孤独死の遺品整理と特殊清掃の方法をご紹介!

//孤独死の遺品整理と特殊清掃の方法をご紹介!

孤独死の遺品整理と特殊清掃の方法をご紹介!

孤独死は現代でも大きな問題になっていることの一つです。孤独死になってしまうと発見までに数日から1ヶ月までかかってしまうこともあります。そうなったとき、故人が暮らしていた家の遺品整理や清掃はどのように行えばいいのでしょうか?親族の方などが片付けを行うことはできるのでしょうか?では、孤独死が起こった場合の遺品整理や特殊清掃の方法についてご紹介しましょう。

そもそも孤独死とは?

そもそも孤独死とは?
では、そもそも孤独死とはどういったものなのでしょうか?
孤独死とは、一人暮らしの方や自宅や誰にも看取られない状況で亡くなってしまうことを指します。もちろん突然死のため若い年代の方が亡くなってしまうケースもありますが、主に持病を抱えている高齢者、いわゆる「独居老人」の方が孤独死を迎えてしまうケースが多いといえるでしょう。

孤独死を迎えてしまったのが自宅などの場合、その住居はいわゆる「事故物件」として分類されることになります。もし孤独死を迎えられた方に親族の方がいらっしゃった場合、住居の価値を下げたとして必要のない賠償請求を行われることもありますので、注意するようにしてください。

孤独死における遺品整理

では、孤独死を迎えてしまった方のお部屋の遺品整理について考えてみましょう。孤独死を迎えられた場合、通常の生活を送られていた状態で放置されているはずです。そういった遺品をどのように処理するのがいいのでしょうか。

孤独死の場合の遺品はどうなる?

まず、孤独死の場合の遺品について考えてみましょう。通常、病院などでお亡くなりになられたケースであれば、遺品は自宅や施設などに残されていることになるでしょう。こういったケースであれば遺品の買取を行ってもらうこともできるのですが、死後経過時間が長くなると遺品を買取してもらうのが難しくなってしまうケースもあります。というのも、孤独死を迎えられた方の遺体が腐食してしまうことで細菌や悪臭、また体液などで汚染されてしまうことがあります。その場合、再利用が難しくなってしまうため、そもそも価値があるものであってもほとんどのものを処分することになってしまうでしょう。

自分で遺品整理を行うことは可能?

では、親族の方などがご自分で遺品整理を行うことはできるのでしょうか?
その答えは「できるもののオススメすることは出来ない」となります。

というのも、先述の通り孤独死があった場合の遺品というのは悪臭や最近に侵されていることもあります。知識なく自分で作業を行うと、その細菌などで体調を崩されてしまうこともあります。そういったことから考えても自分自身で遺品を整理するのはあまりオススメできないでしょう。

一方で、何らかの理由でご遺体の発見が早かった場合であれば自分自身で遺品整理を行うことができるでしょう。そのケースであれば遺品の買取してもらうこともできるので、遺品整理に役立てることができるでしょう。

業者に遺品整理を依頼する場合

先述の通り、孤独死を迎えられた方のお住まいは大きく汚れているなどのケースも非常に多く、個人レベルでは片付けることが難しいといったことがあります。では、業者に遺品整理を依頼することでどのようなメリットがあるのかについて考えてみましょう。

汚れがきつくても作業してもらえる

まずは、孤独死によって生じた汚れが強くても作業を全て一任できるというところに大きなメリットが存在するでしょう。ご家族、場合によっては連帯保証人や家主の方が作業を担わなければならないというケースもありますが、体液などが付いてしまっていることもある孤独死において個人レベルで作業を行うというのは現実的ではありませんし、実際作業するにしてもどのように処分すればいいのかについてもわからないことの方がほとんどで、通常の片付けよりもさらに手間がかかってしまうでしょう。
その点、経験のある業者に依頼すれば処理方法も適切に行ってもらうことが可能ですし、さらに1-3日程度で全ての作業を完了してもらうことができるでしょう。

腐敗臭による近隣への迷惑防止

孤独死の場合、長期間発見されないこともあります。その場合どうしても腐敗臭が発生してしまうことになります。このとき、個人でゆっくりと作業を行ってしまうと腐敗臭がさらに強くなってしまい、近隣住民への迷惑や思わぬトラブルに陥ってしまうということも考えられるのです。そういった意味でも最短1日で作業してもらうことができる業者を選択すれば想定外のトラブルを避けることができるといったメリットも考えられるでしょう。

特殊清掃を行ってもらう

特殊清掃を行ってもらう
孤独死における遺品整理において、特殊清掃は欠かすことができないものといえるでしょう。特殊清掃とは具体的にいうと、孤独死を迎えられた方の腐敗した部分や体液、あるいは腐敗臭などの除去などの清掃作業のことを指します。
また、体液などが床やフローリング、基礎部分まで及んでしまっている場合もありますので、そういった作業も行ってもらうことができる特殊清掃業者も存在します。

個人ではできない特殊清掃

特殊清掃においては、壁紙をはがす、床部分の解体工事、オゾン脱臭、腐敗物の撤去など、個人では行うことができない作業を行ってもらうことができます。賃貸であれば、解約時の原状回復は必須になりますが、腐敗が進んでしまっている孤独死の場合、様々なところに腐敗臭がついていたり、目に見えない部分にも汚れが及んでいることも少なくないのです。この点においても遺品整理と同様に、発見がたまたますぐだったということを除き、特殊清掃を行ってもらうことができる業者に清掃を依頼した方がよいでしょう。

遺品整理と特殊清掃、両方作業可能な業者に依頼を

また、気を付けておきたいのは遺品整理と特殊清掃を依頼する業者を分けないという点です。というのも、遺品整理と特殊清掃を個別に頼んでしまうと費用がかさんでしまうケースというのがほとんど。セットで行ってもらうことでより効率的に作業を行ってもらうことも可能ですので、それぞれの作業を安心して行ってもらうことができる業者に依頼するということを心がけておきましょう。

まとめ

孤独死の場合、通常行う遺品整理とは内容が全く異なることはご理解いただけたのではないかと思います。遺品整理においてもそうですが、特殊清掃となるとどうしても自分たちの手に負えない作業になってしまうのではないでしょうか。特殊清掃業者に依頼すれば、オゾン脱臭など適切な消臭作業を行うことで原状回復も十分行うことができます。長期間放置してしまうとより腐敗臭がついてしまい、取り返しのつかない状況に陥りかねません。まずは依頼可能な業者に連絡してみることから始めてみましょう。

お電話用お問い合わせバナー

2021-04-10T15:08:39+00:00