食器洗い乾燥機の注意事項と処分・買い取り方法

//食器洗い乾燥機の注意事項と処分・買い取り方法

食器洗い乾燥機の注意事項と処分・買い取り方法

皆さんこんにちは!
家にあると便利な食器洗い乾燥機ですが買い替えた時や不用になった時の処分方法をご存知ですか?
そこで今回は食器洗い乾燥機の処分方法についていくつかご説明します。

食器洗い乾燥機について

使用上の注意事項

1.食洗器は水平な所に設置し使用してください。
傾いた所に設置すると感想や洗浄で効果が薄れたり、水漏れの恐れがあります。
2.。本体内にピンや針金等金属類を入れないようにしましょう。
異常作動を起こし感電やケガの恐れがあります。
3.プラグなどにほこりが付いている際は綺麗にふき取りましょう。
プラグにほこりが溜まると湿気などで絶縁不良となり火災になる事もあります。
4.本体のフィルター枠や排気口はふきんなどでふさがないようにしましょう。
排気が出来ず熱気がこもり本体の変形・故障につながります。

洗えない食器

食洗器では洗えない食器もあるのはご存じですか?
これから洗えない食器とその理由も説明していきます。
1.漆器を使った食器(主に百貨店などで販売されているお椀が多いです)
木を用いた漆器はとにかくデリケート。高温や急激な温度変化・衝撃に弱いという特徴があります。そのため、食洗機で洗うと熱や水圧でひずみやひび割れがおきたり、漆がはがれるおそれがあります。
2.金・銀メッキの物(主にフォークやスプーン・ナイフなど)
これは、知らなかった人も多いのではないですか?
金・銀メッキを施したカトラリーや食器類は、食洗機用洗剤や熱の影響を受けやすいという特徴があります。そのため食洗機で洗うと酸化・変色する可能性があります。
3.銀・アルミ・錫・銅製の物(鍋類)
銀・アルミ・錫・銅はこちらも同様に食洗機用洗剤や熱の影響を受けやすいという特徴があります。そのため食洗機で洗うと酸化・変色するおそれがあります。また鉄は、さびる場合があります。
鍋などに錆がちいている一つの原因かもしれません。
4.プラスチック製の食器等
プラスチック製のものは二奈さんご存じ熱に弱いという特徴があります。そのため、50~80℃のお湯を使用する食洗機で洗うと、変形・変色する可能性があります。
しかし、例外として商品によっては耐熱されている物も最近増えてきましたので確認をしていれば使えるかもしれません。
5.小さすぎるもの・軽すぎるもの
子ども用の食器など、小さいものや軽いものは、洗浄水の水圧で飛ばされることもあります。なので食洗機で洗うと破損したり、ヒーターに触れ食洗機の故障の原因になる可能性があります。
以上が食洗器で洗えない物です。他にもあるかもしれませんが、一度使われる前にはよく確認するようにお願いします。

食洗器を使ううメリット・デメリット

食洗器にもメリット・デメリットがある為紹介させて頂きます。
メリット
1.時間の節約
1つ目は、圧倒的に時間の節約ができます。更に最近では時間だけでなく光熱費も節約することができます。
あくまで、1つの事例ですが、1年間手洗いと食洗器を比べてみた所手洗いは冬場お湯でしたもので計算しています。
【手洗いの場合】
年間でガス81.62㎥、水道47.45㎥を使用:光熱費は年間約25,510円
【食洗機の場合】
年間で電気525.20kwh、水道10.80㎥を使用 :光熱費は年間約16,640円かかることがわかりました。
見て頂いたらわかる通り年間で約8,870円食洗器の方が節約できています。
2.洗いにくい物も洗える
スライサーや刃物・おろし器など手で洗うのには少し手間がかかるものでも楽に洗えちゃうのがとっても魅力的です。
3.高温だから衛生面も安心
食洗器では、50~80℃の高温で洗うため菌の除菌にも適しています。
その為、食洗器に入れることによって衛生面が安心できます。
4.手荒れ防止になる
食器洗いによって手があれてしまった人はたくさんいると思います。
しかし食洗器では全て機械が行うため手荒れの心配がなくなります。

デメリット
1.食洗器に場所を取られる
食洗器はそれなりに大きいものが多いです。
更に設置場所は自然とキッチン周りになる事が多いと思いますが、食洗器に場所をとられその他のスペースが小さくなる事がよく聞きます。
最近では小型のものも出てきましたがそれでも場所は取ると思いますので、購入される前に設置場所の確保を優先しておくといいでしょう。
2.音がする
こちらもよく聞く騒音問題です。
食洗器は機械の為作動中は音も出ます。そしてそれがうるさいと感じる人も少なくありません。
その為購入前には、騒音トラブルにならないように壁の薄さや、外部への音漏れ防止をしておくと良いでしょう。
3.食洗器専用の洗剤がいる
種類にも異なりますがほとんどの食洗器には専用の洗剤が必要になってきます。
普通の洗剤よりも少し高めの為少しコストがかかってきます。
4.手入れが必要
食べ物のカスなどが庫内の「残菜フィルター」に溜まるので、それを定期的に取り除く必要があります。1週間に1回程度でやるといいでしょう。サボると汚れ落ちが悪くなるので定期的な作業は欠かせません。
作業自体は簡単で、ティッシュペーパーなどで金網を擦れば簡単に取り除けるので、1分も掛からないです。
あとは庫内に油汚れのようなものが堆積していくのですが、擦っても取れないので諦めています。水垢などは、クエン酸や「庫内クリーナー」などを入れて、食器を入れずに運転するだけでOKです。月1でやっていますが、手間はほとんど掛かりません。

食器洗い乾燥機処分方法

自治体で処分する

自治体内で処分する場合は、まず処分費が安いか場所によって無料になるという事です。その反面で自分で処分場所にまで持っていかなければならないという事と日時が決められているという事です。尚、食洗機は一般的には粗大ごみとして捨てることが出来ますが場所によっては違う場合もありますのでその辺はあらかじめ確認しておく必要があります。

業者に処分してもらう

業者に依頼する場合は、自治体とはほぼ真逆みたいなもので、自分で運ぶ必要がない事と日時が指定出来る事、更に他の不用品も一緒に運んでくれるという事で、その反面で処分費が高く、ビルトイン型は回収前に食洗機を取りはずす必要があるという事です。引き取りや下取りは食洗器を買い替える際に利用すれば買い替えと同時に処分してもらえるので大変便利です。

引き取りや下取りをてもらう

もし食洗器を買い替える場合は販売店での引き取りや下取りが利用出来る事があるのであらかじめ確認しておくと良いでしょう。ですが、引き取り・下取りだけの依頼は出来ないのと対象メーカー・機種が限定される事があるので注意してください。

食器洗い乾燥機買い取り

食洗機意外と高く売れる?

ここ最近、食洗機の中古需要が急増しています。理由は、家事の時短になりやすいからです。主に夫婦共働きのご家庭や子育て中の家庭を中心に人気が急増しています。そのため、状態良い食洗器は高く買い取ってもらえる可能性が高いのです。食洗機の買取金額目安は、以下を参考にしてみてください。

詳しくはこちらをご覧下さい。

※尚、買取相場は日々変動していますので売却される際は予めご確認ください。

買取専門業者で売却する場合

1・状態が良い、動作が正常、人気の機種は買取可能

食洗機で買取してもらえる主な条件は、「使用感が少ない」「人気ブランド不具合や故障がない」「年式が新しい」「目立つ傷・汚れ・ひどい臭いがない」「付属品がそろっている」などとなっています。

2・故障、動作しない、不人気の機種は買取不可

「不具合や故障がある」「年式が古い」「不人気・無名ブランド
海外製の粗悪品」「汚れやひどい臭いがある」などは買取不可となっています。

その他

1・ネットオークション等で売る

ネットオークションやフリマアプリで利用して食洗器を売る事も出来ます。中古品の食洗器を探している人が多いのも事実で、早期で落札される事も期待できると思います。尚、ネットオークションやフリマアプリで出品する際には、年式、型番など詳細を記載し写真も出来るだけ多く添付する必要があります。さらに配送料や配送方法も明示しておく事も必要です。

2・ネット審査が出来て、回収してもらえる業者を頼る

リサイクルショップや不用品回収業者に依頼した場合、再販可能な食洗器を買い取ってもらえます。ネットで審査を依頼出来る所であれば、わざわざ持っていか無くても買取金額が知る事が出来ます。尚、業者の回収方法は業者の店頭に直接持ち込む「店頭持ち込み」、宅配便で業者に送付する「宅配回収」、日時・場所を指定し、業者に直接回収してもらう「出張回収」などがあげられます。

まとめ

いかがでしたでしょうか。
今回は食洗器(食器洗い乾燥機)についてまとめてみました。
特に食洗機を買い替えようと思っているけど処分はどうしようか迷ってる方や、捨てようと考えてるけど捨てるまでが面倒くさいという方に読んで頂けていたら幸いです。
相場屋でしたら食洗器を引き取る際に不要になった家具やゴミ、鉄類などの回収も出来ますので一度お問合せしてみてはいかがでしょうか?
皆様からのお問合せお待ちしております。

2021-07-23T15:42:55+00:00