家電処分の料金は?特定家庭用機器と小型家電で料金は違う!

//家電処分の料金は?特定家庭用機器と小型家電で料金は違う!

家電処分の料金は?特定家庭用機器と小型家電で料金は違う!

家電リサイクル法という言葉をお聞きになられたことはありませんか?
最近ではご存知の方も少なくありませんが、具体的にどういったものがその対象になるのかわからない方も少なくありません。

家電=リサイクル品ではないのです。
では、どういったものが家電リサイクル法の対象になるのか、その料金についてご紹介させていただきます。

家電リサイクル法の対象になるのは?

家電リサイクル法というのはそもそもどういったものが対象になるのでしょうか?

家電リサイクル法に定められる「特定家庭用機器」というものがリサイクル料金を支払う対象になるものです。

特定家庭用機器に定められる家電というのは、冷蔵庫・冷凍庫、エアコン、テレビ、洗濯機(衣類乾燥機を含む)の4品目です。
逆に言えば、リサイクル料金として支払う必要があるのはこの4品目だけ、ということになり、その他の家電については原則リサイクル料金は発生しません。

特定家庭用機器を処分する料金は?

では、上記でご説明させていただいた特定家庭用機器を処分するのであればどれくらいのリサイクル料金がかかるのでしょうか?

下記の表をご覧ください。

品目 料金の相場
冷蔵庫・冷凍庫 (170ℓ以下) ¥3,672
冷蔵庫・冷凍庫 (171ℓ以上) ¥4,644
テレビ(ブラウン管15型以下) ¥1,296
テレビ (ブラウン管16型以上) ¥2,376
テレビ ( 液晶・プラズマ 15型以下) ¥1,836
テレビ (液晶・プラズマ16型以上) ¥2,916
エアコン ¥972
洗濯機 ¥2,484

リサイクル料金は各メーカーが設定するものなので、一定の料金になりません。
使用する家電によって異なります。

上記の金額が最低の金額だというように考えるようにしてください。

小型家電にリサイクル料金はかかりません!

家電であれば絶対にリサイクル料金が必要だと思い込んでいる方も少なくありませんが、それは間違った考えです。

上記でもご説明した通り、特定家庭用機器以外にはリサイクル料金は原則かかりません。

もし不用品回収業者に依頼したときに上記以外の家電の回収を依頼したにも関わらずリサイクル料金を請求された場合、なぜ料金が発生するのかキチンと確認するようにしましょう。

また小型家電はサイズなどにもよりますが、自治体にて回収してもらえるところがほとんどです。
自分で処分しようとお考えならば、まずはお住まいの自治体に確認してみるといいでしょう。

最後に

何度もいいますが、家電リサイクル法に基づいて料金を支払う必要性があるのは上記の4品目だけです。
悪徳業者の場合、リサイクル料金は全てにかかるものだとして請求してくるケースもあります。

もし特定家庭用機器以外にリサイクル料金が発生するといわれるのであれば、なぜそのようなものが発生するのかを確認しましょう。

また、リサイクル料金は搬出料金や運搬料金などは含まれていません。
つまり、回収を行ってもらう場合上記でご紹介した料金以外にも費用が必要になるのだ、と覚えておきましょう。

お電話用お問い合わせバナー

2019-05-22T17:22:11+00:00