神棚処分の仕方と気になる費用は?ご祈祷は必要?

//神棚処分の仕方と気になる費用は?ご祈祷は必要?

神棚処分の仕方と気になる費用は?ご祈祷は必要?

ご自宅に神棚があるという方も多くいらっしゃるのではないでしょうか。引越しなどの移り変わりや遺品整理などの際、この神棚を処分したいけれどどのように処分したらいいのかについて正しい方法をご存知の方も少ないのではないかと思います。「普通に可燃ゴミで捨てていいの?」「神様がいらっしゃるものなのに、そのまま捨てるのも気が引ける」など、神棚の処分に頭を悩ませている方も少なくないのではないでしょうか。では今回は、神棚の処分方法について考えてみましょう。

神棚の処分方法は何がある?

神棚の処分方法は何がある?
まず、神棚の処分方法は具体的にどのような方法があるのかについてみていきましょう。

神社で処分してもらう

まずは、神社にて処分してもらう場合です。神棚とは自宅における「小さな神社」と想像していただければいいのですが、ただ神棚を購入しただけで神様がいるというわけではありませんので、魂入れを行い神様にいてもらう必要があるのです。
つまり、処分する際には神様に先に出ていただき、その後神棚を処分するという流れになります。
神社ではもちろんその手順を踏んでいただくことが可能です。具体的には下記の流れに沿って処分してもらうことになります。

祈祷

先述の魂入れを行った神棚から「宿った魂を抜いてもらう」ための行為です。ご本人の立ち合いは不要ですが、持込や申し込みを行う必要はあります。

御札返納

神棚の中に魂が宿るのではなく、神棚の中にあるこの御札に魂が宿るとされています。つまり、原則この御札を神棚から取り去り、神社に返納してしまえば神棚は「ただの箱」となるのです。

お焚き上げ

神棚を浄火にて天に還すことを指します。祈祷や御札返納により魂抜きを行ったとしても神棚自体はそこに存在しているわけではないですから、なかなか供養したという感覚になれない方もいらっしゃいます。神社ではこのお焚き上げまで全て行ってもらうことが可能です。

神社へ神棚の処分を依頼する場合、自分で持ち込む、あるいは神社によっては郵送にて祈祷やお焚き上げを行ってもらうことができるケースもあります。
神社での処分をご検討の場合、一度その神社に問い合わせてみるようにしましょう。

神棚を購入したところで引き取ってもらう

また、神棚を購入した仏具店などで引き取ってもらうという方法もあります。この場合、仏具店などでも最終的には神社へ祈祷・お焚き上げを行ってもらうことになりますので、代行費用として料金がかかってしまうかもしれません。もし購入店に依頼を検討されているのであれば、事前にどれくらいの費用がかかるのかについてしっかりと確認しておくことが大切です。

業者に依頼する

業者に依頼して処分してもらうという方法もあります。

仏壇や神棚処分の専門業者に依頼する

数は少ないのですが、仏壇や神棚などの処分を専門とする業者も存在しており、そちらに処分を依頼することができます。しかし、先述の仏具店のように結果的には神社に供養を依頼することになるので、こちらも代行費用が発生してしまうことになり費用がかさんでしまう可能性があります。
神社に行く時間がない、近くに業者があるので利便性がいいなどの場合であれば利用してみてもいいかもしれません。

遺品整理業者に依頼する

また、不用品回収や遺品整理業者に処分を依頼するという方法もあります。これらの場合、神棚以外にも不用品を回収してもらうケースがほとんどだと思いますので、神棚の処分には費用がかからないケースがあります。また、キチンとした業者であれば合同供養による祈祷・お焚き上げを行ってもらうことができますので、神社に持ち込むということと何ら変わらない流れを踏んでもらうことができるのです。神棚以外にも処分を検討しているものがあるのであれば、利用するメリットはありそうです。

自分で処分する

神社による祈祷で魂抜きを行った、あるいは神棚の購入時にそもそも魂入れを行っていなかったなどのケースであれば自分で捨てることも可能です。宗教上において、魂入れを行っていない神棚というのは「ただの箱」として見なされます。神棚を分解して可燃ゴミとして処理することも可能ですが、そこまでするのは気が引けるということであれば、自治体によって異なるものの粗大ゴミとして処理することも可能です。

神棚の処分料ってどれくらいかかるの?

神棚の処分料ってどれくらいかかるの?
では、それぞれにおける神棚の処分料はどれくらいかかるのでしょうか?

  • 神社の場合…5,000円前後
  • 購入店の場合…0-10,000前後
  • 業者の場合…0-20,000円前後
  • 自分で処分する場合…0-2,000円前後

おおよそこれくらいの費用が目安となるでしょう。自分で処分する、あるいは合同供養などを行ってもらうことができる不用品回収や遺品整理を行う業者であれば無料から処分することが出来ますが、代行手数料が大きい仏具などの専門処理業者や購入店などであれば比較的割高となってしまうでしょう。
また、神社の場合は処分代金ということではなく、祈祷料として料金が発生することになりますので、そちらについてはそれぞれの神社において問い合わせてみた方がいいでしょう。

神棚の祈祷って本当に必要?

神棚の祈祷って本当に必要?
ではそもそも、魂入れを行った神棚を祈祷して魂抜きを行わなければならないのでしょうか?実際、魂入れを行ったといっても一般的にその魂は目に見えるものではないことは確かですし、料金がかかるのであれば魂抜きをしたくない、とお考えの方もいらっしゃるかもしれません。
その答えとしては「基本的に魂抜きは行うべき」だといえるでしょう。
神棚に魂を宿らせているにも関わらず、そのまま処分するというのは非常に失礼な行為だということができます。神棚には神様の魂だけではなく、先祖の魂も宿るとされていますから、自身のご先祖様にも失礼な行為を働いているということになるのです。

しかし、宗教上の問題として「全く気にしない」という方もいらっしゃるかとは思います。そういった場合であればそのまま処分してしまうことも可能ですが、あくまで自己判断のうえ、非常に失礼にあたる行為であるということは自覚しておいた方がいいでしょう。

まとめ

魂が宿った神棚というのは他の不用品とは異なってどのように処分すればいいのかなかなかわかりにくいと思います。もちろん、神社によってもお持ちの神棚だけを供養するという個別供養や他の人のものと同じく供養する合同供養など、その供養の方法というのも神社によって異なるでしょう。しかし、キチンと魂入れを行って今までご家族を災厄から守ってきてもらった神棚ですから、そのお役目を終えるときもキチンと手続きを踏むようにしてください。

お電話用お問い合わせバナー

2021-07-10T13:36:46+00:00