スノボーやスキー板の処分!冬のレジャー道具はどう手放せばいい?

//スノボーやスキー板の処分!冬のレジャー道具はどう手放せばいい?

スノボーやスキー板の処分!冬のレジャー道具はどう手放せばいい?

冬のレジャーとして最も印象が強いのがスキーやスノボーではないでしょうか?毎年雪山に出かけるという方もいらっしゃるでしょうし、それでは飽き足らず冬場は雪山やペンションで暮らしてスキーやスノボーを行うという方もいらっしゃるほど、日本では多くの方がスキーやスノボーに興じています。

しかし、スキー板やボードなどをどのように処分していいのかわからないという方も少なくないのではないでしょうか?毎年ペンションに泊まり込むほどの方であればスキー板やスノーボードを買い換える機会もあるかもしれませんが、年に数度しか行かないという方にとってはそこまで買い換えることもないでしょう。
では、今回はスキーやスノボーにおける道具の処分方法や手放し方について考えてみましょう。

スキー板やスノボードはどう分別すればいい?

スキー板やスノボードはどう分別すればいい?
まず初めに、スキー板やスノーボードをどのように分別すればいいのかについて考えてみましょう。神戸市において、スキー板とスノーボードは大型ゴミに分類されます。つまり、通常の回収ではなく個別に回収依頼をして取りに来てもらう必要があります。

関連道具はどのようにして分別する?

では、関連用品はどのように処分すればいいのでしょうか?
まず一番分別方法がわかりにくいスキーブーツ。こちらについては基本的に靴と同じ形になるので、燃えるゴミとして処分することができます。しかし、あまり大きなものになると大型ゴミとして分類されることになりますので、まずは自治体に分別方法を確認するようにしてみてください。
また、スキーウェアは衣類と同じ方法で処分することになりますので、燃えるゴミとして分別するようにしてください。

スキー・スノボー用品に他の手放し方があるの?

スキー・スノボー用品に他の手放し方があるの?
スキー・スノボー用品における分別方法はわかっていただけたのではないかと思います。では、処分するのではなく、他に手放す方法はないのでしょうか?処分以外の手放し方について考えてみましょう。

中古品として買い取ってもらう

まずは中古品として買い取ってもらうという方法。冬にしか使用されないものでもありますが、秋頃から徐々に需要が高まり始めるので、その時期を目指して買い取ってもらうといいでしょう。スキー・スノボーをメインに買取を行っているリサイクルショップもありますし、また、フリマアプリ等でも販売することで高値で買い取ってもらうことができます。
主に高価買取してもらうことができるメーカーは、

  • アルペン
  • オガサカ
  • サロモン
  • バートン
  • ヨネックス
  • ライド
  • 辺りになりますが、これら以外のメーカーだとリサイクルショップでは買値がほとんどつかないということもあります。もしそのような無名メーカーのスキー・スノボー用品をお使いなのであれば、フリマアプリなどを利用するようにしてみてください。

    人に譲るというのは?

    では、人に譲るというのはどうなのでしょうか?本来であれば人に譲るというのは非常にいい方法なのですが、スキー・スノーボード用品の場合、あまりオススメできないというのが正直なところです。というのも、これらのものはシーズンが非常に限定されています。つまり、処分したいタイミングと他人が欲しいタイミングが少しずれてしまいがちなのです。譲ることを優先しすぎてずっと手放せないのであれば元も子もありません。もしタイミングが合えば構いませんが、必要がないのであれば買取やもしくは処分するという方法を選択した方がいいかもしれません。

    まとめ

    スキー・スノーボード用品は意外と自治体回収の中で処分することができるということがわかっていただけたのではないかと思います。あまりに多くのものがあったり、どうしても自分たちでは処分することができないということであれば不用品回収業者に依頼して処分するという方法もあるでしょう。
    また、処分す流だけではなく買取といった方法で手放すことも一度検討してみましょう。ウェアやブーツなどの関連品も買ってもらうことができれば思わぬ臨時収入になるかもしれませんよ!

    お電話用お問い合わせバナー

    2021-09-07T15:25:45+00:00