ゴミを格安で処分したい!業者探しのコツとは?不用品回収業者の見極め方について。

最終更新日: 2022/08/29

ゴミを格安で処分したい!業者探しのコツとは?不用品回収業者の見極め方について。

ゴミを処分する際、何が気になるでしょうか?

  • 費用面
  • 安心感

このふたつではないかと思います。
費用面は抑えたい。でも、悪い業者で痛い目なんて見たくない!
というわけで、納得のサービスが受けられる業者探しのコツを書いていきたいと思います。

満足できる不用品回収業者を探す方法

良い不用品回収業者と、悪い不用品回収業者の見極め方、それぞれについて解説していきましょう。
不用品回収業者には何が必要なのか。
そして、どんなセールスが怪しいのか。
事前に知っておき、万が一の時にはしっかりと撃退!お役立ち頂ける情報かと思います!

こんな不用品回収業者は危険!

以下のような業者を見かけたことはありませんか?

  1. チラシで「無料」を謳っている
  2. 突然の訪問や、営業の電話がかかってくる
  3. 会社の住所が確認できない

無料の文字は嬉しいもの。それに、探さずとも、業者の方からやってきてくれるなんて、手間要らずで嬉しい!なんて思われる方もいるのかもしれません。
しかし、これら特徴を持つ業者はとても危険です。
こういう業者は、真っ先に候補から削除しなければいけません!

では、この内容のどこが危険なのか、ひとつずつ確認していきましょう。

チラシで「無料」を謳っている

不用品回収のチラシが、ポスティングされていることがあるかと思います。そしてそのチラシには、きっと【無料】の文字が大きく書かれているのではないでしょうか。

「無料なの?やった!じゃ、アレを出そう。コレも出そう!」

となるかもしれませんが、ちょっと待って!その気持ちを抑えつつ、考えてみてください。

業者は、不用品を回収しにくるまでにガソリンを使っていますよね。
積み込みには、手間がかかります。
そして、引き取る品によっては、リサイクル料金がかかる場合もあります。
それなのに無料って、まるで慈善事業。仕事として成り立つわけがありません。
これ、変だと思いませんか?

そう、変なのです。
つまり【無料】はウソ!実はカラクリがあります。
カラクリとは、無料という言葉で誘導し、”回収した後にいろんな理由をつけ費用を請求する”ということ。
「回収費用は無料なんですけど、交通費と運搬料がかかりますので……。」という具合。
積み込んだ後に言われてしまってはどうしようもないと、仕方なく支払ってしまわれる方が後を絶たない悪質な手口です。

【無料】を強調するチラシは危険だと、覚えておきましょう。

※ 国民生活センターには、多くの相談が寄せられています。コチラも、ぜひご覧ください。

突然の訪問や、営業の電話がかかってくる

突然に、自宅を訪問する不用品回収業者も危険です。
断るつもりで玄関を開ければ、そのまま玄関先に居座り梃子でも動かず、仕方なく何かしらの不用品を出すと、これ幸いにと家の中にまで上がり込み、指示していない物まで勝手に運び出されてしまった……という被害報告が多く出ています。
それでいて、多額の回収費用を請求するのですから、たちが悪い。
必要な物(こちらは指示していない物)を勝手に持っていかれて、費用も請求されたのでは、れっきとした犯罪です。しかし、文句を言いにくい高齢者世帯を狙うため、泣き寝入りしてしまわれることが多いと言うのです。
このようなパターンは、一度玄関を開けてしまうと押しが強く、とても厄介。
知らない人の訪問には、絶対に玄関を開けないこと!
そしてそのことは、身の回りのご高齢の方にもしっかりと伝えておきましょう。

会社の住所が確認できない

ホームページや名刺、チラシなど、不用品回収業者が提示するものに、住所の記載はあるでしょうか。業者によっては、【不用品回収】という文言と名前、そしてケータイ番号のみ、となっており、住所の記載がない場合があるのですが、これは危険です。
住所を書いていない業者は、書かないのではなく、書けないのです。

  • クレームが多く、身元がバレると困る。
  • そもそも、事務所を構えていない。(実体がない)

このような理由で、書けないのだと知っておきましょう。
自分の仕事に自信があり、誇りを持っているなら、身元を明かすことに何の不安もないはずです。
そして、きちんとお仕事として成立しているのであれば、実体もあるはずです。

住所など、きちんと連絡先が分かる業者を選ぶこと。これが大切です。

安心できる不用品回収業者の特徴とは

では反対に、安心できる不用品回収業者の特徴について書いていきましょう。

  1. 一般廃棄物収集運搬業の許可が確認できる
  2. 料金がコミコミなどではなく、詳細に明示されている

以上のような内容をしっかりと確認できれば、安心の業者だと言えます。もちろん、そのような業者であってもピンキリはありますし、ご自身の求める作業にきちんとマッチングしているかどうかも大事なポイント。しっかりと選択していくことになります。

一般廃棄物収集運搬業の許可が確認できる

不用品回収業者にとって、一般廃棄物収集運搬業の許可を得ることは必要不可欠。持たずに営業をしているのであれば、それは違法です。
また、業務内容によって、古物商許可や産業廃棄物収集運搬許可などが必要な場合もありますので、その点も含めて、確認しておきましょう。
きちんと所持している場合には、ホームページや名刺、チラシへしっかりと記載されているはず。
「営業しているのだから、大丈夫」という思い込みは危険です。
記載の有無を確認することは、消費者の義務なのです。

料金がコミコミなどではなく、詳細に明示されている

作業には、様々な工程があります。
お見積りを受け取った際、きちんと工程ごとに作業料金が分かれて記載されているでしょうか?
上記写真は、正解のパターン。これが、”コミコミ”や”一式”となっているようなら、避けた方が無難です。というのも、これでは、追加の作業をお願いしたらどうなるのか、作業が縮小となった場合にはどうなるのか、全く想像することができません。
【処分料一式 〇円】などと書かれた見積書は、まったく無意味な物なのです。

最近はサブスクが一般化され、コミコミや一式にあまり疑問を抱かなくなっていますが、作業に対し、項目ごとに料金が提示できないということは、本来、おかしな話。
作業をする前には必ず見積書をもらい、追加料金発生の有無を確認しておきましょう。

相場屋は、分かりやすいお見積もりを作成しております。詳細は、コチラでご確認ください。

相見積もりの重要性

不用品回収業者で納得のサービスが受けられ、お値段もきちんと押さえていくための業者探しのコツとは、相見積もりを取ること!

不用品回収業者は、たくさんのライバルがいることを熟知していますから、お見積りが頂けたことは最大のチャンス!その時に、そのまま契約を取り付けたいと考えています。
そのための常套句が、「本来は30万円のところ、本日ご契約であれば20%OFFさせて頂きます!」というようなもの。依頼される人の気持ちになれば、「こんなに安くしてもらえるなら、まあ、いいか。」となってしまうのも、頷けます。

しかし、ここで疑問を持って欲しい!
本当に、元値は30万円だったのでしょうか?
本来の作業代が20万円だった場合、結果的に多く支払っていることになりますよね。
そのようなことが起こらないための”相見積もり”なのです。
複数社に見積もりを取り、希望する作業の相場を知ること。これが大事なことなのです。

不用品回収のお値段を下げるコツ

すべてを丸ごとお願いできるのが、不用品回収業者のいいところではあります。
しかし、ご自身で日常的に破棄できる物を溜め込んでしまっては、物量が思いのほか増加してしまい、料金アップも否めません。やはり、ご自身で処分できる物(不燃や可燃で無理なく捨てられる物)に関しては、対応しておいた方がいいでしょう。

また、不用品回収業者へ「作業料金を下げる方法」を聞いておくのもひとつの方法です。
無理な作業であれば諦めもつきますし、出来る作業であれば、やりがいもあるでしょう。
きちんとした業者であれば、嫌がることなく教えてもらえるはずです。

まとめ

不用品回収業者選びについて書きました。業者探しのコツを知り、失敗のない不用品回収を経験して欲しいと思います。
納得のサービスが受けられるか否かは、ご自身の調査力にあると言っても過言ではありません。
悪徳な業者に騙されることのないよう、きをつけてくださいね。

関連記事