神戸市・尼崎市・姫路市の不用品回収・片付け・遺品整理・ごみ処分・粗大ごみや引越しなら、相場屋へ。価格も安く、お見積もりも無料です。

サブイメージ

神戸市灘区の不用品・片付け・ごみ処分について

神戸市灘区(こうべしなだく)は、兵庫県神戸市を構成する9区のなかの1つです。神戸市の東部に位置します。北側に摩耶山や六甲山があり、南は大阪湾に面しています。臨海部は神戸製鋼などの工場が並んでおり、阪神工業地帯の一角をになっています。

人口は13万6千人、面積は約32平方mです。そんな神戸市灘区を紹介していきましょう。

  1. 神戸市灘区ってどんなところ?
  2. 神戸市灘区の生活環境や制度は?
  3. 神戸市灘区のゴミ取組について
  4. まとめ

神戸市灘区ってどんなところ?

灘区の名前の由来は「酒どころ」によるものです。「灘の生一本」で知られる地域であることからのようですが、「ナダ」の名前自体がいつからどのような意味で使われてきたかは不明だそうです。

交通に関しては、鉄道が南から阪神(新在家・大石・西灘・岩屋)、JR(六甲道・摩耶・灘)、阪急線(六甲・王子公園)と並行して走っています。六甲山頂までの「六甲ケーブル線」の発着駅「六甲ケーブル下駅」も灘区になり、摩耶山を上るケーブルカー「摩耶ケーブルカー」の駅もあります。

王子公園があり、動物園や異人館、スタジアムなどの施設が充実しています。また、六甲山には古くから牧場、スキー場、植物園など、自然を楽しめるさまざまな観光施設があります。また、酒蔵が有名で「沢の鶴」の本社もあります。

神戸市灘区の生活環境や制度は?

このようにケーブルカーの駅があることで観光客も多く訪れる神戸市灘区ですが、「篠原地区」「青谷地区」といったような関西有数の高級住宅街があります。人気の高い、憧れのまちといえるでしょう。

大学は神戸大学、神戸松蔭女子、神戸海星女子学院大学などがあります。評判の良い幼稚園、小学校、中学校、高校、そして学習塾も多く進学熱が高い地域のようです。

子育てについては、新制度により、幼稚園と保育所の機能を併せ持つ「認定こども園」と、「地域型保育」も利用することができるようになります。小学校に行くまでの間、どうするかさまざまな選択肢があります。また、病児・病後児の保育、泊りで預けたいというしくみもできて、家庭の事情にあわせたサポートを受けることができます。親子のひろば、子育てサークル、児童館など成長にあわせ、さまざまな施設があり恵まれた環境といえるようです。

高齢者については、介護や見守りなどに関する総合相談窓口「あんしんすこやかセンター」が7か所あります。

神戸市灘区のゴミ取組について

灘区は神戸市のきまりどおりの分別区分が定められています。指定袋も「燃えないごみ」「燃えるごみ」「缶・びん・ペットボトル」「容器包装プラスチック」の4種類があります。

45リットル、30リットル、15リットルの3サイズがあります。平袋タイプとU型(取って付き)タイプがあり、スーパー、ホームセンター、ドラッグストア、コンビニエンスストアなどで販売されています。

他には「大型ごみ」が収集されます。これは大型家具、自転車、粗大ごみなど45リットルの指定袋に入れて、口をしっかり結ぶことができない大きさのもの。45リットルの指定袋に入っても、単品で5kgを超える重さのものということです。「神戸市大型ごみ受付センター」まで電話、FAXによる事前申し込み制で、大型ゴミシール券を購入して貼り付けて出します。

神戸市には「リサイクル工房」という施設があります。「リサイクル工房あづま」「リサイクル工房みなとじま」「リサイクル工房ろっこう」「リサイクル工房ほくしん」の4つで、「こうべ環境未来館」とあわせて神戸市民が積極的にリサイクルに関われる施設となっています。

なかでも人気なのが、家具や自転車を再生し、展示しています。これは有料で抽選し提供されるそうです。また、リサイクル品として育児用品、古本、古着の無料提供と引取もしています。リサイクル教室の開催などでリサイクルに関しての啓発も行っています。

まとめ

いかがでしょうか?六甲山、摩耶山で本格的な自然と親しむことができ、神戸大学を有していることで、教育熱も高い灘区、住んでみたい人も多いのではないでしょうか?

1995年の阪神淡路大震災では神戸市では2番目に多い933人が犠牲になり、駅も倒壊しました。その後、復興をとげた灘区ですが、今後、どのように発展していくか、自然や環境を大切にしたプランを実施していけるよう、区民の気持ちを高めていってほしいですね。

神戸市灘区のゴミ問題は相場屋にお任せ下さいませ!!

神戸市灘区ではごみのルールは神戸市のものに従っていますよね。そんな中で、ゴミに関するお悩み、問題をかかえてる方はおられませんか?粗大ゴミを処理しきれない、リサイクルしたいけどわずらわしい、不用品や廃棄物の処分でわからないことがある、などです。

たとえば、高齢の方の世帯だとゴミ出しのルールがわかりづらいことがあります。リサイクルショップに持ち込みたい、買取をしてもらいたい、などという希望があっても、それをどうやってやればいいのかわからず、放置したまま何年もたってしまうこともあるでしょう。

他にも「ゴミ屋敷」「汚屋敷」「汚部屋」に悩んでいるけど、自分や家族ではどうしても解決できない、などの事例もあるでしょう。

神戸市灘区から引っ越すことになった、店舗を閉めることになったという状況で、片づけを手伝ってほしいということもあるでしょう。

さまざまなゴミの処理の問題、お悩みを持っておられるときは、片付けの専門業者にご相談ください。片付けの専門業者「相場屋」なら、粗大ゴミ、不用品、ゴミ屋敷清掃、大掃除、廃品回収などを手際良く代行いたします。不用品やゴミにお困りの場合は「相場屋」にご連絡下さい。

それでは具体的に事例をいくつかご説明していきたいと思います。

目次

  1. 神戸市灘区で不用品の処分をお考えの方へ
  2. 神戸市灘区でリサイクルのお悩みがある場合
  3. 神戸市灘区でゴミ屋敷に悩んでいるという場合
  4. 神戸市東灘区でリサイクルでお困りの場合
  5. 神戸市東灘区で会社の業務用不用品が出たときには?
  6. 神戸市東灘区で廃棄物のお悩みがある方

神戸市灘区で不用品の処分をお考えの方へ

今、話題になっている片付けに関することといえば「ミニマリスト」。必要最小限のモノで生活している人のことだそうです。

その家、部屋を写真で見るとすごく驚くことでしょう。不用品がない、というより、必要なものすらない状態です。テレビもカーテンもなく、折り畳みのベッドがぽつんと置かれています。

自分にできるかどうかはともかく、過剰なまでに少ないモノで暮らす様子を知ると、ある程度はわかるような気がします。いかに今の暮らしがモノに囲まれているか、不用品が多いか、という反省のためには知ることは悪くないですね。

断捨離、ミニマリストと、片付けや不用品を処分するのをすすめる考え方が話題になるということはどういうことでしょうか。震災などで一瞬にして家を失ってしまった方の話も身近であるゆえ、物の大切さは人それぞれで、不用品とはいったい何なのかと考えさせられます。

片付けること、不用品か必要なものかを判断して処分することが簡単にできれば無駄や環境の破壊などが減るのかもしれません。でも、高齢になって片付けができない、昔から「もったいない」と、ものが捨てられない性格であることなどを無視してはいけないと思います。

神戸市灘区で、不用品がたくさんある、という方、それでも自分の手で処分しきれない、という方にはプロの片付けの業者がお手伝いいたします。神戸市灘区においても実績のある「相場屋」をご指名ください。単に処分するといっても丸ごと廃棄はいたしません。

片付けの専門業者「相場屋」はリサイクルについて真剣に取り組んでおります。素材ごとに分別し、リサイクルして地球環境に優しい企業として作業をしております。

神戸市灘区で不用品の片づけを代行してほしい、ということでしたら、ぜひ「相場屋」へご一報ください。無料でお見積りさせていただきます。

神戸市灘区でリサイクルのお悩みがある場合

リサイクルショップへ行ったことはありますか?買いたいものがあるけど、新品じゃなくてもいい、一時的に使うだけ、という場合、リサイクルショップを探すのは一つの手段ですよね。または、廃棄品、不用品だけどまだ使えそう、もらいものなどで新品のままだけど使う予定がない、という場合にリサイクルショップへ売りに行く方もおられます。

リサイクルショップにて買取してもらおうと行ったけど思った値段が付かなかったということもあるようです。また、リサイクルショップが遠くて行けない、不用品の量が多すぎる、大きすぎる、などの理由で行けないこともあるようです。そのような場合、いつまでも家の中で不用品をかかえていると邪魔ですよね。

リサイクルすることは、次に誰かが使うことになり、無駄にゴミを増やさないのでとてもいいことですよね。でも、それをリサイクルショップに持っていけないのならば、自分にとっては負担なこととなります。家の中のスペースに使わないものがある、というのは空間を無駄にすることになります。いつかリサイクルショップへ持っていこうと思っていても、なかなかそのタイミングが訪れません。心理的にも場所をとるリサイクルすべき不用品があることで片付いていない、という思いが少しでもストレスとなってくるかもしれません。

では、どうしたら廃棄せずに、リサイクルできるのでしょうか。

片付けの専門業者に依頼するという手段があります。片付けの専門業者「相場屋」にご相談いただければ、まずは無料で見積もりをいたします。価値のあるものは買取いたします。値段のつかないものでしたら、了承していただいたうえで、適正な回収料金にて回収いたします。他社と比べていただいてかまいません。

その後、お日にちを決め、リサイクル品の回収に伺います。リサイクル品はそのままの位置で、運び出しなどは不要です。

リサイクル品のうち、買取ができなかったもの、値段のつかなかったものは、回収いたしますが、「相場屋」はそのまま廃棄ということはいたしません。すべてゴミとして処分するのでなく、細部まで分類し、金属類・類・紙類・衣類・布団等は原料としてリサイクルし、処分費用を抑えております。買取価格が他社よりお安いというのはその分を皆様に還元しているからです。

リサイクル品の回収につきまして、迅速、丁寧であることを徹底しております。

片付けの専門業者「相場屋」でしたら、安心してリサイクル品の整理、処分のお手伝いを任せていただけます。まずはぜひお電話、メールにてご相談ください。

神戸市灘区でゴミ屋敷に悩んでいるという場合

神戸市でも「ゴミ屋敷」の問題が地域の課題となっていることがしばしばあるようです。ゴミ屋敷の問題は法的な根拠がなく、今までは十分な対応ができていなかったと言われています。

実際の事例に対応できるように「ゴミ屋敷対策条例」というのを新たに制定する動きがあるようです。法律でゴミ屋敷を解決し、安全安心な暮らしを守るという考え方です。

ゴミ屋敷対策条例、その案は概要として「廃棄物その他物の堆積等により悪臭、衛生害虫の発生、火災発生の恐れがあるなど地域の衛生又は生活環境上支障が生じている建物等をごみ屋敷と定め、原因者に対しごみ屋敷の予防と解消を義務付ける。状態が解消しない場合には、必要な行政指導、措置(助言・指導、勧告、命令、代執行、氏名公表、過料等)を可能にする。福祉的・医療的な課題を抱える原因者に対し、各区の会議において必要な「人への支援」について検討し、実施していく。」とのことです。

それでは、身内のなかにゴミ屋敷の問題を引き起こしている人がいた場合はどうでしょうか。条例以前に、すでに近所への迷惑はかけているかもしれません。安心安全を脅かしている側として一刻も早くゴミ屋敷を解決したいところですよね。

上記の条例にもあるように、ゴミ屋敷の定義は「廃棄物などの堆積によって、悪臭、害虫の発生、火災発生の恐れ」があることです。

住んでいる本人はゴミ屋敷と思っていなくても、定義に当てはまることがあるのです。ですから、行政指導がなされる前にゴミ屋敷の問題は解決しなければいけません。

ゴミ屋敷に住んでいる人は、条例にもある「人への支援」、病気であったり、福祉の支援をうけていたり、という状態であることが多くあります。ゴミ屋敷が病気を引き起こしたのか、逆に病気でゴミ出しできずたまっていったのか、両方ありえることです。

具体的にいいいますと、不用品を収集する癖があり、外からモノやゴミを持ちこんでしまう方がおられます。それがたまってゴミ屋敷となる中で、不衛生になり、どことなく体調がすぐれなくなった、気持ちが沈んで外に出たくなくなった、という事態に発展します。または、高齢であることで片付けができず、また捨てられない性質で、ゴミ屋敷になってしまった、身体が不自由でゴミ出しがうまくできずゴミ屋敷になってしまった、などという事態。

また、不動産会社の方が訳あり物件を片付けなければいけない時に、前の住人の方がゴミもそのままで散乱し、時間が経ち、ゴミ屋敷となっていることもあります。

ゴミ屋敷の経過や原因はさまざまですが、いちどゴミ屋敷となってしまったら、片付けることは困難になってしまいます。

では、具体的にどうしたりいいかというと、ゴミ屋敷状態は一気に解決すべきだと思います。個人的に片付けるとなると時間もかかります。量によっては労力も気力もたいへんなものです。ゴミ屋敷において悪臭・害虫が発生していればなおさらのことです。片付け、ゴミを処分するのも分別が必要です。また、片付けた後の清掃も悪臭を消すために消毒が必要になるかもしれません。

ゴミ屋敷の火災のおそれ、というのはどういうことでしょうか。ゴミ屋敷ですとゴミの下に電化製品が埋もれていることがあります。そのコードが、ほこりや傷などでショートすることがあります。そこから火が出てしまったら周囲のゴミにすぐ引火します。そしてゴミ屋敷から大きな火災になることがあるということです。

ゴミ屋敷を一気に解決するにはプロの業者に依頼するのが一番です。片付けの専門業者「相場屋」でしたら、ゴミ屋敷の片付けにも経験があり、きっと満足のいく結果を出させていただくことでしょう。

片付けの専門業者「相場屋」はゴミ屋敷、一軒家を丸ごと片付け致します。何年もゴミが放置されていた状態のゴミ屋敷でも片付けます。おうちはゴミ屋敷でなくても、庭に不用品やゴミが放置されている状態の場合もあります。庭だけであっても、近所の方にとっては間近な問題で、内容や量によってはから苦情がきますよね。そんな場合でももちろん、一気に片付けることができます。

プロの専門業者ですと、ゴミ屋敷を片付け、ゴミ屋敷のゴミを回収、廃棄するだけでなく、掃除、特殊清掃も可能です。たいへんな作業を業者にまかせることによってゴミ屋敷の住人にはどのようなメリットがあるのでしょうか

神戸市東灘区でも、昔から住んでいる世帯と、震災後に新しく引っ越してきた世帯と、さまざまな状況で町が変化してきました。そんななかで、ゴミ屋敷でお悩みのことはありませんか?また、最近増えてきたと言われる「汚部屋」のお悩みもお持ちではないでしょうか?

たとえば

「高齢の一人暮らしの親が住んでいる実家、不用品やゴミで溢れている。ゴミ屋敷というほどではないが、自分の家に引取り、同居することにしたい。しかし実家の方の片付けもふりかかってくるので難しい」

「身内にゴミ屋敷状態の一軒家に住んでいる者がいる。近所の人からゴミのにおいや不用品の危険について苦情も出ている様子で安全上も問題がある。長引かせたくないので、一気にゴミ屋敷問題を解決したい」

「一軒家に住んでいるが、息子の部屋が汚部屋になっている。何度も片付けるよう注意するが、新しいゴミや不用品も増えて手が付けれれない」

「病気で働くことができない親せきの家が、すごく散らかっていてゴミ屋敷みたい。どうにかしてゴミ屋敷から解放してあげたい。」

「収集癖が高じて物があふれかえっている。ゴミではないと捨てることを拒否しているが、どうしたらいいか」

「訳あり物件を購入したが、室内がゴミ屋敷のようになっている。不用品も含めてすべて処分してほしい」

ゴミ屋敷、汚屋敷、汚部屋になってしまった原因は違っても、結果的に、個人の手におえない状況になっています。ゴミ屋敷となってかなり時間がたっている場合、片付けだけでは済まず、しみついた匂いや汚れを清掃する必要がでてくるでしょう。

こんなときは専門業者に依頼して、一気に問題を解決することをおすすめいたします。東灘区でも実績のある「相場屋」ですと無料でお見積りをいたします。ゴミ屋敷の大量の不用品、廃棄物の処理も経験がございます。ご希望にあわせ、ゴミ屋敷片づけ後の清掃、特殊清掃も行います。

片付けの専門業者「相場屋」はリサイクルにも力をいれておりゴミ屋敷の片づけでも同様でございます。すべてを廃棄処分するわけではございません。ゴミ屋敷から大量のゴミがでても、分別し、素材ごとにリサイクルいたします。

そういう意味でもゴミ屋敷の住人の方に納得いただき、ゴミ屋敷解消の一歩を踏み出していただきたいものです。すっきり片付けをすませた家で、ゴミ屋敷でない新しい家の生活を築いていただきたいと思います。

神戸市東灘区で引越しの片づけを手伝ってほしい場合

神戸市東灘区に住んでいたけど、引越しが決まったという方、お困りはありませんか?

神戸や大阪にも通勤に便利な東灘区。家族でお住まいの方も一人暮らしの方も、転勤で引越しになったらどのようなことが起こるでしょうか?

ご家族でお住まいの場合、引越しの手続きに追われ、引越しの期日までに片付けが終わらないということがあります。片付けが終わらなければ、そのままの状態で不用品もダンボールに詰めて引越しをしなければなりません。

引越し先に不用品や粗大ゴミをそのまま運ぶのはちょっと、、、と思いますよね。引越しを機会として家財や家電を新しくしたいという場合でも、片付けて不用品や粗大ゴミを分別して処分しておかないと大変なことになります。引越してからゆっくり考えよう、引越してから片付けて処分していこう、と思っていてもなかなか時間が作れないかもしれません。引越し先でもさっそく日々の生活が始まるわけですので、なしくずしになって、古いものや不用品とともに暮らしてしまうことがあるようです。

とはいっても、引越しまでに片付けて、不用品や粗大ゴミを神戸市東灘区のルールに従って不用品や粗大ゴミを処分する、そこまでの作業ができるでしょうか。収集の日が決まっているようなゴミの種類だと引越し日まで間に合わないかもしれません。

引越しは一大イベントです。理想を言うと引越しの日には不用品を処分してものを最小限に減らしたいものです。引越しには粗大ゴミを持っていきたくないですよね。

引越し後に、ずーっと開かないダンボールがいくつか残っている、というご経験はありませんか。必要だ、まだ使うと思っていた服やモノが、実はなくても済むもの、不用品であることに気が付きます。引越しはモノの価値を見直すチャンスですね。

それでも、自分で不用品を処分する時間がとれない、ということがあります。

家族で住んでいるのでなく、一人暮らしの方の引越しも同様です。神戸市東灘区のゴミ収集に出せばいいのですが、不用品やゴミがたまってきている、ということがあります。理由は、仕事が忙しく代わりに片付けたりゴミ出ししてくれる人もいないこと、昼間いないので近隣の人との関係が薄く、ゴミ出しの情報も得ることがなく、かといっていちいち調べるのが面倒といったこと、によります。急な転勤で引越しする際に、あわてて片付けなければいけなくなります。でも、やはり仕事で時間がとれない、引越しまでには片付けることができずに困っているから誰かに手伝ってほしい、という事例があります。

以上のようにお困りの場合、片付けの専門業者に不用品の処分を依頼してはどうでしょうか?専門業者なら、お客様の引越しの片付けのお悩みにも力になれます。片付けの専門業者「相場屋」ですと、東灘区でもおうかがいし、無料で見積もりをいたします。

引越しの時に不用品を片付け処分し、断捨離を行うこと、新しいおうちで心機一転暮らすことに、価値を見出してはみませんか。引越しの片づけを一気に終わらすため、と料金に納得いただいてから決断してもらってかまいません。引越しの前日までに「相場屋」が作業し、残った荷物を引越し業者に運んでもらう、という流れで、スムースに引越しがおわり、新しいおうちでも最小限の荷物をほどけばいいわけです。

引越しの際の片付けをお手伝いさせていただく片付けの専門業者「相場屋」までぜひご一報くださいませ。

神戸市東灘区でリサイクルでお困りの場合

神戸市では人口が多いのもあり、積極的にリサイクルに取り組んでいます。たとえば、「容器包装プラスチック」は収集後、リサイクルするため選別工場へ運搬されます。そこで「危険物や汚れたプラ」を機械などで選別します。そして異物を取り除き、圧縮してバラ得ないように梱包します。そして最品化工場でリサイクルさせます。

古紙のリサイクルはどのような流れでしょうか?

拠点回収された古紙は業者が持ち帰り、計量します。リサイクルのため、「新聞」「雑がみ」「段ボール」ごとにブロックをつくります。これは紙の種類ごとにリサイクルの流れが異なるためです。そして、そのブロックは製紙メーカーに運ばれ、工場で溶かされます。段ボールは水で溶かしてリサイクルします。薬品は使わないので環境に優しいリサイクルですね。そして、不純物をとりのぞき、新しい段ボールに生まれ変わります。

古紙をリサイクルすると、森林を守ることになりますよね。新聞1年分をリサイクルすると、8メートルの木を2.5本守ったことになるそうです。リサイクルすることで資源を循環することができます。

section class=”col span_24 mb30″>

神戸市東灘区で廃棄物のお悩みがある方

東灘区の中でお店を経営されている方、会社の環境の担当の方、廃棄物の処理でお悩みはありませんか。

自治体で処分されない産業廃棄物は、委託して業者に運搬、処分を依頼することになります。

産業廃棄物を処分してもらうにあたって、どんな業者を選択したらよいのでしょうか。たくさんある産廃業者のなかから、安心して任せられる業者を選びたいものです。

神戸市東灘区で実績のある業者「相場屋」にお任せください。「相場屋」は実績と経験を積んだ作業員で作業しております。もちろん産業廃棄物収集運搬許可を取得しております。

お店の引越し、飲食店のリニューアル、会社の移転など、さまざまな片付けのニーズにおこたえいたします。産廃でお悩みや改善をのぞんでいれば、まずは専門業者「相場屋」までご相談いただきたいと思います。

section class=”col span_24 mb30″>

神戸市東灘区で遺品整理のお悩みがある方

とつぜん遺品整理をまかされてお悩みではないでしょうか?

一軒家が生前のまま放置され、空き家のままでいるわけにはいかず、どうしても処分することになりました。

遺品整理といってもほとんどが不用品といえるもので、その大量にあるモノの処理にお困りのことでしょう。でも、大事な遺品が知らされず紛れ込んでいるかもしれません。ひとつひとつ必要なものか、不用品なのか、確認しながらの作業はたいへん時間と手間がかかるものです。

遺品整理は思い出の品物や手紙、写真などが含まれるゆえ、手が進まなくなる、ということがあります。遺品整理する側でとても苦労をされた方が 「自分の子供たちには遺品整理の大変な思いをさせたくない」と考え、今の生活を見直す方もおられます。

価値のあるものは廃棄せずに買取をしてもらいたいというご希望もあります。そんな時、片付けの専門業者「相場屋」ですと、価値を査定のうえ、買取もいたします。

片付けの専門業者「相場屋」は、遺品整理ででてきたけど価値がないという場合でもそのまま廃棄したりはいたしません。分解し、素材ごとに分けてリサイクルいたします。そうやってコストを抑えることで、お客様の片付けの料金に反映していきたいと思っております。

東灘区の中でお店を経営されている方、会社の環境の担当の方、廃棄物の処理でお悩みはありませんか。

自治体で処分されない産業廃棄物は、委託して業者に運搬、処分を依頼することになります。

産業廃棄物を処分してもらうにあたって、どんな業者を選択したらよいのでしょうか。たくさんある産廃業者のなかから、安心して任せられる業者を選びたいものです。

神戸市東灘区で実績のある業者「相場屋」にお任せください。「相場屋」は実績と経験を積んだ作業員で作業しております。もちろん産業廃棄物収集運搬許可を取得しております。

神戸市東灘区におけるお店の引越し、飲食店のリニューアル、会社の移転など、さまざまな片付けニーズにおこたえいたします。産廃でお悩みや改善をのぞんでいれば、まずは専門業者「相場屋」までご相談いただきたいと思います。

地域ブログ» MORE

神戸に関するブログテスト02

神戸に関するブログテスト02

神戸に関するブログテスト01

神戸に関するブログ

対応地域