ダイニングテーブルの処分方法と買い取り・寄付の方法

//ダイニングテーブルの処分方法と買い取り・寄付の方法

ダイニングテーブルの処分方法と買い取り・寄付の方法

どこのご自宅のもあるダイニングテーブルですが処分したいと思ったことはないですか?

・引っ越しの際買い替えて、古くなったダイニングテーブルを処分したい!

・テーブルが重たく、家の中から運び出せない!

・どうやって処分するのか分からない!

そういった悩み・お困りの方に今回はダイニングテーブルの処分方法についてご紹介していきたいと思います。

ダイニングテーブルとは

そもそもダイニングテーブルとはどのようなものを指すかご存じですか?
これは名前の通りダイニングルームで使用される机の事を言い、主に食事などに用いられることが多くあります。
また、イスとセットで使用されており、ダイニングセットとも呼ばれていることがあります。
ダイニングテーブルは、他のテーブルとは少し処分方法が異なることがある為、間違えてしまいトラブルが起きやすいとされています。

ダイニングテーブルの処分方法

自治体のゴミに捨てる

ダイニングテーブルを自治体のゴミとして捨てる場合は粗大ごみと可燃ごみ、不燃ごみとして処分することが出来ます。可燃ごみ不燃ごみとして捨てられるのは各自治体によって異なり、1辺の長さが30cm以下の物が捨てられることが多いです。(各自治体によっては違う可能性がありますので、各自治体のホームページなどを参考にして処分してください)

また可燃ごみでの処分をする場合、1辺の長さを30cmにして可燃ごみ袋に入れてから収集日に可燃ごみに出しましょう。{注意}テーブルを小さくする際に壊したり、のこぎりでカットした切れ端で可燃袋が破れないように注意ましょう。破れてしまうと回収してくれる方が怪我などをしてしまう恐れがあるので気を付けましょう。

自治体に粗大ゴミとして捨てる場合、処分費用の目安は400円~1200円で可燃ごみ、不燃ごみの場合無料引き取りになります。(自治体によって異なります)

粗大ごみで処分する場合は、粗大ごみシール(粗大ごみ券)を近くのコンビニやスーパーの総合窓口、郵便局、各金融機関で購入し処分したい粗大ごみに張り付けて、指定場所に出さなければなりません。金額は各自治体のホームページやお電話で確認してください。

他にも、家の前まで自治体のゴミ回収車が来て、処分したい家庭ごみや家具などを持って行ってくれる自治体があるそうです。自治体はの粗大回収ルールでは「収集員は家の中まで入らない」となっています。回収の日時を自治体と決め、近隣の迷惑にならないように、回収日の前日に出しておきましょう。

メリット

・普段の生活ゴミとして無料で廃棄でしてくれます。

・クリーンセンターなどへの持ち込みの手間がないので各自治体のゴミ収集日に従って廃棄することが可能です。

・自治体によっては拠点収取なども行っているところがあります。「基本、年に1,2回の無料回収」

デメリット

・平日しか処分できないので仕事や多忙な人には時間の融通がききません。

・無料で可燃ごみに捨てる場合、粗大ごみの大きさじゃ処分することが出来ないので小さくするためにのこぎりで切ったりという手間がかかります。他にも怪我などをする恐れがあります。

・粗大ごみを処分する場合は指定された場所に手運びしないといけないので労力はかなり掛かってきます。

買い替えた時の家具屋に引き取ってもらう

家具屋さんなどは新しく購入した時に古い家具などを回収してくれるサービスなどがあるところがあります。(販売店舗によって異なります)
例えば大手の家具販売などをしているニトリさんなどは、家具の購入者様のお家にある不要な家具の引き取りサービスなどをおこなっています。無料サービスで行っている場合もありますが料金化かかってくる場合もありますので1度問い合わせてみてください。

リサイクルショップに出す

高く買ったダイニングテーブルなどを捨てるのがもったいない、まだ使えるけど新居に伴って廃棄したいなどお考えの方はリサイクルショップに買取依頼するのも1つの方法です。
リサイクルショップでは国内での販売ができない商品、人気のない商品などを海外で販売しています。今日本で作られた家具や雑貨などが、海外での需要が高くリサイクルショップや貿易会社などは高価買取を行っている所もあります。

不要品回収業者に依頼する

ダイニングテーブルは大きくて重たいものが多いと思います。その為自治体のゴミ回収と比べると値段は高いと思いますが業者さんが運び出してくれるためお客様自身の負担がとても軽くなります。
他にもお客様のご希望の日程で作業を行ってくれたり、その他の不用品も回収を行ってくれるため業者さんに依頼するのも1つの案だと思います。

寄付する

自宅周辺に児童福祉支援施設があるのなら、寄付をしてみてはどうでしょうか?児童福祉支援施設は、金銭の寄付の受付以外にも物品の寄付を受け付けていることがあります。
寄付することによって、再度テーブルを使ってもらえますしお客様ご自身の処分料は無料と言う事で手軽に済ませることが可能です。
しかし、ある程度綺麗な物や、傷の少ないものなど引き取り時の条件はいくつかあると思いますので確認が必要になってきます。またお客様ご自身ではこばないといけません。

ネットオークションに出す

最近では、メルカリやジモティーなど様々なフリマサイトがあります。
少しでもお金になってほしい・まだ使えるので誰かに再利用してほしい等をお考えの方は一度出品してみるのもいいと思います。

まとめ

ここまでダイニングテーブルの処分方法を紹介させていただきましたが参考になりましたでしょうか?
テーブルは種類にもよりますが重たい物が多くご自分で運び出すのはとても大変だと思います。寄付や自治体で処分するときでもトラブルには十分に気を付け運び出す際はケガに気を付けて行いましょう。

2021-09-08T16:16:57+00:00