機密書類の処分方法!どんな業者に依頼すればいい?

//機密書類の処分方法!どんな業者に依頼すればいい?

機密書類の処分方法!どんな業者に依頼すればいい?

皆さん、機密書類の処分はどのようにされていますか?
法人の場合だと完全に外部に漏らすことが出来ない書類もありますが、個人レベルでも他人に見られたくない書類というものも存在するでしょう。

今回は、業者に依頼して機密書類を処分する方法をご紹介しましょう。

機密書類の処分方法は?

基本的に機密書類を処分する方法は、
シュレッダー処理
溶解処理
の2つに大別できるといえるでしょう。

シュレッダー処理は破砕処理ともいわれ、イメージとしては一般的なシュレッダーのように細かくして再度読めなくするようになる、と考えていただければ結構です。
さらに、とても大きな機械で破砕することになり他の書類とも混合することになりますから、元の状態に戻すのは不可能だと考えていいでしょう。

一方、溶解処理というのは紙をドロドロの液体に溶かしてしまうことを指します。
具体的には「パルパー」といわれる溶解釜、わかりやすくいうと容器と考えてください。その中で水を混ぜながら鋭い刃で刻み、液体化させていきます。

お気付きの通り、完全に液体化した紙を元通りに復元するのは不可能です。
破砕よりも処理の内容としてはより安心できるかもしれません。

しかし、溶解処理の場合は溶解作業に移るまでの書類の扱いに疑問が残る場合も存在します。
例えば溶解作業に入る前に野ざらしで書類を置いているような管理の悪い会社の場合、どうしてもその段階で情報漏洩してしまう危険性があることになりますから、その部分の危険性をまず理解しておきたいですね。

増える機密書類処分の付加サービス

現在ではインターネットの普及に伴い随分とペーパーレス化が進んでいますが、それでもまだまだ重要な機密書類というのは存在します。

それに伴い、各社では様々なサービスが普及しています。

いくつか例に挙げると、段ボール1箱からでも溶解処理を行ってもらえるサービス。
これだと個人レベルでも利用しやすいでしょう。段ボールを未開封のまま処理してくれるというケースであれば、取り扱いにもより安心が持てるかもしれません。

また、バインダーに入ったままで処理してくれるというケースもあります。
バインダーに挟んだ書類を外して処理するというのは想像以上に手間のかかる作業。
これを行わないのでいいならば、非常に楽ちんに作業ができるのではないでしょうか?

さらに、インターネットで機密書類の処理証明を発行できるというサービスもありますし、より近代的なものだとGPS付で機密書類処理を追跡できるというプランもあります。

たかが処分、で済まないのが機密書類の難しいところですから、自分の状況に合ったプランを選択してより安全性を追求したいものですね。

最後に

オフィスでのシュレッター作業などはその手間さから、逆に損になってしまうケースも少なくありませんよね。

そんなとき、このような機密書類の処理サービスは非常にありがたいものになるでしょう。

しかし、海外の場合だと取り扱い方法によっては情報漏洩の可能性も考えられる溶解処理は適正な処分方法として認められていないということもあります。

何が正しい、どのような選択をすべきとは一概にはいえませんが、問題なく確実な処分できる方法を把握して業者を選択するようにしましょう。

お電話用お問い合わせバナー

2019-05-13T16:48:34+00:00