金庫を自分で処分する時の費用と方法は?

//金庫を自分で処分する時の費用と方法は?

金庫を自分で処分する時の費用と方法は?

家に金庫があるけど処分の仕方がわからない!!金庫の処分でお悩みの方がいらっしゃると思います。
そこでここでは金庫の処分方法についてご説明します。

金庫の寿命

金庫って寿命とかあるのかな?と思った方いませんか?
長い事使われていることが多い為、寿命が無いと思われていることが多いと思いますが実は製造後20年が寿命と決まっています。
寿命が過ぎたからと言ってすぐに安全面がなくなるわけではないんです!
そこで、なにを基準に寿命としているかご説明します。
金庫の寿命(耐用年数)は日本セーフ・ファニチュア協同連合会によって製造から20年と定められています。 製造から20年が過ぎると、経年劣化によって金庫の耐火性能が低下してしまうんです。 耐火性能が低下していると、万が一火災が起きた場合に収納物を守れないこともあり得ます。

金庫の種類

金庫と言ってもいくつか種類があります。耐火金庫や防盗金庫・手提げ金庫など色々な種類があるので処分前には各自どのタイプの金庫か確認しておきましょう!
タイプによりますが重いものであれば100kgを超えるものもある為持ち運びの際は十分に気を付けましょう!

                         

耐火金庫                  防盗金庫                  手提げ金庫

金庫の処分方法

一般粗大ごみでの廃棄

結論から言うと廃棄できません!
なぜなら、コンクリートでできている為、自治体では回収をおこなっていません。
そこでなぜ金庫が一般粗大ごみで処分できないかご説明します。
少し見えずらいと思いますが、右に金庫の断面図を用意しました。この画像の黄色い部分は耐火材となっています。
最近の金庫ではこの耐火材はコンクリートの物が多くその外周部を鉄で覆っているという形になっています。
この耐火材と鉄で約1000℃までの熱をふさぐ仕事をしているのですが、耐火金庫や防盗金庫などの種類で多く使われております。
しかし手提げ金庫の場合はスチール製が多く、特殊合金を使った金庫もあります。地域にもよりますが手提げ金庫は例外で自治体での回収をしてくれる所もあるみたいです。
その為ご自宅にある金庫の種類を確認した後、自治体で回収できるのか聞いてみるといいでしょう。
自治体で回収できない場合有償での処分がほとんどですので確認をオススメ致します。

購入した店舗に引き取ってもらう

店舗にもよりますが、金庫を購入した店舗であれば間違いなく引き取ってもらうことが出来ます。しかし購入を証明する為レシートがいります。
金庫屋さんも、お客様が金庫処分に困るであることはわかっているので、無料もしくは有料にて引き取りを行っています。
金庫のサイズにも異なりますが、相場としては5000円~30000円での引き取りが妥当だと思われます。
大きな販売店であれば出張回収も行っていますが、店舗への持ち込みが基本的です。持ち込む際金庫の種類にもよりますが重たいのでケガに気を付けましょう!
購入したお店以外にも新しく購入した際引き取りを行ってくれるところもあるので一度伺ってみる事をオススメします。

鍵屋さんに引き取ってもらう

シリンダー式

金庫を処分したい時よくあるのは、金庫を処分したいけど鍵がないため中身の確認をしたいが出来ない!と言う事が多々あります。
そんな時金庫を開けるために鍵屋さんに依頼すると思います。店舗によって異なりますが鍵を開けた際そのまま処分をしてくれる業者さんもあります。
また、開錠なしに出張処分をしてくれている業者さんもいるため確認を徹底する必要があると思います。
鍵の種類がシリンダー式とダイヤル式があり鍵を開錠するだけでも相場では8000円~30000円程掛かかります。
また処分の際も持ち込みで処分するのか、引き取りにきてもらうかで料金が変わります。一軒家や団地などご自宅の条件によって運搬費は変わってきますが、確認してみた所引き通りの場合が約20000円~で持ち込みの場合は約15000円~となっています。こちらも店舗によって異なりますので一度ご確認を推奨します。

ダイヤル式

不要品回収業者に依頼する

業者さんに頼むのも1つの方法だと思います。
金庫1点から回収して頂けますが、搬出距離や階段作業などにより料金が異なってきます。
しかし、良い点としては金庫だけでなく他にも不要品などがある場合金庫と同じタイミングで引き取っていただけますしお客様ご自身への負担が一番少ないと思います。
重さの基準も業者によって差がありますが、相場は1kg当たり150円~250円となっています。 上記の金額に、プラス作業人数に応じた人件費や運搬費などが追加されます。
従業員が1人で運べるくらいの金庫であれば10000円前後で、2人以上必要な場合は12000円~20000円ほどかかります。
こちらも業者さんによって異なりますのでお見積もりをされることを推奨します。

まとめ

以上で金庫の処分方法をご紹介させていただきました。
参考になるのはございましたか冒頭でも説明した通り金庫はかなり重たいものになりますので、持ち運ばれる際は十分に安全に配慮したうえでの作業を行ってください。
また、その他不要品などがありましたら一度相場屋へお問い合わせてみてはいかがでしょうか?誠心誠意をもって対応させて頂きます。

2021-07-23T15:39:17+00:00