ボーリングの球には寿命があります。定期的な交換が必須であるなら、その処分方法とは?

最終更新日: 2022/06/25

ボーリングの球には寿命があります。定期的な交換が必須であるなら、その処分方法とは?

ボーリングを本格的に楽しまれている方なら、きっとお持ちのマイボール。
重さや素材、穴の位置など、こだわるほどに成績にもググッと影響してくる大事な存在です。
しかし、不要となった時には、どのように処分すればいいのでしょうか。
今回は、ボウリングの球についていろいろと調べていきたいと思います。

ボーリングの球は、購入した方がいいの?

一般的には、ボーリングを楽しむ際、ボーリング場に用意されているボールを使用すると思います。
重さや大きさがいろいろと揃い、ご自身で選んでレーンへ持っていきますよね。
このボールを、ハウスボールと呼びます。

対して、自分専用のボールを用意される方も。
一見同じように見えて、ボウリングの球の素材はさまざま。重さも選べ、穴の位置も自分専用に掘ってもらうことが可能です。また、お好みで、ツルツルの表面をわざと荒く研磨し、ざらつきを加え、摩擦を作り出すことも。
使いやすいように手を加えることができるマイボールは、ボウリングを楽しむ方にとって、憧れの品だと言えるかもしれません。

マイボールのお値段

さて、そんなマイボール。作るとなると、いくらほどするのでしょうか。
ボーリングボールの価格帯は幅広く、下は数千円から、上は30万円以上の物まで。趣味ではじめるのであれば、2万円が目安と言われています。
ただ、注意点がひとつ。
マイボールを購入すると、穴の開いていないまん丸の状態で届くことを知っておかなければいけません。そして、穴を作ってもらうためには、ドリル代がかかります。それを知らず、予算オーバーされる方も。
マイボールを手に入れるには、マイボール代とドリル代の両方が必要!これが重要です。

ちなみに、穴を作ってもらうには、おおよそ5,000円ほどかかります。
また、確実に作ってもらえるわけでもなく、”持ち込みの球には掘らない”というお店もありますので、購入店とドリルを別で考えておられる方は、事前に確認が必要です。

ボーリングの球は少々お値段が張るもの。しかし、こだわりの素材をこだわりのサイズで掘ってもらえれば、確実に素晴らしい武器となりますよ。

ボウリングボールの素材

ボウリングの球を選ぶには、重さや大きさだけでなく、素材も確認する必要があります。というのも、素材により、スピードやカーブのしやすさに大きな違いが生まれるから。
では、それぞれの素材にどのような特性があるのか、見ていきましょう。

ポリエステル製

ポリエステル製は、初めてマイボールを購入される方におすすめの素材です。
ポリエステルには安定性があり、真っ直ぐに転がるという特徴があります。つまりこれは、狙いを定めやすいということになり、スペアを狙いたい時にピッタリ。
残りのピンを的確に狙えることから、ほとんどのプロボーラーが、スペア用として別に用意している球でもあります。

ポリエステルは、初心者からプロボーラーまで、幅広く愛されている素材です。

ウレタン製

ボウリング場のハウスボールに多く使われているのが、ウレタン製のボールです。
ウレタンは軽く、レーンに施されている表面加工と同じ素材であることからカーブがかかりやすく、動きも読みやすく、初心者であっても扱いやすいボールだといえます。
また、他の素材と比較して劣化し辛く、長く愛用することができるのも、特徴のひとつです。

通い詰めているボーリング場があり、そこのハウスボールがウレタン製であるなら、使い慣れたウレタンを初めてのマイボールにしてもいいかもしれません。

リアクティブ製

多くのプロボウラーが愛用しているのが、リアクティブ製のボールです。

リアクティブ素材とは、表面となるカバーストックに色々な素材を使用している物のこと。素材により、パール・ソリッド・ハイブリッドの3種類があります。

パールタイプはオイルに弱いため、レーン奥(オイルの無い部分)でよく曲がります。

ソリッドタイプはオイルを吸収して曲がる仕様。

ハイブリッドタイプはパールとソリッドの複合版で、ハイスコアを狙いたい上級者向きとなっています。

リアクティブ製のボーリングの球はとても良くできており、登場時にはハイテクボウリングボールとも言われるほど。投げた際の走りや摩擦力の高さ、キレの鋭さを求める方に使って欲しい球だと言えます。

ボウリングボールの寿命とは

素材や使い方でズレはあるものの、100ゲームが買い替えの目安だと言われています。つまり、週に1度、1回あたり10ゲームをプレイするのであれば、およそ2~3か月で寿命が来てしまうと言うことに。
いつまでも使えそうな見た目なので、「意外に短い」と思われる方も多いのではないでしょうか。

ボウリングの球は消耗品!
一度買えば長く、ずっと使えるものだと勘違いしないよう、気をつけましょう。

ちなみに、上記の目安は、しっかりとお手入れを行うプロによるもの。一般の方で、メンテナンス不足があるなら、もしかすると、もっと短いスパンで性能が落ちてくる可能性もあると考えましょう。

お手入れの仕方

ボウリングのレーンには、オイルが塗られています。球はその上を転がりますので、表面はオイルまみれに。また、表面だけでなく、吸収されてしまうオイルも。表面のオイルはしっかりと拭き取り、吸収したオイルは定期的に抜いてあげることが重要です。
また、表面にキズもつきます。しっかりと磨くことが、正確な転がりにも繋がります。

<日常>

  1. 表面のオイルを拭き取ります。マイクロファイバータオルがおすすめ。
  2. 次にボールクリーナーを付け、しっかりと拭き上げます。

<30ゲーム毎に>

  1. 全体にオイルリムーバーを伸ばし、15分ほど置きます。
  2. しっかりと拭き上げます。

<50ゲーム目安>

  1. コンパウンドを付け、磨きます。

 ・プロショップで磨いてもらってもいいでしょう。

<70ゲーム目安>

  1. バケツに60℃以下のお湯をはり、ボールをつけ、オイル抜きをします。
  2. 30分ほどつけるとオイルが浮いてくるので、お湯をかえ、もう一度。
  3. お湯から出したらタオルで拭き、日陰で自然乾燥(2日ほど)。

 ・プロショップでオイル抜きしてもらう方法もあります。

オイルを吸収するほど、球はすべりやすくなります。
「曲がらないな」と感じるなら、それはお手入れ不足かもしれません。

劣化はどう判断するのか

寿命を迎えると、ボールの指穴あたりにヒビが見られるようになります。また、ボールの表面に傷も見えてくるでしょう。
こうなると、替え時。
というのも、ボールの劣化をそのままにしてゲームをすれば、レーンを傷つけてしまう恐れがあるのです。
レーンを大事に使うのは、ボーリングを楽しむ人としてのマナー。
劣化を見つけたら早めの交換が大事ですよ。

他、ヒビや傷は見られなくても、投げた時に変な曲がり方をするなど、いままでと具合が変わってきたと感じるなら、それも劣化の目安と言えます。

ボーリングボールの処分の方法

劣化したボウリングの球、処分するにはどのようしたらいいのでしょうか。
自治体により対応はさまざまですが、ざっくりと4つの方法をご紹介したいと思います。

譲る

状態の良いボーリングの球であれば、リサイクルショップやオークションサイト、フリマアプリなどを使い、誰かに譲るのもいいでしょう。
相場感は、1,000円程度。ブランドがあれば、数千円までは上がるかもしれません。
ただ、そんなに高値にはならなくても、ゴミではなく、もう一度活躍の場が生まれるのは嬉しいこと。
ぜひ、一度チャレンジしてみて欲しいと思います。

購入店に依頼

使い込み、劣化が見られるボーリングの球であれば、処分を考えなければいけません。
そのような場合は、購入したお店に相談してみましょう。お店によって対応は異なりますが、引き取ってもらえることもあります。
引き取り可能であった場合の処分料は、無料~数百円程度。
引き取りを行ってない場合もありますので、まずは確認してみましょう。

自治体に依頼

自治体の焼却炉が高温処理可能な場合、ボウリングの球は、可燃ゴミとしての引き受けが可能です。
粉々に砕き、チップ状にして再利用をする自治体であれば資源ゴミとなりますし、難しい場合には不燃ゴミ、サイズ的に粗大ゴミとなる場合も。
さらには、適正処理困難物として、ボーリングの球の受け入れを行っていない自治体もあります。

ボウリングの球の扱いはとても難しく、自治体によって対応が大きく変わります。
自治体での処分を検討される場合には、事前確認をしっかりと行うことを心がけましょう。

※ 三田市では、ボウリングの球の処分は不可となっています。詳細はコチラへ。

※ 尼崎市では、金属製小型ゴミとなっています。詳細はコチラへ。

不用品回収業者に依頼

自治体だと引き取りがややこしいボウリングの球ですが、不用品回収業者であれば、問題なく可能です。
そして私ども相場屋でも、ボーリングの球の引き取りは行っております。
球が大量にあって大変……ということはあまり無いかもしれませんが、例えば球以外にも処分したい物がある時、不用品回収業者であればまとめて依頼することが可能です。
家電、家具、衣類、本など、なんでもOK。
家を丸ごとお片付けしたい時など、便利に使って頂けますよ!

ただ、不用品回収業者だと、処分の際に費用がかかります。
自治体に依頼する費用より、少し高い設定かもしれません。
しかし、その分、メリットはたくさんあります!

相場屋であれば、以下をお約束致します。

  • 電話一本でOK。搬出の手間は不要です。
  • ご希望の日時でお伺いできます。即日でも大丈夫!
  • さまざまな不用品を一気にまとめて回収可能です。
  • 回収した品の中に売買できる品があれば、得た利益はお客様へ還元します。

いろいろ悩みながら処分を行うよりも、相場屋で一発解決した方が楽々すっきり!
お困りの際は、ぜひご検討くださいね。

※ 相場屋のサービス内容については、コチラもご覧ください。

まとめ

ボウリングは、とても健康に良いスポーツのひとつ。
まず、有酸素運動であること。新陳代謝を活発にして、糖尿病や高血圧など生活習慣病の予防になります。
そして、足腰の筋力を強化。高齢者であれば、転倒事故の防止にもつながるでしょう。
さらには、心臓への負担が少なく、危険性の抑えられたスポーツでもあるのです。
ぜひ、積極的に楽しんで欲しい!そして、使わなくなったボウリングの球の処分は適切に行ってくださいね。