兵庫県で格安に粗大ゴミを処分する方法とは。自治体と業者のメリットとデメリットについて。

最終更新日: 2022/09/20

兵庫県で格安に粗大ゴミを処分する方法とは。自治体と業者のメリットとデメリットについて。

粗大ゴミの処分には、お金と手間がかかります。仕方のないことですが、やはり、できるだけ抑えたいというのが正直なところ。
そこで今回は、『お金を抑える方法』と『手間を抑える方法』について、各々調べてみました。
どちらの方法が、あなたにとって嬉しい方法となるでしょうか。確認していきましょう。

※ 今回、自治体を”兵庫県”としていますが、他の地域でも大きな差はありません。ご参考にしてみてください。

お金を抑える方法とは

少しでも安く粗大ゴミを処理したい時には、自治体での処理が挙げられます。
地域密着で安心なところも、嬉しいポイント。
では、その流れについて確認してみましょう。

粗大ゴミ、回収の流れ

神戸市の粗大ごみ回収を例に挙げ、説明していきたいと思います。

依頼の仕方

  1. インターネット・電話・FAXにて、申し込みを行います。
  2. 申し込みをすると【処分料・受付番号・収集日・出す場所】が伝えられます。
  3. 処分料分のシール券を購入し、粗大ごみに貼り付けます。
  4. 決められた日時に、所定の場所へ粗大ゴミを搬出して完了です。

注意点

  • 1回に依頼できる大型ゴミは5点までとなっています。
  • 申し込まずに集積場へ出しても、回収は絶対に行われません。

注意点については、それほど難しくはありません。
5点まで大丈夫ですので、引越しだと困ってしまいそうですが、大掃除程度であれば問題ないかと思われます。
という訳で、デメリットについて考えてみましょう。

自治体に依頼するデメリット

  • 集積場まで、運ぶのが大変
  • 希望の日時を指定できない
  • 大量にある場合(5点以上)には、選べない

粗大ゴミが大型の家具など重量物であった場合、集積場所まで運ぶのは至難の業となります。誰か手伝ってくれる人がいればどうにかなるかもしれませんが、おひとりであった場合には、かなり大変。
無理に運び出そうとすれば室内を傷つけてしまったり、ケガをするなどのリスクも考えられるでしょう。
(自治体によっては、条件付きでご自宅までの引き取りをしている場合があるそうです。ご希望の際は、サービスを提供しているかどうか、また、条件に適合しているかどうか、事前確認を行いましょう。)

その上、出すタイミングが決められてしまうのも、日常の生活に組み込みにくく、面倒くささを感じます。

また、日にちも自治体により指定されてしまいます。引っ越しなどで先の予定が決まっている場合、「○日までに処分したい」という希望が出てくるものですが、合わせてはもらえません。
それに、例え引っ越しでは無いにしても、1か月後など、かなり先の日にちを指定されてしまうと、ゴミの置き場所にも困ってしまいます。

そしてやはり、一度に出せる数量が決まっていることは、時と場合によっては不便です。ゴミの量が少ない場合に限った方法だと言えるかもしれません。

回収業者、と言う選択

相場屋では、粗大ゴミの回収を行っています。
「回収業者だと高いんじゃないの?」というご心配はあるかと思われますが、相場屋であれば、その心配を払拭することが可能です。

相場屋、安心の訳とは

相場屋では、必ず、事前にお見積もりをご提示いたします。
その上で、ご納得いただいた場合にのみ、作業を行います。
そして、追加料金の発生は、極力無いようにしております。万が一、発生してしまった場合には、必ずお客様へご説明を行い、安心して頂ける作業であるよう、心がけています。

相場屋の作業について

ではここで、相場屋の作業について、ご説明したいと思います。

  • 分別・梱包・搬出・積み込み、全て行います。お客様の手を煩わせる事はありません。
  • リサイクルとリユースを積極的に行い、利益が出た場合には、お客様に還元いたします。
  • 即日の対応が可能です。
  • 大量のゴミであっても、対応可能です。

相場屋は、お客様ファーストで作業を行う会社です。
「この作業はできる?」等ご質問がありましたら、お気軽にご相談ください!

< 相場屋では、近畿二府四県、岡山県、香川県、徳島県に対応しています! >

悪徳業者に騙されないためには

不用品回収業者には、悪徳な業者も紛れています。
悪徳業者をくぐり抜け、安心の業者に出会うためのコツは、”相見積もり”!
複数の業者から見積もりを取ることで作業の相場が分かり、悪徳な業者に気づくことができますよ。
ポイントは、以下の通り。

  • どのようなサービスを行ってもらいたいか、しっかりと伝える。
  • どこまで自分の希望に近いサービスを提供してもらえるのか、確認する。
  • 複数の見積もり額を比較し、絞り込む。

これにより、納得できない作業が含まれている場合、申し込みをせずにすみます。
また、高すぎる業者についても、無理なく排除することができるでしょう。
難しいのは、安価設定の業者です。一見すると良心的であるように感じますが、安かろう悪かろうである場合がありますし、後で追加料金を請求する手法かもしれません。
騙されることのないよう、この時点でしっかりと見極めていきましょう。

※ 安心できる業者の見極め方については、コチラもご覧ください。

まとめ

粗大ゴミを捨てるには、手間がかかります。そして、お金もかかります。
ご自身に合うサービスは、どこが提供しているのか。
適正な価格はいくら位なのか。
きちんと見極め、安心してお任せできる業者と出会って欲しいと思います。
そして、その後は、ぜひ、不用品を出さない生活を心がけていきましょう。

関連記事