マッサージ機の処分方法!捨てる以外にも方法はあるのか?

//マッサージ機の処分方法!捨てる以外にも方法はあるのか?

マッサージ機の処分方法!捨てる以外にも方法はあるのか?

マッサージ機は現代ではあらゆる形へと変化していますが、日本では1954年にマッサージチェアの第一号機が発明されました。かつては銭湯などで利用できるものも多くあったのですが、現代ではショッピングモールにもマッサージチェアが設置されていたり、家庭でももちろん様々なところで目にするようになったのではないかと思います。また、マッサージチェアだけではなく手や目といった各所に特化したマッサージ機が出てきたというのも近年のマッサージ機における特徴といえるのではないでしょうか?では、このようなマッサージ機ですが、処分するとなるとどのようにすればいいのでしょうか?普通ゴミと同じように処分することができるのでしょうか?ここでは、マッサージ機の処分方法、また理想の手放し方について考えてみましょう。

マッサージ機はどのように分別すればいい?

マッサージ機はどのように分別すればいい?
ではまず、マッサージ機はどのように分別すればいいのでしょうか?まずマッサージ機といえば一番大型で連想しやすいマッサージチェアの処分方法からみていきましょう。マッサージチェアの場合、粗大(大型)ゴミとして処分することができます。粗大ゴミの場合、自治体に回収の依頼を行い日程を決めて、最寄りのゴミステーションや自宅の前に置いておくことで回収してもらうことが可能です。
また、それ以外のマッサージ機についてはどうでしょう?小型のものであれば燃えないゴミとして処分できそうな気もしますが、実はこちらも粗大ゴミに分類されます。また大型のタイプであれば購入したお店などに相談して回収してもらわなければならないようです。とはいえ、極端に小型なものや大型といってもその判断基準は非常に難しいものになりますから、一度自治体にお持ちのマッサージ機の形状や素材などを相談して普通に処分することができるのかを問い合わせてみるようにしてみてください。

マッサージ機は他に手放す方法はない?

マッサージ機は他に手放す方法はない?
いくらマッサージ機が必要ないからといって簡単に処分してしまうものもったいない気がしますよね。もちろん、マッサージ機はそう安価なものではなく、購入するときには大枚をはたいて購入したという方も決して少なくないでしょう。では、処分する以外により良い手放し方はないのでしょうか?

中古で販売する

まず一つ目に挙げられるのが、中古で販売するということ。マッサージ機はリサイクルショップで買取してもらう、あるいはフリマアプリ等で買取してもらうことが可能です。しかし、現代ではマッサージ機も多くの発展を遂げており、例えばマッサージチェアで例を挙げると、かつてのような大型のマッサージチェアは家庭用ではあまりみられることもなくなり、座椅子程度の比較的小型なタイプが流通しています。これらのことから考えて、あまりに古いマッサージチェアなどであればなかなか買取してもらうのが難しい、あるいはほとんど金額がつかないということも少なくないようです。いずれにしても、無料見積もりなどで買取査定を行ってもらうことで処分するのではない方法を探してみるのもいいでしょう。

他人に譲る

また、誰か必要な人に譲るというのもいい方法です。現代では様々な社会的環境から在宅で仕事をしたり、プライベートでも自宅にいる必要を求められることも多くなりました。そういったことから、自宅でマッサージ機を利用する人も決して少ないわけではありません。多少古くても性能のいいマッサージ機などであれば必要であるという方もいらっしゃるでしょう。知人に譲る以外にも、インターネットを利用して欲しい人を探すサービスも存在していますので、処分してしまうのであれば誰かに譲るという方法を検討されてもいいかもしれません。

自分で処分できない時は

自分で処分できない時は
とはいえ、マッサージ機、特に大型のものであれば処分しないで置いておくもの場所ばかり取って逆に生活しづらいということになってしまいかねません。ですが、大型なものほど自宅の外に搬出するということはなかなか簡単ではなく、むしろ処分における一番の障害と言えるのではないでしょうか。こういった時、相場屋のような不用品回収業者に回収を依頼するという方法もあります。不用品回収業者を利用することで自宅からの搬出も全て代行してもらうことができますし、粗大ゴミの回収にありがちな、回収の日程がかなり先になってしまうというようなことも起こりづらくなります。もし普通に処分することが困難であるようなら、不用品回収業者を利用するというのも一つの方法です。

まとめ

マッサージ機のあり方が少しずつ変化している現代だからこそ、どのように処分すればいいのかわからないということが起こるようになってきているといえるかもしれません。一方で、様々なマッサージ機が存在しているからこそその手放し方に多様性があるともいえるでしょう。いずれにしてもご自身にとって最もいい方法で処分する選択をするようにしてみてください。

お電話用お問い合わせバナー

2021-09-27T17:55:52+00:00