ダイニングテーブルを手放したいと思ったら。処分・買い取り・寄付などについて考えます。

最終更新日: 2022/04/28

ダイニングテーブルを手放したいと思ったら。処分・買い取り・寄付などについて考えます。

家の中心にドンと置かれるダイニングテーブル。おうちの顔ともなる存在です。
ご家族で食事を囲み、話し、時には子ども達が宿題やお絵描きをする。ダイニングテーブルは、日々、素敵な空間を作り出してくれていますよね。
しかし、生活の変化に合わせ、買い換えることもあるもの。
そうなると、困ってしまうんですよね。ダイニングテーブルは大きいですから。
そこで今回は、上手にダイニングテーブルを手放す方法について、説明したいと思います。

ダイニングテーブルとは

ダイニングテーブルとは、食事をする際に使用するテーブルのこと。
キッチンの近くに設置されることが多いですよね。
昔で言う、ちゃぶ台の代わりとなる物、でしょうか。

とはいえ、最近は食事に限らず、さまざまな使われ方がされています。
子ども達のリビング学習が推奨され、「お母さんの目の行き届くダイニングテーブルで宿題を!」という考えも、定着しています。
それにコロナ禍により、在宅ワークの場として活用されているお父さん、お母さんもおられるのではないでしょうか。

サイズが大きく、家の中心部分に据えられることの多いダイニングテーブルは、家具の中でも特に目立つ存在。その家の雰囲気を決める重要な家具と言えるでしょう。
だからこそ、時と場合に応じ、【買い替え】を考えるのも仕方のないことなのかもしれません。

ダイニングテーブルを処分するには

ダイニングテーブルの一番の問題点は、大きいこと。処分するには少々お金のかかる存在です。
上手に捨てるためにはどうしたらいいのか、考えていきましょう。

※ 相場屋には、粗大ゴミの処分についてのコラムもあります。参考までにぜひお読みください!

自治体で捨てるには

自治体のごみ収集には、サイズによる規制が設けられています。通常の可燃ゴミ・不燃ゴミとするには、1辺の長さが30cm以下であることが一般的。(異なる自治体もあります。)それよりも大きい場合には、粗大ゴミとなります。となります。
1辺を30cm以下になるまで細かくできるのであれば一般ゴミとすることも可能ですが、それはなかなか現実的ではありません。
つまり、ダイニングテーブルの場合には確実に粗大ゴミということになります。
処分代については、自治体で変わってきます。もちろん、ダイニングテーブルのサイズでも異なりますので、サイズを計測した後、各自治体にお尋ねください。
おおよそ、数百円~1000円前後となるようです。

 ● 尼崎市の場合は、コチラへ。

 ● 加古川市の場合は、コチラへ。

粗大ゴミを捨てるには、申し込みが必要です。
自治体によって申し込みの方法はさまざまですが、インターネット、電話、FAXなどでの申し込みが行われています。申し込みが完了すると、【手数料、受付番号、収集日、出す場所】が伝えられますので、それに従い、シール券を購入。決められた日にちに所定の場所へ、購入したシールを貼り付けた粗大ゴミを搬出して完了となります。

自治体回収のメリットとしては、【安心】であることと【処分代の安さ】が挙げられます。
ただしデメリットも多いのが事実。

 ● 回収日は自治体指定です。処分希望日があっても、叶いません。

 ● 自治体によっては一度に出せる数量が決まっており、一気に出せない場合があります。

 ● 早朝に、指定の回収場所まで運ばなければいけませせん

一人暮らしであったり、力に不安がある場合には、負担は大きくなるでしょう。
ケガのリスクを考えると、無理をするようなら選択しない方がいいかもしれません。

寄付をする

自宅周辺に児童福祉支援施設があるなら、寄付を受け付けていないか聞いてみるのもいいでしょう。
児童福祉支援施設では、金銭だけでなく、文具など物品の寄付を受け付けていることがあります。
必要としている所に寄付をすれば、喜んでもらえます。また、テーブルにとっても、再度活躍できるのは嬉しいはず。それに、処分料もかかりません。みんなに嬉しい方法だと言えます。

まずは、引き取りをしているかどうか、引き取りの条件はあるかなど、お尋ねしてみてくださいね。

買い替えであれば、家具店に引き取り依頼

ダイニングテーブルを新しくする場合には、購入の家具店に引き取ってもらうと、手間なくとても便利です。購入者であれば無料となる場合も多く、新しいダイニングテーブルの搬入時に一緒に回収してくれますので、別途日にちを割く必要もありません。

ただし、無料引き取りはお店のサービスによるもの。”必ず”ではないので、購入時、家具店に問い合わせてくださいね。

リサイクルショップやオークションサイト、フリマアプリの活用

高かった。まだ新しい。デザインが良い。……などの場合、捨ててしまうのはもったいないですよね。
まだまだ使えるのであれば、誰かにお譲りするのも素敵な方法。
エコの観点からも、ぜひ検討して欲しい処分方法のひとつです!

リサイクルショップであれば、商品そのものを見ての査定となりますので、手間はあまりかかりません。持ち込みか引取依頼をし、引き渡して完了となります。
オークションサイトやフリマアプリの場合には、写真での取り引きとなるため、商品の状態がよく分かる写真を数枚とり、サイズや特徴、使用期間、キズの有無など説明文を書き込む手間が必要です。ただし、直取引となるため、リサイクルショップに比べ、売買金額は高くなる傾向にあります。

世間一般の需要を考慮し、手間や価格面を鑑みて、選んで頂ければと思います。

不要品回収業者に依頼する

大きくて重たいこと。これが、ダイニングテーブル処分時の大きなネックとなる部分。協力が得られない状況であったり、お車に乗らないサイズ感である場合にお役に立てるのが、不用品回収業者となります。
ご依頼の後は、今お使いの場所に置いたままでOK。あとは、業者の到着をお待ちください。
運び出しから買い取りまで、一括して行ってくれます。もちろん、手伝う必要もありません。
お客様にとって、一番負担のない方法だと言えるでしょう。

相場屋のお値段については、コチラをご覧ください。
相場屋では、お引き取りの後、リユース可能な商品については最大限の活用をしており、とてもエコ!
その上、プラスが発生しましたら、作業料金より差し引かせて頂きます。
対応の地域も、近畿二府四県、岡山県、香川県、徳島県と広域であることも特長のひとつ。
地球だけでなく、お財布にも優しい不用品回収業者【相場屋】を、ぜひご検討ください!

まとめ

とても大きなダイニングテーブルですが、処分の方法はいくつかあり、お客様のご都合に合わせて選ぶことが可能です。便利な方法、お得な方法、喜ばれる方法……選び方はさまざま。
お客様にとって一番負担のない、そして失敗のない方法を選んで欲しいと思います。