遺品整理はいつからすべき!?始める時期と⽅法を紹介!

//遺品整理はいつからすべき!?始める時期と⽅法を紹介!

遺品整理はいつからすべき!?始める時期と⽅法を紹介!

遺品整理という言葉は近年ではより一般的になっていると思います。遺品整理はその名の通り、亡くなった方の遺品を整理することを指します。では、その遺品整理とはいつ始めるのかということを皆さんはご存知ですか?亡くなった後はお葬式に始まり、様々な手続きが必要になるものですので、実際どのタイミングで遺品整理を行えるのかもわかりませんよね。では遺品整理はいつ始めるものなのかについてご紹介していきましょう。

無理に遺品整理を行わない

まず、無理に遺品整理を行うのはやめておきましょう。
「遺品整理をしなきゃ」と焦りを感じるかもしれませんが、故人を失くされたあとのご遺族の方にとって、肉体的また精神的なダメージはそう簡単なものではありません。

まずは、故人を失くされた悲しみからご自分を立ち直らせてあげてください。

その後、徐々に遺品整理を行っていきましょう。
以下では一般的に遺品整理が行われやすい時期についてご紹介させていただきます。

遺品整理はいつから始めるべき?

遺品整理はいつから始めるべき?
では遺品整理はいつから始めるのがいいのでしょうか?
まずそもそも遺品整理は「この日から遺品整理を行わなければならない」という決まりは特にありません。例えば所有物件で遺品を一定期間そのまま放置していても特に問題ないということであれば長期間遺品整理を行う必要はないといえます。一方で賃貸物件で返却しなければ家賃が発生し続けてしまうということであれば早急に遺品整理を行う必要があるといえるでしょう。

上記のような様々な状況によって遺品整理を進めなければならないこともありますが、もしも遺品整理を行う期限が特にないとして、どの日をきっかけに遺品整理を始めるべきなのでしょうか?

葬儀が終わってからすぐ

もしお亡くなりになられた方が賃貸物件に暮らしていた場合、すぐに遺品整理を行う必要があります。先述の通り賃貸物件はどうしても家賃が発生してしまうからです。遺品整理は想像よりも時間と体力がかかってしまうもの。数日で終わる予定だったものがいろいろと思い出の品などを片付けることで想定よりも多くの時間がかかってしまうケースもあります。

また、葬儀であれば遠方に暮らしているご親族の方も集まることになるでしょう。そういったタイミングを利用して遺品整理を行うという方も多くいらっしゃいます。

諸々の手続きが済んでから

誰かが亡くなると、その方における様々な手続きを行う必要が生じます。死亡届を提出してから、電気水道やガスを止める、年金や保険金の手続き等、相当な労力がかかるものです。このためなかなか遺品整理まで手が回らないということも少なくないでしょう。そういったケースの場合、様々な手続きが完了してから遺品整理を行うということもあります。

四十九日を迎えてから

日本では多くのケースで仏教に沿って葬儀を行うでしょう。仏教の場合、故人の魂というのは四十九日まで現世をさまようという考え方があります。そのため、故人の魂が旅立つ四十九日を過ぎてから遺品整理を行うということ少なくありません。
四十九日は葬儀と同様に親族が集まることが多いため、遺品整理を行うには都合がいいタイミングかもしれませんね。

相続税が発生するまでに

故人の遺産を相続する場合、相続税がかかることになります。故人の財産が相続税における非課税額を上回っていた場合、相続税の申告書を作成して税務署に提出しなければなりません。この手続きは期限が故人が亡くなってから10か月以内に行わなければなければならず、この期間に申告と納税を行う必要があります。万が一この手続きを行わないと相続税の控除を受けることができず延滞税を支払う必要が発生してしまうことになりかねません。

相続税を算出するために遺品整理を行い相続する財産の金額を調べる必要があります。預貯金などの現金だけではなく、金銭的に価値があるものを査定し、土地や不動産などの評価額も調査しなければなりません。そういった金額を調べるには一定以上の時間が必要になります。だからこそ余裕をもって遺品整理を行っておく方がいいでしょう。

遺品整理は業者に依頼するのもいい方法

遺品整理は業者に依頼するのもいい方法
遺品整理を行うには上記のようなタイミングで行う方がいいでしょう。しかし、それぞれどのタイミングであっても遺品整理を行うには精神的にも肉体的にも負担が大きいということです。そういったことを考えると遺品整理業者に作業を依頼するというのもいい方法だといえるでしょう。遺品整理は実際に行うと想像以上の時間がかかってしまうことも少なくありません。また、家具などの大型のものを処分するとなるとなかなか自分たちでは処分することができませんし、自治体などに依頼したいと思っても暮らしているところではない場合だとどのようにして回収に来てもらうのか、そもそもわからないということもありますよね。

そういった場合、遺品整理を業者に全て依頼することでどのタイミングでも遺品整理ができることになります。何らかの手続きを行うタイミングでもいいですし、四十九日のタイミングでも構いません。自分たちで遺品整理を行うというのもいい方法ですが、なかなか難しいのであれば遺品整理業者に依頼するという方法もあるということを覚えておいて損はないでしょう。

まとめ

まとめ
遺品整理のタイミングは故人、そしてそのご家族の方の状況によって様々です。どのタイミングに行うのが正解、ということはありませんが、必ず何らかの形では遺品整理を行う必要があるでしょう。その時にどのように遺品整理を行うのか、事前に考えておく方が実際その時が訪れたときに慌てなくて済みます。そういった意味では、遺品整理はすでに始まっているのかもしれません。どのように遺品整理を行うのか、どのタイミングで遺品整理を行うべきなのか、今一度考える機会を作ってみてはいかがでしょうか。

お電話用お問い合わせバナー

2021-06-06T11:44:50+00:00