、あとはそのまま回収してもらえる

✕デメリット

・自治体によっては、粗大ゴミ収集の申し込み受付時間や曜日が限られている

・引っ越しなどのタイミングに合わせて早めにスケジュールを組む必要がある

粗大ゴミを自分で持ち込みする

・要らなくなったベッドを自分で運ぶことができる場合には、自治体の粗大ゴミ処理施設に直接持っていくことも可能です。
自分で処理施設に運ぶと、収集を頼むよりも安価で片付けられる傾向にあります。
自分が運べる方は検討してもいいでしょう。

※ 持ち込みによる処分方法

・自治体の定める曜日、時間に処理施設に事前申し込みをしてから、申し込みをしておいた日に直接持っていきます。
電話で申し込みをする窓口は、自治体により異なります。
申し込みの際には自治体のホームページや総合案内で申し込み窓口を確認してから申し込みましょう。

・電話で申し込みしたあとには、指定日に処理施設に自分で運んでいきます。
事前にゴミ処理券を購入して不要なベッドに貼り付けてから持ち込んだり、ゴミ処理券は不要でその場で処理代金を支払ったり、自治体によって異なります。
事前に確認しておくことをおすすめします。

・粗大ゴミ持ち込みの際には、出す人の氏名、住所が確認できる身分証明書を持っていきましょう。

※ メリットとデメリット

〇メリット

・粗大ゴミの収集を頼むときよりも、費用をさらに安く抑えられる。

✕デメリット

・自治体によって粗大ゴミ収集の申し込み受付時間や曜日が限られていることがある。

・自分で処理施設まで持って行かなければ利用できない

解体して家庭ゴミとして出す

・自治体によって異なりますが、1辺の長さが30cm以内でゴミ袋に入る大きさならば、家庭ゴミとして処分することが出来ます。
ですがベッドを解体し、家庭ゴミとして出すことはあまりお勧めすることが出来ません。

大きなベッドを上記の大きさに解体するのは大変困難です。
ベッドが木製ならばのこぎり等で解体することもできますが、鉄製のベッドは一般家庭の方では、ほぼ不可能と言えるでしょう。

ウォーターベッド

最高の寝心地といわれて1990年代に人気を博したウォーターベッドですが、ウォーターベッドは日本用のサイズでも重さが750kgもあり、ご自分で動かすことはできません。
更には、水は「温めにくく、冷めにくい」といった比熱が大きい物質のため、外気温の急激な変化から、ほとんど影響を受けないのが最大の特徴です。

ウォーターベッド寿命

ウォーターベッドの寿命ですが10年が耐用年数となっています。
寿命の決め手ですが、水を入れている袋が10年の耐用年数として製造されている為種類にもよりますが10年が基本となっています。

ウォーターベッドの特徴

ウォーターベッドはとても高く、買うのに勇気がいるものだと思います。
そこで、ウォーターベッドのメリットとデメリットをご紹介します。
メリット
1.耐圧分散性が良いため睡眠が深くなります。
ウォーターベッド以外は、マットレスによる反発力を利用し、寝心地を作っているのに対して、ウォーターベッドでは水の浮力を利用している為寝心地がとても良いものとなっています。
2.体の中心線を真っ直ぐに近づける。
本来寝る時の姿勢で一番理想なのが立っている時と変わらない姿勢となっています。
通常のマットレスは、寝転んだ時箇所によって半端と力が変わるのに対して、ウォーターベッドでは均一に浮力が働くため立っている時のような状況で寝ることができます。
3.ヒーターで冬も快適
種類にもよりますがヒーターが内蔵されている物があります。
その為、冬場冷たい布団ではなく暖かい布団に入ることができますので寝付くのが早くなるため良いと言えます。

デメリット
1.重い
ウォーターベッドはとても重く約200kgから800kgある為、部屋の模様替えや引っ越し時はとても大変になります。
お客様ご自身で動かそうとすると1度ベッド内の水を全て向かないといけなくなります。かなり大変な作業になりますのでほとんどの人がご自分で抜くのは断念されると思います。

2.メンテナンスがいる

ウォーターベッドはメンテナンスも必要になります。
主なメンテナンスとしては「水が腐る」と「空気抜きが必要」の2つがメインとなります。
まずは「水が腐る」についてご紹介します。
水は腐らないと言う印象が強いと思いますが、そんなすぐに腐るわけではありません。しかし水道水の場合は常温で約3日立つと菌が繁殖し飲み水には適さなくなると言う事があります。
もしも水が腐ってしまうと異臭を放つケースがあり得ます。その為腐るのを塞ぐために一年に一回防腐剤を入れる必要があります。
防腐剤の入れ方としましてはネットショッピングなどで2000円~3000円程度で販売しています。それを水を入れる注入口から一本入れていただき注入後混ぜる必要がありますので軽く5分から10分程ベットを揺らしてあげる必要があります。これで防腐剤の注入が完了となります。
次に「空気抜き」についてご説明します。
どれだけ水を入れていても気泡が必ずできますので寝返りなどの際にそれらの気泡が気泡が集まりベッド内に空気が溜まることがあります。
気泡を溜めたままだとちゃぷちゃぷ聞こえることがあります。そのせいでメリットである寝心地の良さが奪われてしまいますので空気抜きが必要ようになります。
空気抜きの方法としましては、まず注入口を引っ張り出します。その後蓋を開けエアブリーダーを上下に動かすと空気が抜けます。空気が抜けるとキャップを閉め注入口を戻し完了となります。
空気抜きの頻度としては3か月~6か月に1回行うのが目安になっています。

処分方法

自治体の粗大ごみにて処分する

ウォーターベッドは自治体にて処分することが可能となっています。
しかし、枠組みは通常のベッドと同様に処分できますが大きく変わるのは水の部分だと思います。
お客様ご自身で水を抜いて頂けるのであれば処分が可能となっています。
水の抜き方としましては水の注入口にホースを挿し水を抜くことが可能です。しかしベッドルームから洗面所や風呂場までのホースなのでかなり長い物が必要になると思われます。
他の方法としましては、お客様ご自身が容器などに水を入れ洗面所や風呂場まで運ぶ方法です。
この方法は単純作業ですが、かなりしんどくなると思います。それもウォーターベッドには約570Lから820Lの水が入っています。どのぐらいかと言うと目安ですが普段お風呂に入られる時にお風呂の湯船に溜められる水の量が約200L前後となっています。そこから計算すると約2.85倍の水を運ぶ必要がありますのでかなり時間と労力を使い作業になります。
その為安易な考えでしてしまうとかなり大変ですのでお気を付けください。

買い替えで引き取ってもらう

ウォーターベッドは買取りで引き取ってもらう事が可能です。しかし通常と違ってウォーターベッドを引き取ってもらうには再度ウォーターベッドを購入した限り引き取てもらうことが可能になります。
その為通常のベッドを買いウォーターベッドを引き取ってもらうことはできない事となっています。
なのでウォーターベッドから通常のベッドに変える際は他の処分方法を用いる必要があります。

リサイクルショップに持ち込む

リサイクルショップに持ち込むと言う方法もあります。しかし何処でも良いと言う訳ではありません。
オススメはウォーターベッドの修理修繕専門職人が居るところです。なぜなら出張にてウォーターベッドの水抜きから解体まで行ってくれるからです。
それ以外のリサイクルショップではお客様ご自身で解体し持ち込むか、最初から断られるケースもあり得るため充分に気を付けてください。
尚、持ち込む前には事前に確認を行い、一度電話をしてからの方が良いと思います。

不用品回収業者に依頼する

不用品回収業者に依頼すると言う方法もあります。
しかし業者さんによっては回収したことがある業者さんと無い業者さんがいます。そもそもウォーターベッドはあまり出てくることが少ないため回収の経験に差が出てきます。その為解体方法を知らない業者さんも中にはいるかもしれません。
ちなみに相場屋では過去にウォーターベッドの回収経験があり、特殊なベッドだからと言って料金がかさむことはございません。
ウォーターベッド以外にも処分したいものがあるのであれば不用品回収業者さんがお勧めです。
業者さんを選ばれる際に気を付けることは最初はホームページがあるかの確認を行ってください。悪徳業者さんだと不法投棄の恐れがあり不法投棄がされていて問題になった際は全ての責任はお客様に行く可能性があるのでお気を付けください。

【まとめ】

要らなくなったベッドの処分方法を紹介させていただきました。
それぞれの方法の費用や、手間、かかる時間、メリット、デメリットなどを考慮し、自分に合った方法で正しく処分しましょう。

まだ使える・綺麗な物は、リユースにまわすのも1つの方法です。

不法投棄などは、絶対にせず、正しく処分しましょう。

その他寝具の処分方法

その他寝具の処分方法も紹介している為良かったらご確認ください。

マットレス           マットレス処分方法

布団      布団処分方法

2021-09-01T16:46:10+00:00