不用品回収・遺品整理・粗大ゴミ買取から回収まで相場屋へ

掃除機やお掃除ロボットの処分方法解説します。あんな方法からこんな方法まで?!

最終更新日: 2021/12/08

掃除機やお掃除ロボットの処分方法解説します。あんな方法からこんな方法まで?!

大きなサイズのものから小さなハンディタイプまでさまざまある掃除機ですが、おそらく各家庭に一台以上はお持ちなのではないでしょうか。

一般的な掃除機以外にも、何かを掃除するために特化したものやロボットもあり、たくさんの種類にあふれています。

ところで、そんな掃除機の処分方法考えたことはありますか?今回は掃除機の処分方法について解説していきたいと思います。

掃除機の種類

●キャニスター型

●スティック型

●ハンディ型

●ロボット型

上記4型に種類分けされ、

そして●サイクロン●紙パックや、●コードレス●コード式を選択でき、

さらに細かく、ヘッドの形や吸引力の違い、重さや機能性、専門性などの面から見てもとてもいろいろな掃除機があります。

処分方法

一般ごみとして扱う?

ごみとして廃棄するとなると不燃ごみまたは、粗大ごみとなります。

自治体のごみ回収に出す場合は、自治体ごとのルールを守りモラルに反しない廃棄をしましょう。

ご存じ方思いますが、粗大ごみの回収利用は少々手間がかかります。

(事前連絡せず直接持ち込みOKの自治体もあります)

まずは、粗大ごみの回収受付窓口に問い合わせましょう!

※加西市のように、条件を満たすご家庭への戸別収集サービスを行っている自治体も多々あります。

買い替え時に引き取ってもらう

掃除機の買い替え時に、購入店舗にて引き取りをしてもらえます。

場合によっては下取りということにもなり得ますので、この方法が一番合理的ではないでしょうか。

小型家電リサイクルボックスに投入する

とても気軽に利用ができる回収ボックスですが、各自治体ごとに投入口のサイズが若干違ってきます。

さまざまな場所に設置されていますので、この機会にお近くのリサイクルボックスの場所を確認してみては?

また、回収品目についてですが、自治体によっては細かに定められているところもあり投入口に入るからと言っても回収してもらえない場合があります。

お住まいの自治体の情報をご確認下さいね!

小型家電の拠点回収サービスを行っている自治体も多く存在します。無料で処分できるのはありがたいですね。

※神戸市は縦30cm横40cm奥行35cm

※淡路市は横25cm縦15cm

リサイクルショップなどで買取してもらう

年式や型式が比較的新しかったり、ほとんど使用していなかったり、人気のものを丁寧に扱って保管していたり。

査定で思ったより価値が高くついた!!なんてラッキーもあるかもしれません。

高価買取でなくても、不要となったものに少しでも査定金額が付けてもらえれば嬉しい気持ちになれますよね。

ごみとして捨ててしまうにはもったいないと思える状態の掃除機ならお勧めできる方法です。

オークションやフリマに出品する

リサイクルショップで買取査定してもらう場合と同じように、年式や型式が比較的新しかったり、ほとんど使用していなかったり、人気のものを丁寧に扱って保管していたなら思いがけず高く売却できるかもしれません。

出品から梱包発送までの手間や労力を惜しまないのであれば良い方法と言えますね。

また、ジャンク品の流通もあるのがオークションの面白いところではないかと思います。

不用品回収業者に引き取り依頼する

地域によっては、不用品無料回収業者のチラシがポストインされていたりもしませんか?

その業者の指定日時に指定場所へ運ぶ方法もありますし、ご自身で業者を探し依頼するのも一つの方法です。

掃除機以外に片付けたいものが数多く、引っ越しのような作業になってしまう場合でも、専門業者に依頼すれば安心です。

まとめ

最後まで読み進めていただきありがとうございます。

何かお役に立てる情報は発信出来ておりますでしょうか。

相場屋では、ホームページでの不用品コラム以外にもインスタグラムでミニコラム発信やSTAFFの日常の発信をさせていただいております。

是非のぞいてみてくださいね!