不用品回収・遺品整理・粗大ゴミ買取から回収まで相場屋へ

遺品整理業者の正しい選び⽅と、注意点・相場まで徹底解説

遺品整理業者の正しい選び⽅と、注意点・相場まで徹底解説

大切な方を亡くしてしまったとき、ご遺族はたいへん心を痛めているにも関わらず、あらゆる手続きをこなす必要に迫られます。

やっと葬儀を終えたと思えば、次は遺品整理です。膨大な作業量のある遺品整理はこのような状況にあるご遺族の方たちだけではなかなか対応できないでしょう。そんなときは専門業者に依頼することをおすすめします。こちらでは、遺品整理の方法や、依頼先についてお伝えしましょう。

遺品整理の重要性

「遺品整理」とは、亡くなられた方の生前の持ち物を整理し、住居をもとの状態へ戻すことを指します。

人間は、生きている間にたくさんの物を所有しています。金銭的価値のある品物もあれば、大切な思い出の品物もあるでしょう。そんな亡くなられた方の持ち物を分別することなく、すべて破棄してしまったとしたら、故人や遺族の方の思いに寄り添うことはできません。そこで、不要なものと重要なものを分別し、適切に片付けを行う遺品整理が重要となってきます。

また、故人の住居をきれいな状態へ戻し、賃貸物件であれば退去ができる状態を整えることも、遺品整理の大切な役割といえます。

遺品整理は、大量の遺品を運び出さなければならなかったり、写真や人形など一般的な捨て方をするのが憚られる品物があったり、通常の清掃とは性質が異なります。

さらに、遺品の中にはもともと物件に備え付けられていた品物などもあるため、破棄することでトラブルのもとになる可能性もあります。

専門業者に依頼すれば、このような特殊な事情がある遺品整理において、幅広いサポートを受けられるのです。

遺品整理の方法

==============================

<アンケート内容>

Q.【遺産整理をしたことがある方】どのような方法で遺産整理をしましたか?

A.●すべて遺族(家族)で行った●専門業者に依頼した●不用品回収業者に依頼した●行政サービスを利用した●その他

==============================

遺品整理はどのような方法で行う方が多いのでしょうか? ここでは、全国にお住まいの男女を対象に、アンケート調査を行いました。実際に遺品整理を行ってみて、どのような苦労があったのか、ぜひ参考にしてみてください。

すべて遺族(家族)で行った

l 家族の者で相談しながら行いひとつひとつの品を見ては思い出や、どういう気持ちで故人が購入したのかなどを話し合うことができたので、意外なことですが貴重な機会となりました。(男性・47歳・北海道)

l 兄妹と自分の奥さんとで行いましたが、処分するものが多くて丸々1週間かかりました。後から業者に頼めば良かったと後悔したくらいです。(男性・54歳・千葉県)

l 大切なものや遺書などが出てきた場合のことを考えて、遺族で遺品整理をおこないました。(男性・33歳・富山県)

専門業者に依頼した

l 実家には蔵があって中には骨董品が山ほどあったため、とても家族だけでは整理しきれなかったので、専門業者に依頼して価値のあるもの、ないものを判断してもらいました。(男性・53歳・北海道)

l 素人が遺品整理をすると何から手をつけて良いのか分からなかったので、専門業者に依頼しました。その方が結果的に費用も安く済むと思ったからです。(男性・60歳・千葉県)

l 買い物依存症と末期のがんを患っていた祖母の家は物であふれかえっており、とても家族だけで整理できる量ではなかった。未開封の商品や骨董品も数多く出てきたため、業者に依頼することにした。(女性・40歳・京都府)

不用品回収業者に依頼した

l ゴミ箱屋敷と化していたので、清掃や廃品回収も含め業者に依頼をした。(男性・47歳・広島県)

故人の遺品をすべて遺族で片付けたという方が、もっとも多い結果となりました。遺族が遺品整理をするメリットとして、故人の思い出の品物をひとつひとつ、話し合いながら整理できる点が挙げられます。

また、遺族が自分で確認しながら作業を行うことで、万が一大切な書類などが見つかった場合、誤って処分してしまう心配が少ないのも利点でしょう。

ただし、遺族の方も遺品整理にかけられる時間が限られています。なかなか作業時間が取れず、完了するまでの期間が長引いてしまうこともあるようです。

一方で、故人の思いを大切にしつつも、膨大な作業を専門家に任せたいという方は、遺品整理の専門業者を利用したようです。

大切な方を亡くしたときは、遺族の方は心身ともに疲弊している状況にあるため、なかなか作業を行うのが難しい場合があります。専門業者に依頼すれば、遺族の方に代わって、故人の大切にしていた品物を丁寧に整理できるのが魅力です。

遺品整理の注意点

遺品整理で注意しておくことは、まずどの品物を残してどの品物を処分するのか、ご遺族であらかじめ決めておくことです。

業者がひとつひとつの品物について確認すると、作業効率が著しく下がってしまいます。

一度処分してしまった品物は、取り戻すことができませんから、事前準備を行いましょう。

また、故人が生前に趣味で集めていた品物には、思わぬ価値がある場合があります。

可能であればエンディングノートや遺言を確認するのが好ましいですが、難しい場合には専門業者に査定してもらうと安心です。

遺族の方たちだけで遺品整理をするときは、高い価値のある品物の取扱にお気をつけください。

遺品整理業者の選び方は?

遺品整理が自分たちで行えない状況にいる方もいらっしゃいます。
そうなった場合、遺品整理を行ってもらえる業者にお願いするかたちになるでしょう。

しかし、今まで利用したこともない業者をどのように選択した方がいいのか戸惑ってしまう方も少なくないのではないでしょうか?

以下で、遺品整理業者を選択する際に注意したい点をご紹介しましょう。

見積り時の作業に対する説明や打ち合わせはあるか

遺品整理というのはただ片付ければ終わりの作業ではありません。
遺品を分けたり、思い出の品を置いておいたり、金品などの管理など全て業者のサービス内容によってその質が左右されます。

そうなると、事前の見積り時に作業に対するちゃんとした説明があるのかというのは重要です。

さらに作業の内容についてしっかり打ち合わせする機会を持ってくれるかというのは大切なことでしょう。
思い出の品はどういったものでどのように対応するか、遺品として取り置きしてもらいたいものはどういったものなのか、など、作業についてきっちり打ち合わせと説明を行ってもらえるかどうかでその安心感は全く異なるでしょう。

金額は明朗会計か

遺品整理業者に依頼する際、打ち合わせした作業の内容を見積り通りの金額で行ってもらえるのかどうかというのも気になるポイントですよね。

悪徳業者の場合、作業を終えてから話していた以上の金額を請求してくるというケースもあります。
その他にも、見積りの明細がなく「合計○○円」などとしか表記がない、または表記が少ないという場合だとどういった作業に対して料金がかかるのかもわかりません。

見積りの段階でしっかりとどのような作業に対してどれくらいの金額がかかるのかについて事前に確認しておくことが重要です。

適切な処分方法をとっているか

遺品整理の作業は遺品を仕分けして不用品を処分する必要も出てきます。
このような場合、不用品をちゃんとした方法で処分しているのかというのも重要なポイント。

実は不用品は不法投棄した際、その責任を負うのは元々の持ち主であるお客様になります。

見分け方としては極端に作業代金が安く感じる業者は危険です。
不法投棄することにより、ゴミ代を削減している可能性があるからです。

また、リサイクル料金が発生する家電にリサイクル料金を請求してこない業者は不法投棄前提で依頼を受けているのかもしれません。

極端に金額が安いようであれば、作業を依頼しないかどのように処分するのかを確認してみましょう。

サービスに種類があるか

遺品整理を行う上で、所有していた思い出の品を致し方なく処分する必要がある場合もあるでしょう。
そのような際、お焚き上げなど遺品整理専門の作業を行ってもらえるのかも重要な点です。

遺品整理を普段から行っている業者の場合、遺品整理のために様々なサービスを用意してくれたり、いろいろな提案を行ってもらえる場合が多いのに対し、不用品回収をメインとする業者の場合、金額面でのアピールしかないでしょう。

見積りの段階でどのような遺品整理の作業を行ってもらいたいか、それに対して対応してもらえるのかをしっかりと確認しておきましょう。

遺品整理の相場はいくら?

現在では遺品整理を行う様々な業者が増えてきており、いろいろな価格帯にて作業を行うところも増えてきました。

では、一般的に遺品整理作業の料金はどれくらいかかるのでしょうか?

弊社で実際に作業をさせていただいている金額の相場をお部屋のサイズごとにご紹介いたしましょう。

間取り料金の相場作業人数作業時間
1R~1K¥38,000-50,0002名1-3時間
1DK~1LDK¥60,000-100,0002-3名2-4時間
2DK~2LDK¥120,000-150,0003-4名3-5時間
3DK~3LDK¥180,000-200,0004-5名5-8時間
4LDK~¥200,000-5名から8-10時間

以上が料金の相場です。

上記の料金や作業の人数など、すべての条件において、あくまで一般的な家庭を想定しています。

例えば極端に不用品が多い、特殊な作業が必要となれば金額が前後する可能性はありますが、一般的にはこれくらいだと考えておいていいのではないでしょうか。

料金はどんなところから計算されるの?

遺品整理の作業を行う場合、どのようなところで金額が異なるのかという点が気になるのではないでしょうか?

基本的に、遺品整理の代金は下記の点から計算されます。

不用品の量

まずは、遺品の中でも不要になるものの処分代がかかります。
これはその量にもよりますので、極端なお話し遺品の全てをお客様がお持ち帰りたいということでしたら、その処分代金というのは当然かからなくなります。

また、不用品の中でも価値があるものでしたら買取の対象とさせていただきますので、より作業代金から金額を差し押さえさせていただくことも可能です。

不用品の内容

不用品の内容も実際の料金を決める上で重要になってきます。

例えば、冷蔵庫、洗濯機、テレビといった家電リサイクル法に定められるリサイクル品はそれだけの処分代金が発生します。

作業人数

作業内容として、金額に大きく関連してくるのが作業人数。
例えば同じ間取りのお部屋でも、極端に仕分けの作業等が発生するのであれば、作業人数が増加、結果的に料金が高くなることになります。

また、特殊な作業、例えば2階以上からの吊り降ろし作業が発生する場合などがあれば、作業に対する料金が別途発生する可能性があります。

作業に関わる副次的な条件

作業現場の近くにトラックが停められないため、遠距離の運び出し作業が必要となる場合などは料金が発生します。

その他サービス

上記に含まれないサービス。

業者によっても異なりますが、おおむね以上の内訳から料金が構成されているとお考え下さい。

まとめ

遺品整理を業者に依頼するには様々な注意点に気を付けて選択する必要があるということがご理解いただけたのではないでしょうか。
料金や作業内容、様々なポイントをしっかり押さえておかないと後々トラブルに陥ってしまうことも十分に考えられます。

遺品整理を業者に依頼するのであれば、必ずこの記事に書いているポイントを意識して選択するようにしてください。

関連記事