布団の処分方法と費用を解説また処分された布団のその後

//布団の処分方法と費用を解説また処分された布団のその後

布団の処分方法と費用を解説また処分された布団のその後

布団の処分方法

布団は、いつもの可燃ごみみたいに気軽に捨てれるものではありません。
引越しや年末の大掃除、買い替えの時など、処分の仕方に悩んだ人が大勢いいると思います。
そんな方にこのコラムを読んでもらいたいと思い、本日は「布団の処分方法」について書いていきたいと思います。

皆さん、布団はどのくらいが寿命なのかご存じですか?
多分、知っている人はごく僅かでしょう。家電製品と違って急に壊れたり使えなくなったりするものではないので買い替えの時期や、処分する時期に悩む人がいると思います。
布団の寿命はずばり、3~5年です。それぞれの使用の仕方や手入れの仕方によって異なりますが、大体3~5年くらいと言われています。
布団は見た目などから、処分するタイミングなどが判断できるので布団のシミや使用感などのサインを見逃さず処分するのもいいと思います。

ここからが本題の「布団の処分方法」です。

可燃ごみとして捨てる

布団も可燃ごみとして捨てれますがあまりオススメはしません。
なぜかと言うとものすごく手間と時間がかかるからです。
しかしメリットとしてはお金払わずに処分できるのが一番いいところかもしれません。なので手間はかかるがお金をかけて処分するぐらいならと思う方は試してみてください。
可燃ごみで捨てる方法ですが、布団を細かく切ってあげ1辺30cmほどのサイズに切り可燃ごみに入れ可燃ごみの日に出します。
この時、布団を切るのは裁縫ハサミをお勧めします。裁縫ハサミだとスムーズに切れるので作業がはかどると思います。しかし1回始めてしまうと他の処分方法では処分が難しくなるため気を付けてください。
また、細かく切っているときに布団の中身が散らばると掃除が大変ですのでお気をつけてください。

自治体のゴミとして捨てる

自治体「各市」のゴミとして捨てる際はその自治体のルールに従わなければなりません。まず粗大ゴミの受付センターに事前申し込みを行い、そこで粗大ゴミを出す日時を決め、有料シールを粗大ゴミにはっ付けて出します。
受付センターで決めた日時に処分業者が取りに来てくれ、処分完了です。

(メリット)
民間のサービスなので価格が安く処分できるところです。

(デメリット)
申し込みの電話や有料シールなどの購入など事前に手間のかかることが多いので、日常的に忙しい方などには不便です。

クリーンセンターに持ち込む

クリーンセンターに持ち込みする際も粗大ゴミ受付センターに事前予約をしてもらい、決められた日時に自家用車でクリーンセンターに持ち込みます。処分量は重さで決められていて、各市町村で処分料金が異なります。

(メリット)
処分料金が安く済みます。

(デメリット)
クリーンセンターと同様で事前の手配などが掛かる為忙しい方などには不便です。市町村によっては自家用車が必要になる場合があるので、事前に知らばなければなりません。

寄付する

まだ使えそうならば寄付という形の処分方法が良いでしょう。
各種の施設や動物保護団体、発展途上国などに寄付を行っている団体に申し込み、発送することで再利用してもらうことができます。

(メリット)
不要な布団を処分できるうえに社会貢献にもなります。不必要なった布団でも寄付をすることで、必要としている人に役立てます。

(デメリット)
寄付団体の回収サービスなどは無く、送料などは全額自己負担になります。また、寄付団体の中には悪質な団体もあるためしっかりと調べたうえ寄付を行った方が良いです。

不用品業者に依頼する

不用品回収業者は色々な物を回収し、処分する業者のことです。料金は発生しますが、手間などが掛からないうえ布団以外でも処分してくれます。「家具や家電製品など、、、。」

(メリット)
処分したいものをそのままの状態で指定された日時、場所まで取りに来てくれ為、処分の手間が掛かりません。
多くの業者は対応が早いため即日に処分が可能という点も魅力ですね。回収してもらえる場所や日時が指定できるので、自分の都合に合わすことが可能です。

(デメリット)
利用するのにお金が掛かり、回収料金は業者によって様々です。そのため、価格をきちんと把握したうえで信頼できる業者に依頼することをオススメします。

処分した後の布団はどこへ?

皆さんが処分した後の布団はどこに行きどのように処分されているのでしょうか。
布団は毎日使いますが処分先などがわかる人は少ないと思います。
そこでここでは処分された布団がどこに行きどのように処分されているかご紹介します。予備知識として覚えて頂けると幸いです。
上記では紹介していませんが布団を細かく切り可燃ごみとして捨てられることもあります。その時は他の可燃ごみ同様焼却場に運び込まれ燃やし処分します。
他にも。自治体や、クリーンセンター・不用品回収業者さんが持って行った後では、リサイクルとして使われる物もあります。
不用品回収業者さんにもよりますがここでは相場屋を基準にご説明させて頂きます。
相場屋では汚れていて、尚且つ破れが見られるものは処分しています。
それとは違いまだ綺麗で、破れないものは再利用させて頂いております。再利用の仕方としましては、相場屋はコンテナ作業をしていますのでその際、家具などに傷が付かないように緩衝材やあて物として利用させて頂いております。また他にも海外へ輸出し、海外にて布団としての再利用もさせて頂いております。

羽毛布団の場合

羽毛とは一羽の鳥からわずか10グラム程度しか取れない貴重なものです。それに加え鳥インフルエンザなどの影響でますます取りにくくなってきている羽毛です。
現在では羽毛循環サイクル社会と言うのが世界的に取り組みを始めています。これまでは廃棄された羽毛布団の多くは焼却されており、リサイクルできれば資源保護に役立つだけではなく、二酸化炭素の排出量も抑制できます。また、羽毛製品の回収や解体作業に伴って就労の機会が増え、障がい者などの雇用創出が実現できるということから最近増えてきた羽毛布団では、工場に持って行き中の羽毛だけを取り出し、ダウンジャケットなどに再利用されています。
回収し工場へ輸送を行い解体し洗浄を施し製品となり販売されお客様に提すると言った流れで羽毛はリサイクルされるようになりました。

まとめ

布団の処分方法は今回ご紹介したもの以外にもいろいろあります。捨て方をしっかりと選ぶことで、手間や費用などを減らし処分できます。快適な睡眠時間を過ごすなら布団の寿命や布団の買い替え時期のサインなどをしっかり把握しましょう。
またリサイクルを利用することで二酸化炭素排出削減が行えますので地球温暖化対策にもなり良いと思います。

その他寝具の処分方法

他にも寝具の処分方法についても紹介していますので、良かったら参考にしてください。

マットレス            マットレス処分方法

ベッド     ベッド処分方法

2021-09-01T16:43:29+00:00