不用品回収・遺品整理・粗大ゴミ買取から回収まで相場屋へ

傘の処分方法ってご存じですか?正しい方法をご紹介します!!

最終更新日: 2022/01/25

傘の処分方法ってご存じですか?正しい方法をご紹介します!!

各ご家庭に数本ずつはあるのではないでしょうか?こだわりのデザインや機能性のもの。また、折り畳み傘だったり。おしゃれな方ならば、レインブーツや服装に合わせてコーディネートしていらっしゃったりもしますよね。突然の雨で急遽購入したり、悪天候で壊れて買い替えたり、増えてしまうことも多い傘。

今回は、傘の処分方法をご紹介させていただきます。

傘は、雨天時に使うのが当たり前のように感じる日本ですが、世界ではまず日傘が浸透し、後に雨傘が発展してきたそうです。

傘の種類

雨傘

日傘

兼用傘

・雨傘にUV加工

・日傘に防水加工

の、4種類があります。

傘の形状

長傘

折りたたみ傘

逆さ傘 ※傘を閉じたときに濡れた面が内側になります。

処分方法

ごみとして廃棄する

分解してそれぞれ分別し、ごみの日に出しましょう。または、そのままの状態で指定袋におさまれば不燃ごみとして出します。粗大ごみの扱いになることもあります。自治体によってルールが違いますので、広報誌やホームページなどをご覧になってくださいね。

★神戸市の場合は、多少先が袋から出ても構いませんので、45リットルの指定袋に斜めに差し込むなど、できるだけ奥まで入れて口をしっかり結んで出してください。と記載がありました!

一般的なビニール傘を解体すると、ビニール生地・プラスチック(傘の先端、持ち手)・骨組みの金属に分けることができます。

買い取ってもらう・売却する

ブランド物や、新品に近いものなどは買い取ってもらったり、自身で売却をすることも検討してみましょう。

インターネット上で個人間のやり取りをする場合は、トラブルに発展しないよう細心の注意をはらいましょう。

譲る・寄付する

ご親族やお知り合いに譲るのも処分方法の一つと言えます。

また、寄付を受け付けておられる団体もとてもたくさんあります!

不用品回収業者に依頼する

たくさんの傘にお困りだったり、他にも処分するものがたくさんある場合には、不用品回収業者に依頼するのも手です。買取に強みがある業者や、無料回収を定期的に行っている業者も存在していますよ。

最後に

リユース可能な状態のものを簡単にごみとは呼ばないで!

相場屋で回収をさせていただいた傘の中でも、まだまだ使えるものは海外へ輸出しリユースされていたりもします。もちろんまとめてたくさんの傘の回収もご対応可能ですよ!お気軽にお問い合わせくださいね。

傘の処分方法アレコレをまとめて紹介させていただきました。何かのきっかけになったり、お役に立てておりましたら幸いです。最後までお読みいただきありがとうございました。