相場屋の不用品コラム

/相場屋の不用品コラム

「遺品整理はどこに依頼すればいい?」遺品整理の方法と注意点まとめ

大切な方を亡くしてしまったとき、ご遺族はたいへん心を痛めているにも関わらず、あらゆる手続きをこなす必要に迫られます。

やっと葬儀を終えたと思えば、次は遺品整理です。膨大な作業量のある遺品整理はこのような状況にあるご遺族の方たちだけではなかなか対応できないでしょう。そんなときは専門業者に依頼することをおすすめします。こちらでは、遺品整理の方法や、依頼先についてお伝えしましょう。

遺品整理の重要性

「遺品整理」とは、亡くなられた方の生前の持ち物を整理し、住居をもとの状態へ戻すことを指します。

人間は、生きている間にたくさんの物を所有しています。金銭的価値のある品物もあれば、大切な思い出の品物もあるでしょう。そんな亡くなられた方の持ち物を分別することなく、すべて破棄してしまったとしたら、故人や遺族の方の思いに寄り添うことはできません。そこで、不要なものと重要なものを分別し、適切に片付けを行う遺品整理が重要となってきます。

また、故人の住居をきれいな状態へ戻し、賃貸物件であれば退去ができる状態を整えることも、遺品整理の大切な役割といえます。

「遺品整理はどこに依頼すればいい?」遺品整理の方法と注意点まとめ 2019-06-04T22:36:38+00:00

汚部屋を片付けてきれいに!最高に効率的な片付け方とは?

汚部屋に頭を悩ませている方もいらっしゃるでしょう。
何とか片付けたいと思いながらもなかなか片付けられなかった結果に汚部屋があるのですから、なかなか改善するのは難しいものです。

とはいえ、ずっとそのままにしておくというのも様々な面から考えてもできないものですよね。
では、汚部屋を効率的に片付ける方法とはどういったものなのでしょうか?

汚部屋を片付けよう!

汚部屋に頭を悩ませている方、その精神的な負担はなかなかのものだと思います。
しかし、まずはその段階に至っていない方もいらっしゃいますよね。

そもそも根本的なお話ですが、なぜ汚部屋は片付けなければならないのでしょうか?

汚部屋は衛生的な問題を抱えてしまっていることが多いといえます。
例えば食べたカップラーメンの容器を汁ごと机に置いている、使用した調理器具も洗わずに台所に溜まりっぱなしという状況であれば、確実に異臭を伴うでしょう。

また、それを原因として様々な害虫を集めてしまうことになりますよね。

このような状況になると、外出する衣類に異臭がついてしまう、害虫などによって自己所有物に大きなダメージに見舞われてしまうなどの可能性もあります。
それにより、外出したときに他人から「異臭がする」「持ち物が汚い」と白い目で見られてしまう恐れもありますよね。

また、自分が汚いと思われるだけならまだ自己責任で済むかもしれませんが、近隣の住民のお宅に異臭がしたり、害虫などが入り込んでしまう可能性も考えることができます。

つまり、「ただ汚い」では済まされない可能性があるのです。

汚部屋を片付けるメリットとは?

さらに汚部屋を片付けることは自身にとっても大きなメリットがあります。

まずは精神的なメリット。
汚部屋を片付けてきれいに!最高に効率的な片付け方とは? 2019-06-04T22:36:29+00:00

不用品を整理する費用はどうやって決まっているのだろう?

生活の中で出てくる不用品を処分したいという時、自分で処分できない家具や大型家電は業者に依頼するということになるでしょう。

費用がかかるというのはお分かりだと思うのですが、不用品を整理するのには一体どれくらいの費用がかかるものなのでしょうか?
また、費用はどうやって構成されているのでしょうか?

不用品を整理する費用の内訳は?

では実際、不用品を整理するのにはどのような費用がかかるものなのでしょう。
不用品の整理を行うのにかかる費用は、おおむね下記の合計から算出されることになります。

不用品の量

まずは不用品の量が挙げられるでしょう。
家具などの大きな不用品などから小型家電まで、さまざまな不用品のトータルの物量によって料金が算定されます。

また、トラックのサイズなどで金額を算定される業者も存在しますが、それも主に不用品の量とリンクするとお考え下さい。

人件費

不用品を整理するスタッフにも費用がかかってきます。
根本的な作業内容によって人件費は算定されることになり、その基本金額×人数分の費用が発生するのが一般的だといえるでしょう。

特殊作業費

作業の中に特殊な作業が含まれる場合は特殊作業として費用が発生することがあります。
例えば高所作業、エアコンの取り外し、階段降ろしなどが挙げられるでしょう。

リサイクル料金

大型家電の一部、冷蔵庫や洗濯機などを処理する際はリサイクル料金というものが発生します。
冷蔵庫やテレビであればその容量やサイズ、洗濯機であれば形状などによってリサイクル料金は異なることがあります。

その他

その他、何らかの作業や特殊な不用品、もしくは別途諸経費がかかる場合、料金が発生することがあります。
わかりやすいものでいえば、交通費や作業にかかる部材の費用などが挙げられます。

一般的にどのようなものでどれくらいの費用が発生するのかは業者に確認すれば教えてもらえるはずですので、不当に請求されていないか見極めるポイントになるかもしれません。

最後に

不用品を処理する際の費用は業者によってまちまち。
上記のはあくまで例ですので、このような内訳はない場合も存在します。

しかしやはり費用は気になるものですから、上記の内訳を参考に自分が納得できるように見積り時にでもしっかりと業者に確認するようにしましょう。

お電話用お問い合わせバナー

不用品を整理する費用はどうやって決まっているのだろう? 2019-06-04T22:36:20+00:00

不用品の買取、家具も買取してもらえるものなの?

不用品の買取を行う方法というのは昔に比べて非常に多岐にわたるようになってきた時代だといえるでしょう。

リサイクルショップなどの買取もそうですが、インターネットオークション、また個人間で売買が行えるサービスなど、リサイクル業界にも目まぐるしい変化があるといえます。

しかし、大型なものを売却された経験をお持ちの方は少ないかもしれません。

特に家具。
購入した時はそれなりの値段になるものですが、中古品として買取してもらうことは果たして可能なのでしょうか?

家具の買取って可能なの?

意外と意識したこともないかもしれませんが、そもそも家具の買取って行ってもらうことはできるのでしょうか?

答えは「ほぼNO」です。

具体的にはどういうことなのかといいますと、高級な家具であれば一部買取してもらえるものもあります。

例えば海外製のブランド家具。
家具の状態がよく、使用感も少ないものであれば中古品で安価になる家具の買取を行ってもらえるケースも少なくありません。

また 不用品の買取、家具も買取してもらえるものなの? 2019-06-04T22:36:11+00:00

不用品を捨てれない!?捨てないことで捨てている「メリット」って?

日本全国、どんな地域に暮らしている人でも切って離せないのは「ゴミ」。

市民にゴミ出しや分別を正しく行ってもらうため、意識を高め、正しい行動を啓発する取り組みが各自治体に求められています。

とはいえ、近隣のごみステーションなどにゴミとして出せるものとは別に、さまざまな不用品が家の中にはあるのではないでしょうか。

今回はそんな不用品に目を向けてみましょう。

捨てない「不用品」はメリットを「捨てている」

意外と不用品というのは自宅に眠っているものです。
「じゃあ捨ててしまえばいいじゃない」と聞こえてきそうですが、そんな不用品はこれもまた意外に捨てられません。

たとえば、洋服。
いつでも処分できるものの代表格でしょうが、いつか着るかも、誰かが着るかも、高価だったから、と様々な理由によって捨てないものです。

特に女性にとっては、不用品だという認識は持ちづらいもの。
体型が変わったなどの理由くらいでは服の量を減らすのは難しいことかもしれません。

しかし、一説には服の数は、片付けると80%も減らせるといわれています。
タンスやクローゼットにそれだけの不用品が眠っているなんて驚きですが、1年で10~20セットの服があれば十分過ごせるというように考えると、確かにそのようにも感じます。

また、家具。
これは単純に捨てづらさから不用品であるということを無視している可能性もあります。

正直、多少傷や壊れている箇所があっても家具は使用できるものですから、わざわざ捨てようという考え方には至りません。

しかし、「洋服+家具」で考えてみるとどうですか?
例えば、今お持ちの洋服が80%なくなったとします。それだと今それを収納しているタンスなどは不要になるでしょう。

タンスでなくとも、近年ではウォークインクローゼットなどが備え付けであるお家も少なくありません。
そのような場合だとウォークインクローゼットの中がスッキリと片付きますから、スペースも確保しやすくなり、様々なメリットがあります。

両者とも一見「邪魔ではないもの」。
不用品を捨てれない!?捨てないことで捨てている「メリット」って? 2019-06-02T22:46:46+00:00

廃品として回収された服はどうなるの?

最近では自治体でも服を回収しているところも少なくありません。
また、このような古着を回収している業者というものも増えてきています。

では、このように回収された古着はその後どのようになっているのでしょうか?
皆さんが処分された古着の行方について考えてみましょう。

回収された服はどこにいく?

自治体や業者などで回収された不用品はどこに向かうのでしょうか?
以下に回収された古着の行き先をまとめてみました。

リサイクルショップで販売

回収された古着の中で、状態もよくまだ人気の高いものであると、リサイクルショップにて再販される場合があります。

基本的には国内で回収を行う業者が集められた衣類を仕分けし、国内で再販されることで再度流通経路にのることになります。

海外へ輸出

日本で使い古された衣類は海外へ輸出されるというこもあります。
日本の衣類は非常に品質が高く、長年使用するという面においてもとても優れているため人気が高いのです。

主に体の大きさから東南アジアなどに輸出され、現地で再利用されることが多いといえるでしょう。

また発展途上国への寄付としての輸出も行われています。

工業用ウエスとして加工

古着のなかではどうしてももう一度着るのがが難しい状態の衣類もあります。

そういったものは工業用ウエスとして加工されるのです。
廃品として回収された服はどうなるの? 2019-06-02T22:45:12+00:00

ゴミ処分の業者を利用する!選び方は?費用は?

引越しや様々なタイミングで多くのゴミを処分したいとなる時があります。
しかし、自分たちだけでは大きな家具などを処分するのはなかなか大変なものです。

そんなときに便利なのはゴミ処分業者。利用することで様々な手間が省けます。
では、ゴミ処分業者を利用するときの選び方と費用の相場についてご紹介しましょう。

ゴミ処分業者とは?

ではそもそも、ゴミ処分業者とはどういったものなのでしょうか?

ゴミ処分業者とは、自宅にある粗大ゴミや自治体で処分を依頼するには手続き等が必要で面倒に感じるものでもすぐに対応してくれる業者のことをいいます。

そのサービスは細分化されてきており、
粗大ゴミなど、いわゆるゴミを回収・処分してもらえる不用品回収業者
亡くなられた方の遺品を整理したり、また生前に整理をお手伝いしてくれる遺品整理業者
ゴミ処分の業者を利用する!選び方は?費用は? 2019-06-02T22:44:54+00:00

違法な廃品回収業者!?「リサイクルします」にご用心!

最近では不用品回収業者が増加してきている一方、違法な不用品回収を行う「廃品回収業者」というのも存在します。

「安いし、お手軽だから」と何も考えないで依頼してしまうと、後々大きな被害を被ってしまう可能性もあるのをご存知でしたか?

今回は危険な違法の廃品回収業者を利用しないよう、そのポイントについてお伝えします。

違法な廃品回収業者を利用する危険性とは?

一見、自宅にある不用品を回収してくれる便利な存在にも感じる「廃品回収」。
ではそもそも、違法な廃品回収業者にはどのような危険性があるのでしょうか?

不法投棄で責任を負うことも!?

例えば、不要な小型家電を持っているとします。
そこで自宅の外からは廃品回収に回っている軽トラックが走っていました。
そこを呼び止め、不要な小型家電と併せて自宅の不用品を数点もっていってもらうことに。
料金を聞いてみると、それなりに大きな家具にも関わらず比較的安い料金だったので持っていってもらった、という経験をお持ちの方もいらっしゃるかもしれません。

これが廃品回収の危険性につながるのです。
なぜなら、「不法投棄」を行っている可能性があるから。

というのも、小型家電にはレアメタルなどの素材が使われてあるものもあり、一部では買取してリサイクルしてもらえるので廃品回収業者は回収を行っているのです。

しかし、それに伴って不用品を回収しても適正に処分するには処分代金がかかるため、通常採算が合わないのです。

ということは、何らかの違法性を持った処分方法を行っている可能性が生じてきます。

「でもそれは廃品回収業者が勝手に行ったことだから関係ないんじゃ?」とお考えの方もいらっしゃるのではないでしょうか?
実は、不法投棄された荷物の責任というのは原則「元々の所有者」に帰属します。
違法な廃品回収業者!?「リサイクルします」にご用心! 2019-05-22T17:27:54+00:00

空き家問題!人々が作った空き家の歴史に迫る!

空き家が現在大きな問題になっていることをご存知の方も少なくないでしょう。

しかし、考えてもみてください。
通常ただの住まいであり重宝されるはずの建物である「空き家」が、なぜ必要とされなかったのでしょうか?

理由は様々ですが、その一つとして日本で暮らしてきた人々の生活の在り方に問題があったのです。
今回はそのことについて考えてみましょう。

空き家はどこから、何から始まった?

空き家は現在大きな問題になっています。
その原因のひとつとして、「都市部に働きに出た先人たちの歴史」がありました。

空き家といえば廃墟のようなものを連想するかもしれません。
となると、そのほとんどは地方にあるようなイメージをもたらすものです。

しかし、空き家は地方だけの問題ではないのです。実は首都圏など都市部でも「空き家予備軍」が多くあるそう。

戦後、団塊の世代が首都圏へ働くために進出していきました。
そのことから団塊の世代と呼ばれる年代の方たちは出生から働き始めるまでは地方にあった実家で暮らされていたことがわかります。

しかし、首都圏に働きに出るとなると首都圏の郊外に定着したいもの。
一軒家を購入し、長時間通勤して仕事にいくという生活をされていました。

こうなるとその地方にあった実家は時が経つにつれ住人を失うことになり、結果空き家になってしまいます。

しかしその次、団塊の世代の子供の世代となった現代では次の問題が表れているのです。
それは郊外にある家から長時間通勤することを嫌がり、都心の賃貸やマンションを購入し独立している、という状況。

こうなると、たとえリタイアしてもわざわざ利便性の悪い郊外の実家に戻ることはないという考え方になってしまうます。

つまり、

空き家問題!人々が作った空き家の歴史に迫る! 2019-05-22T17:27:29+00:00

ハウスクリーニングや掃除の料金は?安くていいサービスを!

ハウスクリーニングなど、家の掃除を行ってもらうサービス、非常に便利ですよね。
水回りやエアコンなど、自分ではなかなか作業を行いにくい掃除を安い料金で行ってもらえるのなら非常にありがたいでしょう。

しかし、なかなかハウスクリーニングの料金はどれくらいの費用が掛かるのかわからないもの。
一般的にどれくらいの料金で作業してもらえるのでしょうか?

ハウスクリーニングの料金は?

ハウスクリーニングの料金はなかなか利用した経験がなければピンとこないものです。
また、どの箇所にどれほどの作業を行ってもらうのかによっても金額は異なるもの。

では、お家でハウスクリーニングを行う際、よく依頼される箇所に注目してその金額はどれくらいなのかをみてみましょう。

エアコンの掃除

夏場など、暑い時期に重宝するのがエアコン。
ただ、長年使用していて掃除もしていないと冷えも悪くなりますし、臭いやカビをまき散らしていることもあります。
最悪の場合、故障の原因につながることも。

そんなエアコンの掃除やクリーニングの料金ですが、¥9,000から¥10,000ほどで作業を依頼できます。
冷えが悪くなった、臭いがして使えないなどの症状にお悩みなら一度検討してもいい料金だといえるでしょう。

お風呂の掃除

お風呂は水回りの中でも全体的に水がかかってしまうところ。
長年使用しているお風呂の場合だとなおさらですが、どうしても水アカの汚れや排水溝の汚れ、またしつこいカビに悩まされてしまうこともあるでしょう。

そんなお風呂の掃除にかかる料金ですが、一般的な汚れだと¥12,000から¥20,000ほどが相場になります。
キレイなお風呂に入ってリフレッシュしたいとお考えの方は、一度掃除を検討してみてもいいかもしれません。

トイレの掃除

[…]

ハウスクリーニングや掃除の料金は?安くていいサービスを! 2019-05-22T17:23:19+00:00