引越し作業を甘く見るな!面倒な引越し作業の一部をご紹介!

//引越し作業を甘く見るな!面倒な引越し作業の一部をご紹介!

引越し作業を甘く見るな!面倒な引越し作業の一部をご紹介!

引越しの作業ってどんなイメージをお持ちですか?

例えば引越し先に持っていく荷物、もしくは不要な荷物を分別したり、時間がある方などであれば、引越し先に欲しいものを予め購入し、引越し当日に送ってもらったりと準備のいい方もいらっしゃるかもしれません。

でも、引越しの作業って想像以上に様々なことが必要になるの、ご存知ですか?

引越しの面倒な作業

「今日、引越し作業しないといけないから」と言われたら、まず連想するのは荷物をまとめるいわゆる梱包作業でしょう。
そこから派生して、いるものといらないものに分ける分別作業が必要になるのはお分かりいただけるのではないでしょうか?

しかし、引越しの作業はこれだけでは済みません。
では、下記に引越しの際に必要となる他の作業について考えてみましょう。

不用品の処分

分別した時に出る不用品、「またゴミステーションで捨てればいいやー」くらいに考えている方も意外といらっしゃるんですよね。

でも実際、引越し時にはかなりのゴミを出される方のほうが多数派なんです。
引越しの分別作業を行うと、自分の所有物のほとんどに目を通すことになります。

もう着ない服とか使わない雑貨などを処分していくうちに、「この家具も新しいものに買い替えたいな」などという気持ちになってくるものです。
そのようなことになると、粗大ゴミとして処分する必要もでてきます。

粗大ゴミ処分は自分でクリーンセンターに運びこむ、もしくは戸別回収を依頼する必要がある自治体がほとんどですので、事前に確認していないと日程などの関係で困ることになるかもしれません。。。

退去後の掃除

引越しが終わって一件落着、、、と思いきや、自宅の片付けを行う必要があります。
賃貸の場合、基本的にはもう一度貸し出すまでにハウスクリーニングの作業を行いますが、それでも退去時には最低限の清掃を行う必要があります。

荷物を出した後にお部屋は本当に広く感じるもの。
普段使用していたところには意外とホコリなどの汚れはみられませんが、家具の後ろやクローゼットの隅は汚れが溜まっていることも少なくないんですよね。。。

また、持ち家の一軒家の場合だと自分で掃除する必要がありますし、売却するのならピカピカに清掃しておく必要があるといえるでしょう。。。

引越し後の開封作業

引越しが終わり、引越しの荷物が全て新居に運び込まれたのもつかの間、ここで引越しは終わりではありません!
引越しの荷物を開封して、再度陳列していかないといけないんです。。。

これが実は本当に面倒。
不用品じゃないし持ってきたはいいものの、使用頻度が低いから段ボールそのまま入れっぱなしとなってしまうケースも少なくありません。

さらに、使用するつもりだった家具が入らないなどで使えなかった場合はそこに収納する予定だったものを片付けることもできなくなってしまうんです。。。

事前にしっかり準備しておきましょう!

上記はほんの一例にすぎません。
お住まいの場所や様々な状況によってその手間は変わってきます。

ですが、「事前に調べる・準備しておく」というのはとても大切なこと。
日程などが決まっている引越しの場合、その重要性はより増すでしょう。

一度自分の中でしっかりと引越しのシミュレーションを行ってみた方がいいかも。
実際に利用しそうな業者に聞いたり、管理会社に問い合わせたりしておくことで、後々作業が増えるリスクを下げられるでしょう。

引越しをお考えの皆さんも、一度試してみてはいかがでしょうか。

お電話用お問い合わせバナー

2019-05-13T16:48:09+00:00