洗濯機の寿命は?交換時期と処分方法

//洗濯機の寿命は?交換時期と処分方法

洗濯機の寿命は?交換時期と処分方法

普段意識することはありませんが、洗濯機は毎日使用されているものだと思います。
何気なく使っている家電の洗濯機ですが突然壊れてしまうと、かなり不憫だと思います。そこで洗濯機の事をもっと知っていればそのような事が起きないと思いますのでここでご紹介させて頂きます。

洗濯機の寿命はいつまで

ズバリ洗濯機の寿命は6年~8年とされています。
あくまで目安として覚えていてください。中には、ベランダに置かれている家庭や家の中に置かれているなど様々な条件があると思います。
やはり、外部にさらされている家電は通常よりも早く故障すると思いますので知識の一つとして覚えていてください。洗濯機のメーカーにより保証期間が異なる為保証書で確認されるか、洗濯機に記載されている物をご覧ください。右の図のように記載されております。

買い替え時期としては、設計上の標準使用期間が設けられており期間が過ぎている場合はももちろん、異音や異臭、発熱などの異常がみられたら買い替えのタイミングです。
また、修理して長く使う事も出来ますが、洗濯機の修理に必要な部品には部品保有期間がありその期間を過ぎると修理に出せない場合があります。
洗濯機の保証期間ですが、保証書には本体の保証期間しか記載されておらず、部品など詳しい物の保証期間はメーカーに問い合わせることにより確認できますので気になる方は一度お伺いすることを推奨いたします。

故障じゃない!!故障との違い

洗濯機も利用している際、脱水が出来ないや、洗濯槽が回らないなど起こることがおると思います。
実は、故障によって起きるのではなくエラーが生じた際に起きる起きる安全装置の可能性があります。

回らない時

洗濯物が急に回らなくなった場合にも、いくつか原因が考えられます。
洗濯ネットに洗濯物を入れすぎている場合は、洗濯物が中でかたよってしまい回らなくなる原因となります。ネットの中に洗濯物を詰めすぎないようにしましょう。
カラカラと金属音がする場合には、洗濯物の入れ過ぎが考えられるので洗濯物を減らしましょう。
その他の原因で回らない時はパルセーターといって洗濯機の底についている機器の問題が考えられます。パルセーターにヘアピンなどの小物が詰まっているかもしれません。パルセーターの点検方法は、後ほどご説明しますね。

脱水が出来なくなった時

洗濯機の脱水が急にできなくなったり、脱水が甘くなったりした際の原因はいくつか考えられます。
まず、ふたはきちんと閉められましたか?ふたが開きっぱなしだと、センサーが反応して脱水できません。他にも洗濯物が中でかたよっていたりしませんか?洗濯ネットに詰め過ぎると偏りの原因になりますので、確認してみましょう。
反対に自分で対処できないのは、センサーの故障が原因となっている場合です。センサーの反応により脱水できない原因は洗濯機はふたが開いていたり、洗濯物がかたよったまま洗濯した場合です。床が水浸しになったり故障の原因になったりするので、危険回避のためにセンサーを搭載しています。

洗濯機点検方法

洗濯機が故障してしまった!と思ったとしても、すぐに故障と判断せず、まずは自分で対処することをおすすめします。
故障ではなくうっかりミスの場合も実は多いので、まずは自分で点検してみましょう。
点検方法を知れば、簡単な問題は解決できます。

回らない時

洗濯機の中の洗濯物を減らしても回らない場合には、パルセーターのつまりが考えられます。
目に見える範囲にヘアピンなどの異物がつまっていれば、取り出してください。パルセーターは洗濯機の底にあるので、ドライバーでネジを外せば取り出すことができます。ただし、素人で洗濯機の部品を外すのは、部品を傷つけてしまうかもしれませんし、復元できなくなるケースもあり得ますのでされる際は自己責任でお願いします。

脱水できない時

脱水されない時に多いトラブルは排水されない事で起きることが多いです。
ホースが折れ曲がっていて排水されないこともあります。曲がっている箇所があったら一度ホースを外してねじりなどを直してみましょう。
ホースが折れ曲がっておらず排水されない時は一度ホースを掃除してみてください。掃除方法はホースを外しパイプユニッシュなどを流し込み30分ほど放置した後に水で流してあげてください。
それでも直らない場合は洗濯機が故障しており、ご自身でできることはもうないので、修理業社に頼みましょう。

洗濯機処分方法

洗濯機を処分する前に知っておく事

洗濯機の処分方法はこれから説明させて頂きますがその前に必ず知っておいて欲しい事があります。
それは、町で回っている回収車は利用しないように気を付けてください。
それらの業者さんは違法な手段で回収物を処分する恐れがありますので気を付けるようにお願いします。

購入した店舗に回収して貰う

洗濯機を買い替える際に購入店舗に処分していただくことができます。
やはりメリットとしては買い替えた際ご自宅に配達に来ていただいたときに回収して貰えるため手間がかからない所だと思います。
しかし、回収に当たって料金がかかってきます。その料金の内容は、リサイクル家電料と収集運搬料が掛かりますのでそれなりにお値段が掛かると思われます。
リサイクル家電料は約2500円~3500円となります。メーカーにより異なりますので一度ご確認をお願いします。
収集運搬料ですが、住まわれているご自宅により料金は変わりますのでこちらもご確認下さい。

自治体の回収に出す

お住いの自治体に回収して貰うこともできます。
この場合は事前に自治体に連絡をし回収できるかの確認を怠らないようにしましょう。
自治体に確認をした後回収日を決めて、郵便局で家電リサイクル券を購入し対象の洗濯機に貼り付けましょう。
その後自治体が決めた指定日にてご自宅までもしくは指定場所まで引き取りに来ていただけます。この時、ご自宅までの引き取りであっても玄関引き渡しになる為、指定場所もしくは玄関までお客様自身で運ばないといけない時がありますのでご注意下さい。また、お客様が搬出されると言う事は、ホースの外しなどご自身でしないといけない為自身の無い方はあらかじめ外し方を確認しておきましょう。

リサイクルショップに買取してもらう

リサイクルショップにて買取をしてもらうこともできます。
しかし、値段が付くものは限られておりそれらの見分け方を大まかに説明させて頂きます。
洗濯機の種類が、縦型かドラム式の物なのかで大きく値段が変わる一つのポイントとなります。やはりドラム式の方が高く売れる傾向にあるみたいです。
次に洗濯機の容量です。一般家庭に置かれている物はおそらく3kg~10kgの物が多いと思いますが容量が大きければ大きいほど高く売れているデータが見られます。
それに付け加えて、国内メーカーの物の方が高く売れています。海外メーカーの物よりも人気が高く利便性が高いことからお値段が付きやすいそうです。製造日から5年以下の物が売れますが稀に5年を過ぎていても売れることがあります。

ネットオークションに出す

ネットオークションに出すのも1つの方法としてあります。
しかし、ネットオークションに出す際に気を付けて頂きたいのがいくつかあるのでご紹介します。
まずは、出品時ですができるだけ細かい情報と多くの写真を掲載しましょう。多ければ多い程いいと思われますのでできるだけ多くの情報を共有するようにしましょう。
次に、ドラム式で多いのですが、洗濯槽を固定する方法があります。こちらは必ずしておきましょう。
運搬されている際に洗濯槽が揺れ故障につながることがありますので必ずしてあげると様でしょう。次に梱包です。洗濯機は家電ですので丁寧に梱包をしましょう。
最後は、落札者さんとの連絡です。送料や商品状態でのトラブルは度々起こりえますのできちんと連絡をした際に発送するのにしましょう。

不用品回収業者さんに依頼する

業者さんに依頼する際に気を付けて欲しい事は業者さんが「許可」を得ているかと言う事です
一般家庭から廃棄物に該当する使用済家電製品を引き取ることができるのは、「一般廃棄物処理業の許可」持つ業者のみとなります。
もし、許可を持たない業者さんに依頼してしまい、不法投棄をされていれば、責任はお客様自身に降りかかります。
「無料で家電を回収する」などとうたい、廃家電を回収している無許可業者もいるため、注意が必要です。許可を持っているかの確認方法としては、会社のホームページがあるかを確認するといいでしょう。
もし、ホームぺージが無い場合は疑っておくといいと思います。

まとめ

ここまで洗濯機についてご説明させて頂きましたが参考になる物はございましたか?
洗濯機は一家に一台は欠かせない家電であり毎日使われる物だと思います。
洗濯機の事をよく知ることで長く安全に使っていただけると思いますのでこの記事を参考にして頂けると幸いです。

2021-07-23T14:40:56+00:00