不用品回収業者にぼったくられた!?注意する点とは?

//不用品回収業者にぼったくられた!?注意する点とは?

不用品回収業者にぼったくられた!?注意する点とは?

不用品回収業者によっては悪質なぼったくりを行う業者が存在しています。悪質な不用品回収業者に引っかからないためにはどのような点に注意していればいいのでしょうか?

不用品回収というサービスは人生にそう何度も利用することがないという方が多いのではないでしょうか。だからこそより適正な価格で質の高いサービスを受けたいというのが心情だと思います。しかし、実際のところ不用品回収業者によるぼったくりを受ける方も少なくありません。事前にしっかりと確認していたつもりでも、悪徳業者であればあらゆる手を使って作業金額を上げてきます。では、実際に不用品回収のサービスを利用するとして、どのような点に注意すればぼったくりを防ぐことができるのでしょう?また、どのような方法でぼったくりが行われているのかについても考えてみましょう。

不用品回収業者によるぼったくりとは?

不用品回収業者によるぼったくりとは?
実際、不用品回収業者によるぼったくりの被害を受けたという方も決して少ないわけではありません。不用品回収は作業の内容や設定されている金額というのが業者によって大きくことなるというのがぼったくりを助長させている点だといえるかもしれません。実際、提示された金額としては高いと感じるものの、相場感が掴みにくいから、また作業の内容がハードなのに違いないから、ということで高額の回収代金を支払ったという声を耳にすることも少なくありません。
では実際、どのようなぼったくりが実際に行われているのでしょうか?

不用品回収業者によるぼったくりの事例

見積りだけ依頼したはずなのに

現在、多くの不用品回収業者が「無料見積もり」というサービスを行っています。通常の不用品回収業者であれば実際に無料で見積もりを行ってもらうことができ、実際に金額をしっかりと教えてもらうことができるのですが、悪徳業者の場合、見積りを依頼しただけに関わらず、金額を伝えただけでそのまま作業を行おうとします。「無料見積もりを依頼しただけだ」と断っても「見積もりと作業はセットだから、作業をさせてもらわないと困る」といい、そのまま作業に移り代金を請求してくるケースもあります。さらにひどい場合だと、有価物を中心に回収していくケースもあります。

追加料金はかからないと聞いたのに

不用品が少量の場合などであれば、電話で見積もりを行うということもあります。その場合、お客様からはどういったものが何点あるのかをしっかりと聞き取りし、それに伴った料金を提示、特別何かが増えた、聞いていないものがなかったなどであれば追加料金は発生しないものなのですが、実際に作業日になると「聞いていなかった」として追加料金を請求してくるという業者も存在します。

不明なオプション料金

見積りの段階では作業にかかる金額を明示されていたという場合でもぼったくりになるケースもあります。作業当日、作業が完了した後、見積り時に含まれていなかったオプション料金(高所作業、特殊作業費など)が会計時に請求され、実際の見積りよりも金額が高くなってしまうということもあります。

ぼったくりにかかってしまいやすい人は?

ぼったくりにかかってしまいやすい人は?
上記で挙げたようなぼったくりは全ての方が被害を被るというわけではありません。ぼったくりの被害にあってしまいやすい方も存在しています。実際に悪質なぼったくり業者はこういった方を中心にぼったくりを行っていることもありますので、被害に遭わないためにも注意しておくようにしてください。

断ることができない人

相手が強く出てきた場合、性格的にどうしても断ることができない方はこういったぼったくりの被害に遭いやすい傾向にあるといえるでしょう。上記で挙げたぼったくりの被害というのも毅然とした態度で立ち向かえば実際の被害からは逃れることができます。しかし、どうしてもなし崩し的に作業を依頼してしまうと料金が発生してしまうので、より安全な業者選びが必要になるといえるでしょう。

高齢者などの自分で作業ができない人

高齢者の方の場合、自分で片付けるという最終の選択肢が残されていない方もいらっしゃいます。また、身体に障害を抱える方なども同様でしょう。その場合、実際に作業を依頼するしかないのですから、そういった意味でも悪徳業者はぼったくりを行う可能性が高くなるといえるかもしれません。この場合、見積りから作業当日までに親族などの第三者が一緒に立ち会うことで被害を防ぐことができるでしょう。

ぼったくりにあったと思ったら?

ぼったくりにあったと思ったら?
上記のようにぼったくりの被害に遭ってしまいやすい方もいらっしゃいますが、注意していてもぼったくりの被害を被ってしまうこともあり得ます。では、万が一ご自身がぼったくりの被害に遭ってしまったときはどうすればいいのでしょうか?以下にその方法をまとめてみました。

警察に相談してみる

飲食店などでぼったくりに遭った場合だと警察に連絡しても意味がないというケースを耳にした方もいらっしゃるのではないでしょうか?これは日本の警察が原則「民事不介入」という原則の上に存在しているからです。確かに料金を支払ってサービスを受ける中でのトラブルということであれば民事の範囲になるため、警察は介入することができませんが、恐喝や暴行などの具体的な行為があった場合は警察も介入することができます。

また、警察を呼ぶことはぼったくりを行う不用品回収業者にとって気持ちのいいことではありません。「警察を呼ぶ」という一言はそういった業者にぼったくりを強要させない一言になるかもしれません。ぼったくりを未然に防ぐためにも警察に相談するという方法もあるということを覚えておきましょう。

弁護士や司法書士に相談

民事管轄内である以上、ぼったくりを受けた場合の刑事告訴や返金請求などを行いたいのであれば弁護士や司法書士に相談することはおすすめできます。弁護士に依頼することでぼったくりを実際に行った業者への交渉の代行、サポートなどを行ってもらうことができるのです。弁護士への報酬はもちろん固定でかかってしまうこともありますが、実際に請求が成功した場合の成功報酬制のケースも存在します。ぼったくりの被害に遭ったかもしれないと思うのであればまずは相談してみるのがいいかもしれません。

知り合いに弁護士や司法書士がいない時は法テラスへ

しかし、弁護士や司法書士といってもそう簡単に相談できるものではありません。どのように相談したらいいのか、どのように手続きを行っていくべきなのかなど、普段あまり利用することのない弁護士や司法書士とのやりとりは簡単ではないでしょう。

もし知り合いなどに弁護士や司法書士がいない場合、法テラスに連絡してみるという方法もあります。法テラスの利用については一定の条件がありますが、その条件を満たす場合であれば電話でも同じ内容について3回まで、1回30分ほどの相談を受けることができます。
また、相談を受けてくれるのは法テラスと契約している弁護士や司法書士になるので、法的根拠がある回答をしてもらうことができるでしょう。

いきなり弁護士や司法書士に連絡するのは抵抗があるというのであれば、法テラスから相談してみるのもいいでしょう。

役所の無料法律相談へ

法テラスと同様に、各役所において無料の法律相談も実施されています。毎日ではなく1-2週間に1度などお住まいの地域においてその実施日程は異なりますが、近隣の役所であれば通いやすいでしょうし、相談もしやすいかもしれません。

法テラスよりももっと気軽に相談したいということなら役所で相談するという方法もあると覚えておきましょう。

ぼったくりにひっかからないために注意する点は?

ぼったくりにひっかからないために注意する点は?
では、このようなぼったくりを行う悪徳業者の被害に遭わないためにはどのような点に注意すればいいのでしょうか?

相見積もりを取得する

一つは他社と相見積もりを取得するという方法です。相見積もりを取得することで、不用品回収にかかる相場を知ることができます。また、それぞれの不安点を各業者に確認しておくことで実際に作業になったときにどういった追加料金がかかる可能性があるのか、作業の具体的な内容をイメージしながら金額を確認することができます。不用品回収業者によっては同じ作業内容でも見積り金額が倍以上違うということも少なくありません。安ければいいというわけではないので、実際の作業内容もしっかりと打ち合わせするようにしましょう。

見積書に拘束力を持たせる

見積書には金額の内訳が記載されているだけだと思われがちですが、実際の作業を行うにあたっての内容を記載してもらい、拘束力を持たせることも一つの方法です。
「作業時に追加料金が発生しない」「作業内容が見積り時と異ならないことを保障する」など、心配になる点は全て文章で明記してもらうことでより安心感を持つことが出来るでしょう。

「無料」「激安」を謳う業者を選ばない

無料回収というのは適正に処分を行う不用品回収業者であればあり得ないといっても過言ではないでしょう。だからこそ、無料を謳うことで悪質な作業を行う不用品回収業者というのも少なからず存在しています。また、実際に無料だとしても不法投棄などで金銭面以外のトラブルが生じてしまう可能性も少なくありません。そういったトラブルに陥らないためにも無料や激安ばかりを謳う業者には注意するようにしてください。

まとめ

まとめ
ぼったくりを行う不用品回収業者は不用品回収というサービスが一般的になってきた現代でも少なからず存在しています。不用品回収は先述の通り相場がわかりにくく、ぼったくりを行う上ではやりやすいといった側面があるのもその原因の一つだといえるかもしれません。しかし、相見積もりを取得することや様々な対策を講じておくことで適正な金額でしっかりとしたサービスを受けることができるということもまた事実です。金銭的な負担を安くさせようと考えすぎることで逆に金銭的な負担を被ってしまうことも少なくないでしょう。上記のような様々な注意点を覚えておいて、しっかりとしたサービスを行っている不用品回収業者に作業を依頼するようにしてください。

お電話用お問い合わせバナー

2021-07-16T10:58:11+00:00